「助産師」とは?

関連ニュース

出産ってどのくらい痛いの?お腹の子の性別によって痛みは変わるもの?教えて先輩ママ! - 02月19日(水)13:00 

臨月を迎えたママが気になるもののひとつに、“出産の痛み”があるのではないでしょうか。インターネットの情報や先輩ママの壮絶な出産体験談を聞き、その痛みを「鼻からスイカ」などと例えられると戦々恐々としてしまいますよね。もうすぐ愛しい我が子に会えるというワクワクとした気持ちと裏腹に、痛みに対する不安も拭えないというママもいらっしゃるでしょう。ママスタBBSにも「出産は痛いですか?」という質問が投げかけられました。 「痛かったー!」というママたちの声 出産経験のあるママたちが、自分の経験をもとに答えてくれました。みなさん、どのような痛みだったのでしょうか。 『「これは私かな?」というくらい獣になる』 『イキみすぎて顔が真っ赤になってしまった』 『骨盤がギギギ……ってなるよ!』 『はらわたがえぐり取られるような痛みだったわ』 想像すると不安になってしまうような言葉がズラリと並びました。みなさん、壮絶な痛みと闘って出産を乗り越えたのでしょうね。 『陣痛が半端なく痛い。この世にこんな痛いものがあるのかと……。でもどんな痛みだったかはすぐ忘れる』 『とにかく腰にきた。腰の骨が粉砕されるような痛みだった。産まれたら嘘のようにピタッと止まるんだけどね。本当にツラかった……』 痛い思いをしたと語ってくれたママたちですが、「出産を終えるとピタッと止む」、「痛みを忘れてしまった」などの声も届きました。初め...more
カテゴリー:

キンタロー。助産師の言葉に涙 授乳などに悩む中...「張り詰めていたものがこみあげて」 - 02月13日(木)13:17 

お笑いタレントのキンタロー。さんがはじめての子育てで落ち込んでいる自身に掛けてくれた助産師の言葉を明かした。
カテゴリー:

女性向けキャリアスクール「SHElikes」銀座に新拠点、助産師に24時間オンライン相談「じょさんしonline」、など - 02月11日(火)10:00 

【1/27〜2/2 Weekly FemTech & BeatyTech】 1月27日から2月2日の1週間に発表された、FemTechやBeatyTechを中心とした領域における、特に注目すべきニュースをまとめて紹介する。 SHEがキャリアスクール「SHElikes」の新拠点「SHE Ginza」をオープン、名古屋を皮切りに全国展開を開始 女性向けのキャリア・ライフスタイルスクール事業などを展開するSHEは2月1日、キャリア&ライフコーチングスクール「SHElikes」の新拠点「SHE Ginza」を銀座にオープンした。青山にある「SHE Aoyama」につぐ2拠点目となる。 SHElikesでは、Webデザインやマーケティング、ライティングなどのレッスンなどを提供し、身につけたスキルを仕事に変えるまでをサポートする。これまでに1万名以上の卒業生を輩出してきた。 同社は2019年11月より、「SHE Ginza」オープンに向けてクラウドファンディンスサービス「makuake」でプロジェクト「世界が認めた定額制キャリアスクール『SHE』新拠点の第1期会員&サポーター募集」を実施。目標額200万円を大幅に超えた1566万円を調達している。 さらに、SHE Ginzaのオープン記念イベントでは、SHElikesの全国展開を発表。第一弾として5月、名古屋に「SHE...more
カテゴリー:

思い描いた出産が叶わなかった日。私と赤ちゃんの命を支えてくれたものは…… - 02月03日(月)21:00 

『まだ陣痛が来ない妊婦さんを早くお産へ導くことを「分娩誘発」といいます。主に薬剤(いわゆる陣痛促進剤)を使い、陣痛がない状態から分娩へと誘導します。子宮頸管が開いている場合は、メトロイリンテルというゴムの水風船のような器具を使用します』 引用:国立成育医療研究センター「分娩誘発について」 『普通分娩(経膣分娩)をするには危険が伴う時、または母体と赤ちゃんに危機が迫った時にそれを回避するための手段が帝王切開手術です』 『「緊急帝王切開」は、分娩中の赤ちゃんの心拍異常、お産がすすまない場合などの理由で行われます』 引用:国立成育医療研究センター「どうして帝王切開をするの?」 無事手術が終わり手術室から外の世界に戻っていくとき、夢でも見ていたかのような気分でした。(麻酔の影響があるかもしれませんが) 不思議なもので、陣痛の痛みや恐怖心というのは断片的にしか思い出せず、日が経つごとに忘れていきます。しかし5ヶ月経った今でも、あのプロの動き、助産師さんや看護師さんたちの強い表情は鮮明に私の中に残っているのです。娘の笑顔を見るたびに、助けてもらえて本当に良かったとすべてに感謝でいっぱいです。 ※このエピソードは一個人の体験談です 文、イラスト・かねはまあさみ
カテゴリー:

【不妊専門相談センターの相談日などが拡充しまし.. - 01月30日(木)17:07 

【不妊専門相談センターの相談日などが拡充しました】 不妊・不育等に関する悩みを話したり、医師や助産師に相談できる不妊専門相談センターの電話相談日及び面接相談枠が拡充しました。詳しくは⇒
カテゴリー:

復職後の授乳は?過半数が継続を希望するものの、不安を抱えるママが圧倒的! - 02月18日(火)11:00 

仕事復帰を考えているママがまず真っ先に考えるのは保育園やベビーシッターなど、子どもの預け先ですよね。さらにその先に考えるのは、まだ子どもが小さな場合は授乳のことかもしれません。母乳育児の場合、このまま授乳を続けるのか、いっそ断乳するのか。どちらを選ぶにせよ、不安はついて回りそうです。 先日発表された、とあるアンケート調査の結果。育休から職場復帰のタイミングで授乳を継続するママのほうが多数派、という事実が判明しました。 半数以上のママが授乳を「続けたい」「続けている」と回答 「授乳期ママの仕事復帰に関する調査」を実施したのは、母乳育児の専門ブランド「AMOMA natural care(アモーマナチュラルケア)」です。 ママによってはやっと調子がよくなってきた母乳育児をやめることがつらかったり、ちょうどよい機会なので断乳したいと考えたり。仕事復帰のタイミングで思うことも、それぞれでしょう。 「仕事復帰後も授乳継続を希望する」と回答したのは、300名中の60.7%。実際に仕事復帰したママ45名中の62.2%が、「仕事復帰後も授乳を継続している」とわかったそうです。この数字を多いと思いますか? それとも少ない? 復帰後も授乳を継続する理由としては、第1位が「できるだけ母乳をあげたい(20%)」。以下「月齢が小さいため(14.1%)」、「子どもがおっぱい好きなので(12.7%)」、「スキ...more
カテゴリー:

11人の子を産んだ助産師が教える、義母や実母との.. - 02月12日(水)18:00 

11人の子を産んだ助産師が教える、義母や実母との付き合い方 「以前は生後2か月後の赤ちゃんには沐浴後に白湯や果汁を与えるというのが定説でしたが、最近は生後半年頃までは与える必要はなく、母乳やミルクだけで育てましょうといわれています」 #育児 #姑 #義母 #母親 #沐浴
カテゴリー:

想像と違った?感動というよりただリアルなママ達の出産エピソード - 02月06日(木)17:00 

みなさんの出産シーンは、出産前に思い描いていたイメージ通りでしたか? 出産を控えたプレママ達にとって、初めての出産は、痛みはどのくらいか、どのような経過をたどるのか、全て未知の世界です。そこで、テレビや書籍、周囲の人達の情報から、想像を膨らませますよね。しかし実際は、想像と現実のギャップに驚いたママもいるようです。ママスタBBSにも、経腟分娩で出産したママ達から、想像外だったという出産エピソードが多く寄せられました。 陣痛の痛みは想像を遙かに超えてくること 陣痛が想像以上に壮絶で、今まで出したことのない声や力が出たというママもいます。 『持っていたハンドタオル引きちぎった。今どんなに頑張ってもそんなことできない』 『火事場の馬鹿力の如く、22年前、ものすごい力でいきみ、分娩台のつかまるところを壊しました』 筆者も陣痛中、ベッドサイドにいた夫の腕を掴んでいたようで、産後、夫に「腕をへし折られるかと思った」と言われました。 『「いてぇー!! クッソォー!! うおぉおおお!!」って感じで、腹の底からの低音ボイスの汚い言葉が出るわ出るわ。自分で自分にびっくりした』 『うーん! なんて可愛いいきみでは無く、地鳴りのようなドスの効いたうなり声だった』 陣痛=お腹が痛くなる、と思っていたママは、実際の痛みをリアルに例えています。他に、陣痛より赤ちゃんが出る瞬間が一番痛かったというママもいます。...more
カテゴリー:

診察室から 急がれる少子化対策 全ての母子に継続した産後ケアを - 02月01日(土)17:50 

昨年の出生数が86万人台となる見込みで、少子化は深刻さを増しています。そのような中、母子保健法が改正され、2021年から施行されます。自治体では出産後1年未満の母子を対象とした心身のケアや育児支援を実施するよう努めなければなりません。これにより全ての母子は、助産師などから授乳指導やカウンセリング、育児支援などのサービスを受けられるようになります。 しかしこれまで多くの子育て支援策がとられてきましたが、あまり成果は上がっていません。
カテゴリー:

思春期の生きづらさ 知識伝え助ける 助産師・大.. - 01月30日(木)05:44 

思春期の生きづらさ 知識伝え助ける 助産師・大貫詩織さん
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「助産師」の画像

もっと見る

「助産師」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる