「出頭要請」とは?

関連ニュース

“デマ”を信じて出頭拒否、男逮捕 - 08月22日(木)22:35 

 スピード違反を自動的に検知されても、警察に「上申書」を提出すれば取り締まられずに済む、などといったネット上のデマを信じ、警察からの出頭要請を拒み続けていた34歳の会社員が逮捕されました。  道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県上尾市の34歳の会社員の男性です。警察によりますと、男性(34)は今年4月、蓮田市内を運転中、可動式の「自動速度違反取締装置」で時速38キロの速度超過が検知されましたが、その後、警察から複数回、出頭を要請されたにもかかわらず、応じない旨を記した「上申書」を警察に提出して拒み続けたということです。  インターネット上では、「上申書を警察に提出すれば違反から逃れられる」とのウソの情報が流れていて、こうした情報を信じ込んだとみられます。  男性は取り調べに対し容疑を認めていて、22日、釈放されました。(22日21:04)
カテゴリー:

ネットのデマ信じ出頭拒否 スピード違反容疑で男逮捕 埼玉 - 08月22日(木)12:30 

埼玉県内の道路に設置された移動型の取締り装置でスピード違反を検知され、警察の出頭要請を繰り返し拒んでいた男が、道路交通法違反の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し男は、「警察に上申書を出せば違反から逃れられるというネット上の情報を信じてしまった」と供述しているということです。
カテゴリー:

ネットのデマを信じて出頭拒否し続けた男性(34)、速度超過容疑で逮捕 臭い玉県蓮田市 - 08月21日(水)21:07  news

ネットのデマ信じ「上申書」で出頭拒否 速度超過容疑で男逮捕 埼玉県蓮田市の県道で指定速度を38キロ超過して運転したとして、県警は21日、同県上尾市の会社員の男(34)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。 県警は持ち運びできる可搬式の速度違反取り締まり装置を現場に設置し、速度超過を把握。再三出頭を求めたが、 男はインターネット上で流通している「(同装置の)取り締まりを逃れることができる文書」を県警に郵送して出頭を拒否したため、逮捕に踏み切ったという。  3年前に全国に先駆けて可搬式装置を導入...
»続きを読む
カテゴリー:

ネットのデマ信じ出頭拒む 移動式速度取り締まり装置、初の逮捕 - 08月21日(水)18:15 

 埼玉県警は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで同県上尾市平塚の会社員、小松弘幸容疑者(34)を逮捕した。県警によると、移動式自動速度違反取り締まり装置を使って逮捕につながった全国初のケース。小松容疑者は「上申書を出せば違反逃れができる」というインターネット上の虚偽情報を信じ、出頭要請を拒んでいた。
カテゴリー:

地検が“異例の逮捕” - 08月09日(金)14:43 

 痴漢の疑いで逮捕され、その後、釈放された男を同じ容疑で逮捕したと、東京地検が明らかにしました。「出頭要請に応じなかったため」としています。  逮捕・起訴されたのは、千葉県印西市に住む会社員・村田憲亮被告(43)です。東京地検刑事部によりますと、村田被告は今年4月、JR山手線の電車内で隣に座っていた女性の下半身を触ったとして現行犯逮捕されましたが、東京地裁が検察の勾留請求を認めず、釈放されました。  その際、村田被告は「出頭要請に応じる」という誓約書を出していましたが、その後、応じなかったため、東京地検は今月7日、村田被告を東京都の迷惑防止条例違反の疑いで再び逮捕し、起訴しました。  釈放された容疑者が同じ内容の容疑で逮捕されるのは異例です。(09日13:22)
カテゴリー:

馬鹿「オービスに対して強い義憤感じています。今後の捜査へのご協力は一切お断り致します」車カス逮捕 - 08月22日(木)14:37  news

ネットのデマ信じ出頭拒む、埼玉 移動式速度取締装置、初の逮捕 https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16960073/ 埼玉県警が運用する移動式自動速度違反取り締まり装置(同県警提供)  埼玉県警は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで同県上尾市、会社員小松弘幸容疑者(34)を逮捕した。県警によると、移動式自動速度違反取り締まり装置を使って逮捕につながった全国初のケース。小松容疑者は「上申書を出せば違反逃れができる」というインターネット上の虚偽情報を信じ、出頭要請を拒んでいた。  逮捕容疑は...
»続きを読む
カテゴリー:

“デマ”を信じて出頭拒否、男逮捕 - 08月22日(木)06:00 

 スピード違反を機械で自動的に検知されても、警察に「上申書」を提出すれば取り締まられずに済むなどのデマを信じ込んで、警察からの出頭要請を拒み続けていた会社員の男が逮捕されました。  道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、埼玉県上尾市の会社員、小松弘幸容疑者(34)です。警察によりますと、小松容疑者は今年4月、蓮田市内を運転中、可動式の「自動速度違反取締装置」で、時速38キロの速度超過が検知されました。小松容疑者はその後、警察から複数回、出頭を要請されたにもかかわらず、応じない旨を記した「上申書」を警察に提出して拒み続けたということです。インターネット上では、「上申書を警察に提出すれば違反から逃れられる」との嘘の情報が流れていて、小松容疑者は、こうした情報を信じ込んだとみられ、警察は「デマなので、真似をしないように」と注意を呼びかけています。小松容疑者は調べに対し、スピード違反をした理由について「トイレに行きたかった」と容疑を認めているということです。(21日22:44)
カテゴリー:

【埼玉】ネット上のデマを信じ出頭拒む 移動式の自動速度違反取締装置、初の逮捕 - 08月21日(水)20:24  newsplus

ネットのデマ信じ出頭拒む 移動式速度取り締まり装置、初の逮捕 2019.8.21 18:12 埼玉県警は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで同県上尾市平塚の会社員、小松弘幸容疑者(34)を逮捕した。 県警によると、移動式自動速度違反取り締まり装置を使って逮捕につながった全国初のケース。 小松容疑者は「上申書を出せば違反逃れができる」というインターネット上の虚偽情報を信じ、 出頭要請を拒んでいた。   逮捕容疑は4月5日未明、同県蓮田市の制限速度40キロの県道で、 時速78キロを出して乗用車を運転したとして...
»続きを読む
カテゴリー:

ネットのデマ信じて出頭拒否 道交法違反容疑で逮捕 移動式オービスで初 - 08月21日(水)18:06 

 埼玉県警は21日、道交法違反(速度超過)の疑いで同県上尾市、会社員小松弘幸容疑者(34)を逮捕した。県警によると、移動式自動速度違反取り締まり装置を使って逮捕につながった全国初のケース。小松容疑者は「上申書を出せば違反逃れができる」というインターネット上の虚偽情報を信じ、出頭要請を拒んでいた。
カテゴリー:

【東京地検】勾留請求却下後に異例の逮捕…出頭応じない痴漢容疑の男 - 08月08日(木)09:49  newsplus

東京地検刑事部は7日、電車内で痴漢をしたとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で、千葉県印西市の会社員、村田憲亮(けんすけ)容疑者(43)を逮捕するとともに、同条例違反罪で起訴した。村田被告は4月に同じ内容の容疑で警視庁に逮捕され、東京地検が勾留請求したが、東京地裁が却下。この際「出頭要請に応じる」との誓約書を提出していたが、地検の複数回にわたる出頭要請に応じなかったため逮捕した。勾留請求が却下された容疑者を地検が同じ内容の容疑で逮捕するのは異例。  地検は起訴と同時に、勾留も求め、地裁は同日、こ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「出頭要請」の画像

もっと見る

「出頭要請」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる