「努力目標」とは?

関連ニュース

温暖化により「破壊的影響」とUNEP警告 日本は温室効果ガス削減続くも目標には不十分 - 11月29日(金)19:22 

増加している世界の温室効果ガス排出量を抑えないと今世紀末の気温は産業革命前と比べて最大4度近く上がり「破壊的な影響」が生じる――。このように警告し、地球温暖化対策の強化を世界各国に求める報告書を国連環境計画(UNEP)が26日、公表した。報告書は、パリ協定が努力目標として掲げる1.5度の上昇幅に抑えるためには排出量を年7.6%ずつ減らす必要があると指摘している。一方、日本の環境省は29日、国内の2018年度の温室効果ガス排出量は前年度比3.6%減って5年連続減少したと発表した。日本は2030年度の排出量を2013年度比26%減らすことを目標に掲げているが、2018年度の排出量は2013年度比で11.8%減にとどまり、同省は引き続き大胆な削減が必要としている。
カテゴリー:

【国際】日本に石炭火力廃止促す 国連報告書 温暖化「破壊的」警告 - 11月27日(水)08:48  newsplus

  世界の温室効果ガス排出が今のペースで続けば、今世紀末の気温が産業革命前と比べ最大3.9度上がり「破壊的な影響」が生じるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が26日、公表した。パリ協定が努力目標に掲げる1.5度の上昇幅に抑えるには「今は年に1.5%ほど増えている排出量を年7.6%ずつ減らす必要がある」と指摘し、社会や経済の在り方の転換を求めた。  主な国ごとに有効な対策を示し、日本には二酸化炭素(CO2)排出が多い石炭火力発電所の新設をやめ、既存のものは段階的に廃止する計画の策定を促した...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】日本に石炭火力廃止促す 国連報告書 温暖化「破壊的」警告 ★2 - 11月27日(水)16:51  newsplus

  世界の温室効果ガス排出が今のペースで続けば、今世紀末の気温が産業革命前と比べ最大3.9度上がり「破壊的な影響」が生じるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が26日、公表した。パリ協定が努力目標に掲げる1.5度の上昇幅に抑えるには「今は年に1.5%ほど増えている排出量を年7.6%ずつ減らす必要がある」と指摘し、社会や経済の在り方の転換を求めた。  主な国ごとに有効な対策を示し、日本には二酸化炭素(CO2)排出が多い石炭火力発電所の新設をやめ、既存のものは段階的に廃止する計画の策定を促した...
»続きを読む
カテゴリー:

パリ協定 努力目標達成には毎年7.6%削減必要 国連環境計画が報告書 - 11月26日(火)17:00 

 国連環境計画(UNEP)は26日、2020~30年の毎年、前年の7・6%のペースで温室効果ガスを削減する必要があるとする報告書を公表した。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で掲げる「産業革命前からの気温上昇を1・5度に抑える」という努力目標の達成に不可欠という。UNEPは「今削減を強化しないと
カテゴリー:

「努力目標」の画像

もっと見る

「努力目標」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる