「前回調査」とは?

関連ニュース

【今週の注目資料】子どものいる世帯の生活状況および保護者の就業に関する調査(JILPT) - 11月21日(木)05:11 

減少する母子世帯年収  調査は、末子が18歳未満のひとり親世帯またはふたり親世帯に対して実施、母子世帯653票、父子世帯54票、ふたり親世帯1267票の計1974票の回答を得た(有効回答率49.4%)。  社会保障給付なども含めた年間の税込み収入を聞くと、母子世帯が平均299.9万円、父子世帯が623.5万円、ふたり親世帯が734.7万円だった。2016年の前回調査に比べ、同順で、13.1万円……[続きを読む]
カテゴリー:

内閣支持下落45% 産経新聞社とFNN調べ - 11月18日(月)16:01  poverty

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。 安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)より6・0ポイント減らし、不支持は4・7ポイント増の37・7%だった。 自民党の政党支持率も1・5ポイント減の36・2%。 https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt1911180010.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣支持率45%に下落 産経FNN - 11月18日(月)12:47 

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)...
カテゴリー:

内閣支持下落45% 2閣僚辞任影響も 本社・FNN合同世論調査 - 11月18日(月)11:52 

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)より6・0ポイント減らし、不支持は4・7ポイント増の37・7%だった。自民党の政党支持率も1・5ポイント減の36・2%。公職選挙法違反疑惑で、閣僚2人が相次いで辞任したことなどが影響しているとみられる。
カテゴリー:

「女性は子供ができても仕事を」初の6割超、内閣府調査 - 11月15日(金)17:46 

 内閣府が15日に発表した「男女共同参画社会に関する世論調査」で、女性の職業意識に関し「子供ができても、ずっと職業を続ける方がよい」と答えた人は61%に上った。平成28年の前回調査から6・8ポイント増え、4年の調査開始以降最も高く、初めて6割を超えた。
カテゴリー:

尼崎、「関西で一番住みやすい街」に選ばれる - 11月20日(水)19:39  news

sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif 関西住みやすい街1位は尼崎 「芦屋より評価された」  かつてはひったくり認知件数が兵庫県内でワースト1だった尼崎市。近年その座を抜け、関西で「住みたい」街として上位に食い込むようになった。 市民がイメージ向上を実感する調査結果も出ており、「あま」と呼ばれて親しまれてきた尼崎は変化し続けている。  テレビ大阪による「関西住みたい街ランキング2019」で、1~3位が大阪府内の3市、4位の兵庫県芦屋市に続き、尼崎市が5位にランクイン。 前回調査(2016年)の18...
»続きを読む
カテゴリー:

公職選挙法違反容疑でボロボロの安倍内閣、支持率下落45% - 11月18日(月)13:04  news

内閣支持下落45% 2閣僚辞任影響も 本社・FNN合同世論調査   産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。 安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)より6・0ポイント減らし、不支持は4・7ポイント増の37・7%だった。 自民党の政党支持率も1・5ポイント減の36・2%。 公職選挙法違反疑惑で、閣僚2人が相次いで辞任したことなどが影響しているとみられる。 https://www.sankei.com/politics/news/191118/plt1911180010...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣支持下落45% 2閣僚辞任影響も 本社・FNN合同世論調査 - 11月18日(月)12:19 

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)より6・0ポイント減らし、不支持は4・7ポイント増の37・7%だった。自民党の政党支持率も1・5ポイント減の36・2%。公職選挙法違反疑惑で、閣僚2人が相次いで辞任したことなどが影響しているとみられる。
カテゴリー:

県民世論調査原発問題 玄海運転継続、反対46・5% 賛成44・6% 2年ぶり賛否逆転 - 11月17日(日)00:19 

佐賀新聞社が実施した県民世論調査で、2018年3~6月に再稼働した玄海原発(東松浦郡玄海町)3、4号機の運転継続に対する考え方を尋ねたところ、反対46・5%、賛成44・6%で、2年ぶりに反対が賛成を上回った。将来的な原発のあり方では、「将来的に廃止」「即時廃止」と回答した人が合わせて49・9%、増設や維持を求める声は48・7%で、2年連続で脱原発派が上回った。 運転継続に反対した人は前回調査より3・8ポイント増え、賛成は5・1ポイント減少した。
カテゴリー:

妻は家庭守るべき 過去最低35% - 11月15日(金)17:46 

内閣府は15日、「男女共同参画社会に関する世論調査」を発表した。「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人が前回調査と比べて5・6ポイント減の35・0%と...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前回調査」の画像

もっと見る

「前回調査」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる