「再生可能」とは?

関連ニュース

持続可能な投資先!生協の「出資金」の仕組み - 11月23日(月)19:30 

独自の安全基準があり、減農薬や無添加、遺伝子組み換え不使用の食料を選んで販売したり、リユースやリサイクルにも積極的に取り組んでいる生協。最近では、再生可能エネルギーを利用した電力の開発に取り組んでいる…
カテゴリー:

【環境】経済の脱炭素 25年停滞 日本、技術革新が急務 - 11月22日(日)22:17  bizplus

温暖化ガスの排出削減を巡り、日本の産業界の足踏みが続いている。同じ国内総生産(GDP)を生み出すためにどれだけ二酸化炭素(CO2)を排出したかを国ごとに比較すると、日本は1990年代から横ばい。再生可能エネルギーが普及した欧州各国はこの間、2分の1から3分の1に圧縮した。日本政府は2050年に排出量を実質ゼロにする目標を打ち出すが、環境を軸に成長を探る世界は先を走っている。 「日本では再生エネ調… https://r.nikkei.com/article/DGXMZO66528400R21C20A1MM8000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪府庁舎、使用電気を再生可能エネ100%に切り替え - 11月22日(日)10:15 

大阪府が、2021年度から「大阪府庁舎」(大阪市中央区)で使用する電気を再生可能エネルギー100%の電気に切り替える。 SDGs(持続可能な開発目標)に関連した『大阪府地球温暖化対策実行計画』に基づいて、温室効果ガスの排 […] The post 大阪府庁舎、使用電気を再生可能エネ100%に切り替え first appeared on Lmaga.jp.
カテゴリー:

米台が経済対話を初開催 - 11月21日(土)19:25 

 アメリカと中国の対立が深まるなか、トランプ政権は20日、台湾と初めての経済対話を開催したと発表しました。 アメリカ国務省によりますと、首都ワシントンで行われた初の台湾との経済対話では、次世代高速通信「5G」や通信セキュリティーに加え、部品の供給網や再生可能エネルギーなど幅広い分野について話し合われました。  米中の対立が深まるなか、トランプ政権としては経済の連携を通じて中国からの圧力が強まる台湾を支援するほか、「5G」や半導体などハイテク分野の通信網や供給網から中国を排除する狙いです。  経済対話は「アメリカと台湾の経済関係の強化に役立つ」として今後も続けられる見通しで、開催に反対している中国側のさらなる反発は避けられそうにありません。
カテゴリー:

【トラトラ株】売上高2倍!積極的な中期経営計画発表「アートスパークホールディングス」 「ウエストHD」は再生可能エネルギー関連のコア銘柄として注目 - 11月21日(土)10:00 

 新型コロナのワクチン普及による経済正常化期待を背景に、日経平均は、11月17日まで急上昇した。しかしながら、ピッチが速すぎたこともあり、上昇が一服しつつある。
カテゴリー:

アマゾンとグローバル・オプティミズムがヘンケルとシグニファイをクライメート・プレッジに迎える - 11月23日(月)08:21 

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アマゾン(NASDAQ:AMZN)とグローバル・オプティミズムは本日、ヘンケルがクライメート・プレッジに参加したと発表しました。クライメート・プレッジは、パリ協定の目標である2050年よりも10年早い2040年までに、ネットゼロ・カーボンを目指す誓約です。今年すでにカーボン・ニュートラルを達成したシグニファイも、他の署名者と協力してベストプラクティスを共有するためにクライメート・プレッジに参加します。 クライメート・プレッジの署名者は、以下について同意します。 温室効果ガス排出量を定期的に測定して報告する。 効率向上、再生可能エネルギー、原材料削減、その他の炭素排出削減戦略など、実際の事業変革とイノベーションを通してパリ協定に沿った脱炭素戦略を実施する。 残る排出量は、定量化可能な実際の永続的で社会的に有益なオフセットによって中和し、2040年までに年間炭素排出のネットゼロを達成する。 アマゾンの創設者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾスは、次のように述べています。「世界各地の企業は、クライメート・プレッジ
カテゴリー:

世界のCO2排出は2019年がピーク コロナで減少し水準戻らず - 11月22日(日)12:46 

 化石燃料の利用に伴う世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2019年の319億トンがピークで、50年まで同水準にはならないとの推定結果を、民間調査機関が21日までにまとめた。新型コロナウイルス流行によるエネルギー需要減と、再生可能エネルギー拡大が要因。それでも地球温暖化に歯止めはかからず、同機関は「気温上昇を抑えるためには、再生エネの迅速な導入や電気自動車の普及が重要だ」と指摘する。
カテゴリー:

世界CO2排出19年がピーク コロナで減少、水準戻らず - 11月21日(土)22:56 

 化石燃料の利用に伴う世界の二酸化炭素(CO2)排出量は2019年の319億トンがピークで、50年まで同水準にはならないとの推定結果を、民間調査機関が21日までにまとめた。新型コロナウイルス流行によるエネルギー需要減と、再生可能エネルギー拡大が要因。それでも地球温暖化に歯止めはかからず、同機関は「気温上昇を抑えるためには、再生エネの迅速な導入や電気自動車の普及が重要だ」と指摘する。
カテゴリー:

クラウドファンディング投資のメリット・デメリットは?始め方や注意点も - 11月21日(土)15:05 

クラウドファンディングの普及が日本でも進んでおり、スタートアップ企業の資金調達や、企業の新製品・サービス開発の参考などに利用されています。特に最近では資産形成・資産運用を考える投資家たちに、投資型のクラウドファンディングが人気となっています。 この記事では、出資のリターンとしてお金を得られる投資型クラウドファンディングのメリット・デメリットや種類、始める手順を詳しく解説します。 投資型クラウドファンディングの特徴 1-1.クラウドファンディング投資とは 1-2.クラウドファンディング投資のメリット・デメリット 投資型クラウドファンディングの種類 2-1.ファンド型クラウドファンディング 2-2.融資型(貸付型)クラウドファンディング 2-3.株式型クラウドファンディング 投資型クラウドファンディングを始める手順 3-1.プラットフォーム(事業者)を選ぶ 3-2.会員登録・口座開設をする 3-3.投資する案件を選ぶ 投資型クラウドファンディングの注意点 4-1.元本が保証されていない 4-2.人気の案件には応募が殺到する 4-3.基本的にキャンセルできない まとめ 1.投資型クラウドファンディングの特徴 投資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングのプラットフォーム上で事業者へ資金を貸し付けたり、株式を購入したりし、分配金やその他のリターンを受け取る投資手法です。 以...more
カテゴリー:

交通局の水力発電所で発電した電気の売却先を公募 - 11月20日(金)16:56 

この度、令和3年度からの売却先について、近年の再生可能エネルギーの価値の高まりを踏まえ、「東京産水力発電の環境価値」に着目した公募型プロポーザル方式により選定することにしましたので、お知らせします。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再生可能」の画像

もっと見る

「再生可能」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる