「副首相」とは?

関連ニュース

JOC山下会長 中国のテニス彭帥選手に関する質問など3連続でかわす - 11月30日(火)14:45 

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(64)が30日、都内で定例会見を開き、報道陣からの質問を3連続でかわした。 中国を代表する女子テニス選手の彭帥(ほうすい=35)が、同国の張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告発した後、…
カテゴリー:

OPECプラス、オミクロン株巡る対応を今週協議.. - 11月30日(火)03:07 

OPECプラス、オミクロン株巡る対応を今週協議へ-ロシア副首相
カテゴリー:

ハイフォン:主要観光都市目指す、カジノ開発に注力 [経済] - 11月29日(月)05:58 

 レ・バン・タイン副首相はこのほど、北部紅河デルタ地方ハイフォン市との会合に臨み、同市の開発方針について話し合った。<br /><br />...
カテゴリー:

【青木理氏】<中国の人権問題への対応などは口にせず、日本の人権問題を見直すよう提言>「足元はどうかなっていうことですよね」 - 11月28日(日)22:05  mnewsplus

ジャーナリストの青木理氏が28日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、日本の人権意識に疑問を投げかけた。女子テニスのダブルス元世界ランク1位の彭帥が中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告白した後、安否不明となっていた問題にからめて「日本の人権問題はどうなのか」と問いただした。  青木氏は「中国の人権問題は非常に深刻でね」と前置きした上で「経済的に言うと中国のない日本、中国のない世界っていうのは考えられない」と必要不可欠な存在だと指摘。「地域の平和と安定...
»続きを読む
カテゴリー:

究極の個人競技と国家主義 彭帥問題を招いた背景/スポーツ徒然草・下 - 11月28日(日)12:58 

中国の高官、張高麗元副首相から性的関係を強要されたことを自身のSNSで公表。その後、消息不明とされている女子テニスで、全仏、ウィンブルドンのダブルスに優勝した彭帥(35=中国)の問題は、究極の個人競技であるテニスと、国家主義の中国という…
カテゴリー:

女子テニス彭帥選手の性的関係強要告発 習近平国家主席 の「計算通り」か - 11月30日(火)07:17 

 中国の女子テニス選手の彭帥さんがSNS上で、中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗・前副首相に性的関係を強要されたと告発した騒動が波紋を広げている。
カテゴリー:

【アナタの疑問に日刊ゲンダイが答える】彭帥さん.. - 11月29日(月)06:10 

【アナタの疑問に日刊ゲンダイが答える】彭帥さん問題どうなる? IOCバッハ会長と“渦中”の張高麗元副首相は仲良し
カテゴリー:

中国すら匙を投げる惨状。WHOテドロス氏「祖国」で止まぬ蛮行と悲劇 - 11月29日(月)05:00 

先日掲載の「政府による虐殺やレイプも。建国以来最大の危機に陥る『多民族国家』の空中分解」でもお伝えしたエチオピア情勢ですが、時局は悪化の一途を辿っているようです。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では著者で元国連紛争調停官の島田久仁彦さんが、ノーベル平和賞受賞者とは思えぬ同国大統領の蛮行をはじめ、エチオピア国内で起きている悲劇的な事態を紹介。さらに米中ロ、そしてトルコといった国々の動きや思惑を解説するとともに、島田さん自身が国連やアフリカ連合から紛争調停の参加を要請されているものの、エチオピア政府やトルコからその賛同を得られぬため動きが取れない状況にあることを綴っています。 【関連】政府による虐殺やレイプも。建国以来最大の危機に陥る「多民族国家」の空中分解 【関連】性暴力や拷問、虐殺も。タリバン報道の裏で進行するアフガン以上の悲劇 国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   究極の地政学リスク案件となったエチオピア情勢 「11月23日にアビー首相自らが、TPLFとの紛争の前線に赴き、“対テロ戦争”の指揮を執る」 そんな情報が今週になって入ってきました。メディアのアクセスやインターネットが遮断されている今、実際にアビー首相がティグレイ州とア...more
カテゴリー:

【詳しく】安否注目の中国のテニス選手 何が問題?告白詳細も - 11月28日(日)17:35 

中国の女子テニスのトッププレーヤー、彭帥(ほう・すい)選手の告白とされる文章がネット上に公開され、そのニュースが連日高い関心を集めています。その内容は、「中国の前副首相から性的関係を強要された」というもので、選手の安否や北京オリンピック開催の是非をめぐる問題にも発展しています。これまでの経緯や注目点をまとめ、詳しく解説します。
カテゴリー:

中国女子テニス選手・彭帥さん問題で「助け舟」のIOCバッハ会長。告発の前副首相は北京五輪へ重要な役割 - 11月27日(土)12:58 

女子テニス選手の彭帥(ほう・すい)さんが中国の前副首相から性的関係を迫られたなどと告発したあと、行方が懸念されていた問題で、彭さんとビデオ通話を実施し「安全かつ元気」などとしたIOC=国際オリンピック委員会への批判が強まっている。告発の対象となった張高麗(ちょう・こうらい)氏は2022年2月に開催される北京冬季オリンピックの開催へ大きな役割を担ったとされ、IOC側は「中国政府との繋がりはない」と反論している。■バッハ会長との電話「安全かつ元気」中国の女子テニス選手・彭帥さんは現地SNS「ウェイボー」で、張氏と不倫関係にあった上、性的関係を迫られたなどと告発した。告発文はすぐにネットから削除され、彭さんの行方について懸念の声が上がっていた。これに対し、中国の国営メディアや共産党系メディアはTwitterで、彭さん自筆のものだとするメールの文面を公開したり、会食時の動画をあげたりして反論してきた。しかしWTA(女子テニス協会)は「自由で、強制や外部干渉のない言動ができているのかは、はっきりしていないままだ」などと疑念はいまだに払拭されていないとしている。IOCは11月21日、トーマス・バッハ会長が彭さんとテレビ電話で話したと発表した。発表によると、30分間の通話で彭さんは「北京の家で安全かつ元気に暮らしている」と説明したという。写真には笑顔で画面に映る彭さんの姿もおさめられている。■I...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる