「前週末比」とは?

関連ニュース

NY株反落、105ドル安 米中摩擦の悪影響懸念 - 12月10日(火)08:39 

 週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに下落し、前週末比105・46ドル安の2万7909・60ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は34・70ポイント安の8621・83と反落した。米中貿易摩擦の悪影響が懸念され、売りが優勢となった。
カテゴリー:

NY円、108円後半で取り引き - 12月10日(火)08:06 

 週明け9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比01銭円高・ドル安の1ドル=108円51~61銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1.1060~70ドル、120円06~16銭だった。
カテゴリー:

東京円、108円台半ば 朝方から様子見ムード - 12月09日(月)18:18 

 週明け9日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台半ばで取引された。  午後5時現在は前週末比10銭円高・ドル安の1ドル=108円56~57銭。ユーロは55銭円高・ユーロ安の1ユーロ=120円13~17銭。
カテゴリー:

NY円、108円後半で取引 - 12月03日(火)09:33 

 週明け2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比41銭円高ドル安の1ドル=108円92銭~109円02銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1073~83ドル、120円66~76銭。
カテゴリー:

NY円、108円後半 - 12月03日(火)09:02 

 週明け2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比41銭円高ドル安の1ドル=108円92銭~109円02銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1073~83ドル、120円66~76銭。
カテゴリー:

週明けのNY株反落、105ドル安の2万7909ドル 米中摩擦の悪影響懸念 - 12月10日(火)08:15 

 週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに下落し、前週末比105.46ドル安の2万7909.60ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は34.70ポイント安の8621.83と反落した。米中貿易摩擦の悪影響が懸念され、売りが優勢となった。
カテゴリー:

NY株、反落 中国の11月輸出不振うけ売りやや先行 - 12月10日(火)00:30 

 週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前週末比26・41ドル安の2万7988・65ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・41ポイント高の8676・94。
カテゴリー:

東京円、108円台半ば - 12月09日(月)10:29 

週明け9日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台半ばで取引された。午前10時現在は前週末比08銭円高ドル安の1ドル=108円58~59銭。ユーロは6…
カテゴリー:

NYダウ、268ドル安 米製造業の減速懸念広がる - 12月03日(火)09:08 

 週明け2日のニューヨーク株式市場は、米経済の先行き懸念などから、主要企業でつくるダウ工業株平均が続落し、前週末比268・37ドル(0・96%)安い2万7783・04ドルで終えた。 米サプライ管理協会…
カテゴリー:

NY株続落、268ドル安 米景気に警戒感 - 12月03日(火)09:00 

 週明け2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比268・37ドル安の2万7783・04ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は97・48ポイント安の8567・99。米景気への警戒感が強まった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前週末比」の画像

もっと見る

「前週末比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる