「分散型」とは?

関連ニュース

新しい記事『美ら地球、木造新築町家をメイン棟と.. - 07月13日(月)20:30 

新しい記事『美ら地球、木造新築町家をメイン棟とした分散型ホテル「SATOYAMA STAY」開業』を投稿しました。
カテゴリー:

DeFi(分散型金融)は、ビットコインから受動的収入を得るベストな方法 - 07月13日(月)11:33 

「マスタリング・ビットコイン」の著者アンドレアス・M・アントノプロス氏は、DeFi(分散型金融)を活用して保有しているビットコインから受動的収入を得る方法を紹介した。米ブロックチェーンニュースメディアDecryptが6月30日、伝えている。 アントノプロス氏はビットコインの保有から受動的収入を得るにはDeFiを活用するのが最良の方法であると述べ、代表的なDeFiプラットフォームであるMakerDAOについて語った。MakerDAOはイーサ(Ether)ベースのトークンを担保にローンを組み、ステーブルコインDAIを借り入れるプラットフォームだ。 現在では、ビットコインに裏付けられたEtherトークンであるWBTCもMakerDAOの担保資産の一つとされている。アントノプロス氏はWBTCを担保にMakerDAOでDAIを発行し、DAIを貸し出すことで「副次資本」を得ることに成功したとしている。 しかし、アントノプロス氏はイーサリアム・プラットフォームであるDeFiにビットコインを移行することにリスクが伴うと忠告している。イーサリアムの手数料(ガス)が高騰することもあれば、スマートコントラクトにバグが無いことを証明するのは不可能に近い。「単に資産を保有しているだけの状態と比べれば、ユーザーは資産の一部か全部を失うリスクを負っている」と同氏は加えた。 暗号資産FXやアルトコインへの投資など...more
カテゴリー:

“町全体をホテル”に 「伊予の小京都」にイタリア発祥の分散型ホテル誕生 - 07月13日(月)00:00 

「伊予の小京都」といわれる愛媛県大洲市に、イタリア発祥の「分散型ホテル」が誕生した。「NIPPONIAHOTEL大洲城下町」で、7月23日にオープン。江戸後期の…
カテゴリー:

分散型ブラウザの独自仮想通貨BAT、取引高が異常高騰の理由 | 分散型金融コンパウンドが影響 - 07月11日(土)15:47 

ブロックチェーン分析企業のフリップサイド・クリプト(Flipside Crypto)の調査によると、分散型ブラウザ「ブラウザ」の独自トークン「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」が、6月19日から7月2日までの間、分散型金融(DeFi)セクターで最も使用されたERC-20トークンだった。
カテゴリー:

黒人殺害抗議デモの裏で暗躍。謎の武装集団「ブーガルー」とは - 07月10日(金)19:43 

あまり日本では報道されなくなりましたが、アメリカで6月に広まったデモは今も各地で続いています。暴徒化して大荒れとはならないものの、激しい抗議行動がなくなることはありません。そんなアメリカで、新たな過激な武装集団「ブーガルー(Boogaloo)」の存在が注目されていると語るのは、『未来を見る! 「ヤスの備忘録」連動メルマガ』の著者・高島康司さん。ブーガルーがどんな集団なのか解説すると同時に、その背後にある勢力についても迫っています。 抗議運動の隠されたアジェンダと壮大な計画 「ブーガルー」に隠されたアジェンダはあるのか? それでは今回のメインテーマを書く。前回は、「BLM」運動や「アンティファ」に資金支援をしている組織のことを書いたが、今回はその対極にあってこれらの勢力と鋭く対立している極右の武装勢力、「ブーガルー」についてである。 アメリカ国内の不安定な状態が落ち着く様子はまったくない。逆に新型コロナウイルスのパンデミックは、全米23州で再拡大しており、新たなロックダウンの必要性も叫ばれるようになっている。特に一日の感染者数が3000人を越えて拡大しているフロリダ州やアリゾナ州などは、早期にロックダウンを解除し、経済活動を再開した州だ。経済活動の再開が早すぎた結果、感染拡大につながったことが指摘されている。 また、「BLM」やロックダウン反対運動などの抗議デモが活発に行われている地...more
カテゴリー:

「分散型音響センシング(DAS)の世界市場:コンポーネント別、用途別2025年予測」市場調査レポート発行 - 07月13日(月)17:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「分散型音響センシング(DAS)の世界市場:コンポーネント別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】分散型音響センシング(DAS)の世界市場規模は2020年で4億6200万ドル、2025年には7億9200万ドルへと漸増が予測されます。当レポートでは、2025年に至る分散型音響センシングの世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(ハードウェア各種、可視化ソフトウェア、サービス各種)、ファイバ種類別市場(シングルモードファイバ、マルチモードファイバ)、用途別市場(石油ガス各種、軍事、インフラ、輸送、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業20社プロフィール動向などの情報も交えて、分散型音響センシング市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】分散型音響センシング(DAS)の世界市場:コンポーネント別、用途別2025年予測Distributed Acoustic Sensing (DAS) Market by Component (Interrogator Units, Visualization Software), Fiber Type (Single-mode Fiber and Multimod...more
カテゴリー:

DeFi(分散型金融)のオプション取引プラットフォームOpynが216万米ドルの資金調達を完了 - 07月13日(月)10:33 

サンフランシスコに本社を置くOpynは、216万米ドルの資金調達を完了したことを発表した。チームはオプション取引を介して、イーサリアム(ETH)とDeFi(分散型金融)関連投資におけるヘッジ手段としてのポジションを確立したいと表明している。 6月22日のOpynの公式ブログによると、投資ラウンドには、Dragonfly Capital、Version One Capital、DTC Capital、CoinFund他、またエンジェル投資家であるBalaj Srinivasan、Robert Leshner、Dylan Filed、Linda Xie等が参加している。 DeFi(ディファイ)とはDecentralized Finance(分散型金融)の略称であり、仲介者の必要性を排除した形でブロックチェーン上に構築される金融産業の総称である。Opynは2020年5月に取引量で1438万米ドルを記録するなど、既に分散型のオプション市場で支配的な立場にある。 DeFiのユーザーは高い利回りを享受する一方、イーサリアム(ETH)や市場のボラティリティ、ハッキング等のリスクに晒されている。Opynで現在発行されているプットオプション「oTokens」はこうしたリスクから保護するために使用される。イーサリアム・ユーザーや開発者は金融保険やヘッジのために、スマートコントラクトに担保を預けてプット...more
カテゴリー:

分散型金融(DeFi)が成長を続けるには「セキュリティが最大の課題」、クアントスタンプのマーCEO - 07月12日(日)11:00 

ブロックチェーンセキュリティのスタートアップ企業、クアントスタンプ(Quantstamp)の共同創業者兼CEOのリチャード・マー氏が、分散型金融は従来の金融エコシステムを変える可能性を秘めているが、セキュリティが大きな課題だと述べた。
カテゴリー:

「分散型避難」にそくした救援、事業継続への直接.. - 07月10日(金)20:04 

「分散型避難」にそくした救援、事業継続への直接支援を 志位委員長が会見 温泉街などが新型コロナウイルスと #豪雨災害 という「二重の打撃」を受けるもとで、事業継続にむけた直接支援を強く求めていきたい 志位委員長
カテゴリー:

分散型取引所ユニスワップ、1日の取引高が過去2番目の高さに - 07月10日(金)16:27 

分散型取引所(DEX)のユニスワップ(Uniswap)の1日の取引高が、デジタル資産プロトコルのAmpleforthのトークンAMPLの取引開始により、2500万ドルまで上昇した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「分散型」の画像

もっと見る

「分散型」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる