「再放送」とは?

関連ニュース

「2019 MAMA」はBTSが9冠達成! プレゼンターに坂口健太郎も 【K-POPの沼探検】#119 - 取材・文 尹 秀姫 | ananweb - マガジンハウス - 12月10日(火)19:50 

アジア最大級の音楽の祭典『Mnet Asian Music Awards』通称MAMAが、今年はナゴヤドームで開幕! 華やかで豪華なステージの情報をレポートします。取材・文 尹 秀姫【ペンになってもいいですか!?】vol. 119当日はBTSのJINの誕生日ということもあり、レッドカーペット特設ステージでは誕生日ケーキを模した帽子をかぶったJINを、訪れたファンがお祝いしました。また、この日招聘されたBTS、TWICE、SEVENTEEN、MONSTA Xらパフォーミング・アーティストのほか、韓国の俳優チャ・スンウォン、台湾からチャン・チェン、日本からは坂口健太郎らがプレゼンターとして招かれ、レッドカーペットにも登壇。MAMA本編が始まる前から、イベントを豪華に彩りました。BTSTWICESEVENTEENMONSTA X坂口健太郎3年連続でホストを務めるパク・ボゴムが今年もオープニング・コメントを担当し、MAMAの幕開けを宣言しました。この日、初めての賞は「男性グループ賞」「女性グループ賞」。昨年も受賞したBTS、TWICEがともに今年も受賞となりました。パク・ボゴムパフォーマンスのトップバッターを務めたのは、新人ガールズ・グループのITZY。学校のようなセットに、赤いチェックのミニスカートとモノクロのスタジャンという全員揃いの衣装で「DALLA DALLA」と「ICY」の2曲を...more
カテゴリー:

アジア太平洋の優れた映像コンテンツ選ぶAAAで公共テレビが三冠 - 12月09日(月)00:00 

アジア太平洋地域の優れた映像コンテンツを選び出す「Asian Academy Creative Awards(AAA)2019」の授賞セレモニーがシンガポールで行われ、台湾の公共放送である公共テレビ(PTS)が制作した作品が3つ目の賞を受賞した。授賞セレモニーはビクトリア・シアターで行われ、1日目の5日には公共テレビの作品『我們與悪的距離』(邦題『悪との距離』)が最優秀編集賞(Best Editing)を、そして『台湾特有種-微視界(The Small Big Micro Vision)』が最優秀VR(仮想現実)賞(Best Immersive 360, VR)を受賞。そして2日目となった6日、『我們與悪的距離』がさらに最優秀脚本賞(Best Original Screenplay)にも輝いた。   6日の授賞式では公共テレビの謝翠玉執行副総経理(執行副社長)が、同作の脚本を担当した呂蒔媛(Shih Yuan Lu)さんの代理として賞を受け取り、呂さんが「みなが共に努力した結果、作品が想像以上に遠いところで賞を受けることになった。この作品をより多くの人が観て、立場の異なる人との対話を学んでもらえるといい」とする受賞のスピーチを代読した。呂蒔媛さんはまた、精神障害に苦しむ人、ならびに人生で心に深い傷を負った人が様々な社会で理解され、やさしい対応を受けられるよう願っている。 ...more
カテゴリー:

人気急上昇中のバンド「Official髭男dism」に密着.. - 12月02日(月)17:50 

人気急上昇中のバンド「Official髭男dism」に密着したNHKの番組「髭男“ヒゲダン”ふるさとへ」が再放送されることになりました。
カテゴリー:

橋田壽賀子明かす『おしん』裏話 田中裕子は挨拶もなし? - 12月10日(火)11:31 

 1983(昭和58)年、NHK連続テレビ小説『おしん』は、最高視聴率62.9%を記録、「オシンドローム」と呼ばれるほどの大反響を呼んだ。今年4月から再放送され、また話題になっている。脚本家・橋田壽賀子(94才)による骨太の構成といい、俳優たちの演技といい、古さを感じさせないどころか、ますます輝いて見える。
カテゴリー:

たくみお姉さんも出演!『おかあさんといっしょ』2014冬特集「クリスマスふねのたび」12月14日(土)16:30より放送 - 12月09日(月)13:15 

Eテレ『お願い!編集長』では12月14日(土)16:30からの枠内で、2014年『おかあさんといっしょ 冬特集~クリスマスふねのたび~』のリクエスト放送を決定しました。出演者は当時のキャストである三谷たくみさん、横山だいすけさん、小林よしひささん、上原りささんです。また人気を集めたキャラクター「かぞえてんぐ」や、来月公開の映画への登場が決定している「すりかえかめん」と「すりかえおじょう」コンビの姿も見られるそう。ちょっぴり懐かしい先代のお兄さんお姉さんたちが、クリスマスソングや楽しいキャラクターとの競演で盛り上げてくれますよ。 素敵なクリスマスシーズンを彩る30分間 NHK公式サイトに開設されている「お願い!編集長」コーナーでは、視聴者が投稿した「お願い!」に多数の「Eね!」が集まると過去の番組の再放送が検討されます。この夏には『おかあさんといっしょ』2012年夏特集へのリクエストが採用され、当時のお兄さんお姉さんたちが北海道の空の下で乗馬やピザ作りをするなど、さまざまな体験に挑む様子が再放送されました。 それに続く『おかあさんといっしょ』へのリクエスト採用となった今回は、2014年冬特集の放送が実現しました。当時見ていたママたちにはクリスマスの季節を感じさせる素敵な演出が印象的だったよう。「お願い!編集長」に寄せられた投稿には「だいすけお兄さんとたくみお姉さんが歌うクリスマスソ...more
カテゴリー:

NHK延期が決まった次期大河「麒麟がくる」の代替え番組発表 - 12月05日(木)11:26  mnewsplus

合成麻薬MDMAの所持容疑で女優、沢尻エリカ容疑者(33)が逮捕されたことを受け、川口春奈(24)が代役を務める次期大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)の放送開始が2週先送りの来年1月19日に決まったことに対し、NHKは4日、代替え番組を発表した。  初回を放送予定だった来年1月5日は「北アルプス ドローン大縦走~雪の槍ヶ岳 天貫く孤高の頂~」(後8・0)、12日は「天皇のディナー~歴史を動かした美食」(後7・30)を放送。BSプレミアムは、5日に「大岡越前スペシャル親子をつなぐ名裁き(再...
»続きを読む
カテゴリー:

たくみお姉さんがママになっていた!『おかあさんといっしょ』ファミリーコンサートにて初公表、驚きと祝福の声が続々 - 12月03日(火)12:30 

12月1日(日)にNHK Eテレ(関西地方をのぞく)で放送された『おかあさんといっしょファミリーコンサート 秋「ふしぎな汽車でいこう」』にて、卒業した”たくみお姉さん”こと三谷たくみさんからのお手紙が読み上げられました。りさお姉さんが代読したお手紙のなかで、たくみお姉さんは現在ママになり、子どもたちと共に『おかあさんといっしょ』を見ていることを公表。たくみお姉さんの現役時代を知るママたちからは祝福の声があふれました。 『たくみお姉さんおめでとう! 素敵なママなんだろうな!』 『幸せそうで何より! うらやましい!』 『うぉーたくみお姉さーん!(涙)本当にいまだにDVDを子どもと見てる。大好き。おめでとうございます』 たくみお姉さんがママであることを報告 今回放送されたファミリーコンサートは番組60周年を記念して、歴代のお兄さんお姉さんや人形劇のキャラクターなどが多数登場。たくみお姉さんと同時期に出演していた横山だいすけさんや、小林よしひささん、上原りささんも出演しています。舞台上ではスクリーンに直筆メッセージが映し出されるなか、たくみお姉さんから届いたというお手紙が読み上げられました。 「おかあさんといっしょ のみんなへ みんなこんにちは! とつぜんですが私、お母さんになりましたー!! 子どもたちと毎日 おかあさんといっしょ をみていますよ。お兄さんお姉さん...more
カテゴリー:

【在京キー局各社の上期TV通販売上高】 ディノス・セシールがトップ、3社が2桁増収で推移 - 12月02日(月)13:30 

 在京テレビキー局5社が手がけるテレビ通販事業の今上期(4~9月)の業績が出そろった。消費税増税前の駆け込み消費の取り込みや通販枠の拡大、ヒット商品の登場などで前年同期の実績を上回る企業も少なくなかった。各社の今上期のテレビ通販事業の状況について見ていく。 主力枠順調で10%の増収に  今上期のキー局が手がけるテレビ通販事業で売上高ベースで首位に立ったのはディノス・セシールの総売上高、540億1800万円(前年同期比4・9%増)に占める通販売上高は500億2800万円(同5・8%増)でこのうち、テレビ通販売上高は同10・7%増の83億9500万円と前年上期に引き続き、2桁増収を維持した。主力の平日午前枠の売り上げが順調に推移。同枠は前期期初から従来の7分半から10分半と1回あたりの放送分数が増えたが、この増えた放送分数の中で訴求力を高める演出の精度が高まり、また視聴者にも定着したことなどで1回放送あたりの売り上げが伸びたことに加えて、骨盤ケア機器「エアプリエスイートプレミアム」や家庭用脱毛器「ダブルエピスキンボーテ」といった美容健康商品などの売れ行きがよく、また、増税前の駆け込み消費の取り込みを意識した施策なども奏功し、特に9月は売り上げを大きく伸ばした模様で、上期ベースで7期連続で増収をキープした。 再放送枠増とクラブ拡販で好調維持  テレビ東京ダイレクト(TXD)の今上...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再放送」の画像

もっと見る

「再放送」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる