「刷新本部」とは?

関連ニュース

野田元首相、「岸田首相は異常なパーティー好き」 改革姿勢を追及 - 02月26日(月)19:20 

 野党は26日、衆院予算委員会の集中審議で、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた岸田文雄首相(自民党総裁)の政治改革姿勢を引き続き追及した。立憲民主党の野田佳彦元首相は、首相就任後も頻繁にパーティーを開催した首相を「異常だ」「パーティーが大好きだ」などと批判し、自民の政治刷新本部長を辞任す
カテゴリー:

「森喜朗さんが怒りのあまり車椅子から立ち上がり、自分の足で歩き始めたんです」ーついに始まった自民党・長老たちの最終戦争 - 02月21日(水)18:04  seijinewsplus

岸田の雰囲気がこれまでと違う 「引き続き刷新本部でバシバシご自分の意見をおっしゃってください」  菅義偉は目の前で調子良くまくしたてる岸田文雄を訝しげな目で眺めていた。いままでとはどこか雰囲気が違う。この男、何を考えているのか……。 【写真】大胆な水着姿に全米騒然…トランプ前大統領の「娘の美貌」がヤバすぎる!  2月8日、岸田は突如として議員会館の菅事務所を訪れた。  「菅さんに乗り換えたのか?」「麻生(太郎)さんへの当てつけだろう」  永田町には疑心暗鬼が渦巻いた。岸田の狙い通りだった。『中央...
»続きを読む
カテゴリー:

「森喜朗さんが怒りのあまり車椅子から立ち上がり、自分の足で歩き始めた」ついに始まった自民・長老たちの最終戦争 - 02月21日(水)10:43  newsplus

●岸田の雰囲気がこれまでと違う 「引き続き刷新本部でバシバシご自分の意見をおっしゃってください」 菅義偉は目の前で調子良くまくしたてる岸田文雄を訝しげな目で眺めていた。いままでとはどこか雰囲気が違う。この男、何を考えているのか……。 2月8日、岸田は突如として議員会館の菅事務所を訪れた。 「菅さんに乗り換えたのか?」「麻生(太郎)さんへの当てつけだろう」 永田町には疑心暗鬼が渦巻いた。岸田の狙い通りだった。『中央公論』3月号のインタビューにはこう答えている。 〈「発信する力」についてもより...
»続きを読む
カテゴリー:

自民作業部会、政治資金規正法改正や党則見直しの検討開始 裏金事件 - 02月13日(火)19:53 

 自民党は13日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け党政治刷新本部に設置した作業部会のうち、政治資金に関する法整備、党則見直しをそれぞれ検討する二つの部会の初会合を開いた。刷新本部が先月にまとめた中間報告に沿い、再発防止策を協議する。
カテゴリー:

「1枚の領収書で2件の支出」茂木敏充自民党幹事長が選挙経費を“二重計上”していた 公選法違反の疑い ★3 - 02月13日(火)05:47  newsplus

 自民党の茂木敏充幹事長(68)が、2021年の衆院選にかかった経費を“二重計上”していたことが月刊誌「文藝春秋」編集部の取材で分かった。公職選挙法違反の疑いがある。  自民党幹事長として、「政治刷新本部」の役員を務めるなど、裏金問題の真相究明に当たっている茂木氏。今回発覚したのは、茂木氏が2021年の衆院選(10月31日投開票)を巡って1枚の領収書を使いまわし、経費を“二重計上”していた問題だ。 領収書の筆跡が完全に一致  茂木氏が栃木県選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」には、栃木市内の製造業...
»続きを読む
カテゴリー:

麻生太郎副総裁と菅義偉前首相が会食 党改革で意見交換か - 02月22日(木)22:20 

 自民党の麻生太郎副総裁と菅義偉前首相は22日夜、東京都内の日本料理店で会食した。両氏は派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた党の政治刷新本部で最高顧問を務める。党改革や今後の政権運営を巡り、意見を交わしたとみられる。(共同)
カテゴリー:

「森喜朗さんが怒りのあまり車椅子から立ち上がり自分の足で歩き始めた」ついに始まった自民・長老たちの最終戦争 ★2 - 02月21日(水)17:39  newsplus

●岸田の雰囲気がこれまでと違う 「引き続き刷新本部でバシバシご自分の意見をおっしゃってください」 菅義偉は目の前で調子良くまくしたてる岸田文雄を訝しげな目で眺めていた。いままでとはどこか雰囲気が違う。この男、何を考えているのか……。 2月8日、岸田は突如として議員会館の菅事務所を訪れた。 「菅さんに乗り換えたのか?」「麻生(太郎)さんへの当てつけだろう」 永田町には疑心暗鬼が渦巻いた。岸田の狙い通りだった。『中央公論』3月号のインタビューにはこう答えている。 〈「発信する力」についてもより...
»続きを読む
カテゴリー:

自民裏金問題 党則改正し議員の責任厳格化へ 作業部会方針 - 02月19日(月)19:34 

 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、自民の党則見直しに向けた作業部会は19日、「政治とカネ」問題が起きた議員本人を処分できるようにする党則改正について、3月17日の党大会で決定を目指す方針を確認した。政治刷新本部の中間取りまとめは「会計責任者が逮捕、起訴された場合、団体の代表を務める議員
カテゴリー:

人気トップの石破茂氏を疎外。国民が自民党を見放した方がいい理由 - 02月13日(火)17:16 

どんなに酷い政治、金に汚い政治を続けても次期首相候補に名前が上がるのは、自民党の議員ばかり。中でも次期首相として期待する政治家の1位になることが多いのが石破茂氏で、最新の世論調査調査では自民党支持者に限っても1位という結果が出ているようです。そんな石破氏が自民党の国会議員には人気がないことを「自民党と世論の断絶」の証拠の一つとするのは、評論家の佐高信さん。今回のメルマガ『佐高信の筆刀両断』では、自民党議員では珍しくオファーを受けてくれたという石破氏との対談について紹介。再三決起を迫った際の氏の言葉を伝えています。 石破茂に決起を促す 『ZAITEN』の3月号で石破茂と対談した。見出しは「石破茂は田中角栄の“感覚”を受け継いで決起せよ!!」。軒並み自民党議員から対談を断られている中で、受けてくれた石破には感謝したが、内容は最後に石破が、「これはどういう記事になるのですか。もっと考えてから出るべきでした」と苦笑するようなものだった。 しかし、首相候補の人気トップの石破が自民党の政治刷新本部に入っていないのだから、岸田自民党が本気で改革しようと考えているとは思えない。「石破さんを支持している人は自民党内にはあまりいないわけでしょう?」と尋ねると、石破は、「国会議員にあまりおられないかと」と笑うので、「だったら、それを頼みにしてもしょうがないじゃないですか」と突っ込んだ。 石破が、「いえ、...more
カテゴリー:

「1枚の領収書で2件の支出」茂木敏充自民党幹事長が選挙経費を“二重計上”していた 公選法違反の疑い ★2 - 02月12日(月)20:22  newsplus

 自民党の茂木敏充幹事長(68)が、2021年の衆院選にかかった経費を“二重計上”していたことが月刊誌「文藝春秋」編集部の取材で分かった。公職選挙法違反の疑いがある。  自民党幹事長として、「政治刷新本部」の役員を務めるなど、裏金問題の真相究明に当たっている茂木氏。今回発覚したのは、茂木氏が2021年の衆院選(10月31日投開票)を巡って1枚の領収書を使いまわし、経費を“二重計上”していた問題だ。 領収書の筆跡が完全に一致  茂木氏が栃木県選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」には、栃木市内の製造業...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる