「処方箋」とは?

関連ニュース

クオールHD---全国のグループ薬局で電子処方箋に対応 - 最新株式ニュース - 01月27日(金)17:03 

<3034>  クオールHD  1163  -6クオールホールディングス<3034>は26日、厚生労働省によって運用が開始される電子処方箋管理サービスに対応すると発表。全国で順次対応していく。同社はこれまでも患者の利便性向上と安心・安全な医療を提供することを目的に、処方箋の受付から薬を渡すに至るまで、様々な薬局DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んできた。同社によると今回電子処方箋への
カテゴリー:

電子処方箋、全国で運用開始 - 01月27日(金)08:00 

紙の処方箋を電子化し、医師と薬剤師がオンラインでやりとりする「電子処方箋」のシステム運用が26日、全国で始まった。サーバーで処方履歴を一元管理できるため、複数医療機関からの重複投薬や、飲み合わせの悪い薬の処方を防ぐ効果が期待される。 厚生労働省によると、利用はシステム導入済みの施設に限られ、15日時点で佐賀など30都道府県の計154施設。他に約3万施設が導入申請し、準備を進めているという。 システムでは、電子処方箋利用に患者が同意すれば、医師が処方箋の内容をサーバーに登録。
カテゴリー:

きょうスタートの「電子処方箋」ってどんなもの? 対応病院はまだ16件 - 01月26日(木)13:45 

電子処方箋の本格的な運用が始まった。処方箋を電子化するもので、データ共有により過去3年分の投薬履歴を確認でき、重複投薬や危険な飲み合わせを回避できるなどのメリットがある。
カテゴリー:

「電子処方箋」きょうから運用開始 “適切な服薬”に期待 - 01月26日(木)04:33 

薬の処方箋を電子化し、医療機関と薬局の間でオンラインでやりとりする「電子処方箋」のシステムの運用が26日から全国で順次始まります。医療のデジタル化を進めて、同じ薬の重複や飲み合わせが悪い処方を避けることなどがねらいで、患者の適切な服薬につながることが期待されます。
カテゴリー:

運用始まる「電子処方箋」 仕組みとメリットは?Q&A - 01月25日(水)19:32 

「じゃ、お薬出しておきますね」病院で診察を受けた医師にそう言われ、会計の時に窓口で受け取るのが「処方箋」。薬局に持って行くあの紙のことです。この紙をデジタル化した「電子処方箋」の運用が、1月26日から全国の医療機関や薬局で順次始まります。どんな仕組み? 何かメリットがあるの?Q&A方式でまとめました。(山形局 和田杏菜 社会部 小泉知世)
カテゴリー:

インスリン注射日が不規則 これっていいの? - 01月27日(金)09:59 

インスリンの投与日が不規則に設定された不思議な処方箋。そこには、現代社会が抱えるある問題が関係していました。今後、高齢者がインスリンを継続するために考えられる対策や、糖尿病治療の変化を紹介します。
カテゴリー:

アフターピルの薬局販売、90カ国で可能なのに日本は不可。国がパブコメを募集 - 01月26日(木)16:47 

こちらも読みたい>>「私たちの体は夫のものではない」中絶めぐる状況の改善、団体がイベントで訴え緊急避妊薬(アフターピル)の薬局販売について、広く意見を求めるパブリックコメント(パブコメ)を、国が1月31日まで募集している。2017年にも同様のパブコメを行ったものの市販薬化は見送られており、推進派はパブコメの提出を呼びかけている。約90カ国では薬局で購入可能、ハードルの高い日本2022年9月に行われた検討会緊急避妊薬は、コンドームの破損や性暴力など、妊娠する可能性のある性行為から72時間以内に服用することで、妊娠する確率を著しく下げる薬だ。早く飲むほど効果が高いという特徴もある。厚労省の調査によると、世界の約90の国では医師の処方箋がなくても薬局などで購入可能。一方日本では、産婦人科などへの受診や処方箋が必須で値段も平均約1万5000円と高額のため、アクセスのハードルの高さが問題になっている。緊急避妊薬の薬局販売(スイッチOTC化)については、2017年にも検討された。当時行われたパブコメに寄せられた348 件のうち、9割を超える320件がOTC化に賛成だったものの、検討会では「性教育が遅れている」「使用者自身のリテラシーが不十分」などの意見が出て市販薬化は見送りに。その後2021年に検討会議が再開され、医師や薬剤師などでつくる団体の理事や大学教授、ドラッグストア関係者などが議論を交...more
カテゴリー:

処方薬の販売だけじゃない。アマゾンが「本気で狙っている」モノ - 01月26日(木)13:38 

医療業界も「アマゾンエフェクト」によって変わってしまう可能性が出てきました。今回のメルマガ『理央 周の売れる仕組み創造ラボ【Marketing Report】』では、MBAホルダーの理央 周さんが、米アマゾンが「薬局ビジネス」への参入を検討していることについて詳しく解説しています。 この記事の著者・理央 周さんのメルマガ初月無料で読む 「なぜ、アマゾンは、薬局ビジネスに参入するのか?」~医療産業のIT・DXへのマーケティング、メリットと考えるべき点 米アマゾン・ドット・コムが、中小の薬局と組んで、日本で処方薬のネット販売への参入を、検討していることが分かった、と昨年報道されました。 今月下旬から、電子処方箋が運用されることもあり、医療にもデジタル化の波が、押し寄せてきています。 日本経済新聞によると、アマゾンが検討している新しいサービスでは、オンラインで、医療機関での診察をしたお医者さんが、受診した患者さんに、これもオンラインで処方箋を発行する、というイメージなのでしょう。 その処方箋を、アマゾンのプラットフォーム上で、A、B、Cどの薬局がいいのかを相談して、どれにするかを決め、決めた薬局から自宅に配送してもらう、という仕組みです。 以前は、処方薬は医者で出してもらうものでしたが、今は、医薬分離が進んで、医者に書いてもらう処方箋をもって、調剤薬局に行かなければなりません。 大半の場...more
カテゴリー:

電子処方箋について(システムベンダ向け) - 01月25日(水)21:00 

電子処方箋のシステムベンダ向けのページです。
カテゴリー:

人気YouTube和尚・大愚元勝が説き示す心の処方箋 『これでは、不幸まっしぐら 今すぐ変えたい30の思考・行動』 - 01月25日(水)15:30 

佼成出版社は、1月27日に、『これでは、不幸まっしぐら 今すぐ変えたい30の思考・行動』(大愚元勝・著)(1,980円)を発刊する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる