「再感染」とは?

関連ニュース

コロナ 抗体半年後も残る 症状が重かった人ほど強い抗体に - 12月02日(水)08:16  news

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後 回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で 分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも 期待が持てる結果が出たとしています。 「抗体」はウイルスに感染した人の体内にできるたんぱく質で、このうち「中和抗体」と呼ばれるものは、 ウイルスの働きを抑え感染を防ぐ力があるとされています。 横浜...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナ感染防ぐ「抗体」 回復の半年後も体内に残る - 12月02日(水)04:59 

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも期待が持てる結果が出たとしています。
カテゴリー:

【英研究】 コロナ抗体、少なくとも6カ月は有効性継続か - 11月21日(土)09:07  newsplus

新型コロナウイルス感染患者に対応する医療従事者を対象にした英国の研究によると、 新型コロナ感染者は最初の感染から少なくとも6カ月間は新たに感染しない可能性が極めて高いという。 共同で研究を行った英オックスフォード大学ナフィールド公衆衛生学科のデービッド・アイヤー教授は、 「少なくとも短期的には再感染しない確信が持てる」と評価した。 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は会見で、 「これまでのところ、免疫反応の持続を確認している」とし、「ワクチンの面でも希望を与える...
»続きを読む
カテゴリー:

【コロナ第3波に備える最新知識】再感染しやすい.. - 11月17日(火)06:15 

【コロナ第3波に備える最新知識】再感染しやすい?変異した新型コロナウイルスが見つかった
カテゴリー:

COVID-19ワクチン、利用可能になったらすぐ接種する?少し待つ?しない? - 11月15日(日)19:22 

Consumer Reports(CR)の調査によると、米国でCOVID-19ワクチンが利用可能になったらすぐに接種するという人は12%に過ぎないそうだ(Consumer Reportsの記事)。 CRでは4月からCOVID-19に関連する意識調査を毎月実施しており、今回の調査は10月8日~26日に行われたもの。対象は米国の成人2,670名で、全米の代表サンプルになっているとのこと。 ワクチンの接種時期に関する質問では上述の通りすぐに接種するとの回答が12%だったのに対し、3か月以内が21%、3か月から1年の間が26%、1年以上先が22%となっており、接種しないとの回答も18%に上る。一方、実際に接種するかどうかという質問では、接種する可能性が高いとの回答は29%に過ぎない。接種する可能性が高いという人の割合は5月(40%)と7月(42%)に比較的高くなっていたが、9月(32%)には減少し、10月はさらに減少している。 ワクチンの安全性を信頼している人の割合は黒人(21%)で低く、ヒスパニック(41%)と白人(50%)で高い。COVID-19の拡大を懸念する人の割合は7月(82%)をピークに減少し、9月には75%となっていたが、10月は再び増加して77%となり、5月と6月(各76%)を上回った。 この調査は高い効果が期待できるというワクチン候補をファイザーとバイオンテックが...more
カテゴリー:

【新型コロナ】感染防ぐ「抗体」 回復の半年後も体内に残る - 12月02日(水)05:55  newsplus

新型コロナウイルスへの感染を防ぐ「抗体」について新たな調査結果がまとまりました。1度感染してその後回復した人のほとんどは、感染を防ぐ抗体が半年後も体内に残っていることが横浜市立大学などの大規模調査で分かりました。研究グループは少なくとも半年間は再感染のリスクが低下するほか、開発中のワクチンにも期待が持てる結果が出たとしています。 「抗体」はウイルスに感染した人の体内にできるたんぱく質で、このうち「中和抗体」と呼ばれるものは、ウイルスの働きを抑え感染を防ぐ力があるとされています。 横浜市立大学な...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】マラリアやデング熱、新型コロナを克服した英国人、毒蛇にかまれる インド - 11月22日(日)15:17  newsplus

【11月22日 AFP】インド西部ラジャスタン(Rajasthan)州で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とデング熱、マラリアを克服した英国人の慈善活動家が毒蛇にかまれ、回復に向かっている。  この英国人はイアン・ジョーンズ(Ian Jones)氏で、州都ジャイプール(Jaipur)から約350キロ離れた農村部のジョドプール(Jodhpur)でインドコブラにかまれた。現地のメディパルス病院(Medipulse Hospital)で治療に当たった医師は21日、AFPに対して「ジョーンズ氏は先週、村で蛇にかまれて来院した。最初は新型コロナウイルス陽性(再感...
»続きを読む
カテゴリー:

イーロン・マスク氏、新型コロナ検査を1日4回したところ陰性と陽性が2回ずつ。「非常にいい加減」だと - 11月18日(水)15:02 

イーロン・マスクがお怒りの模様。同氏は12日に新型コロナウイルス感染症(COVID19)検査を4回受けたが、検査結果は2回陰性、2回陽性という結果になったという。同じ機械、同じテスト、同じ看護師で同じ結果だったことから、非常にいい加減なことが起きているとして検査システムなどを批判している(Eelon Musk、Bloomberg、HYPEBEAST.JP )。 すべて読む | スラッシュバック | 医療 | 関連ストーリー: 米CDCのCOVID-19検査キット第1世代、33%の検査失敗率が判明しながら出荷されていた 2020年11月11日 新型コロナウイルス再感染が米国で確認。再感染後に重症化 2020年10月15日 米アマゾン倉庫やホールフーズマーケットなどで働く約2万人の従業員が検査でコロナ陽性と判明 2020年10月05日 トランプ大統領夫妻、コロナ陽性を発表 2020年10月02日
カテゴリー:

コロナ再感染はなぜ? 抗体あるのに…ワクチンの価値は - 11月16日(月)06:00 

 新型コロナウイルスに感染し、回復したのに、再び感染してしまうケースが世界各地から報告されています。こうした「再感染」はなぜ起こるのか。回復した人の体内にできるたんぱく質「抗体」では再感染を防げないの…
カテゴリー:

ファイザーが有効性90%ならうちは92%だ。ロシアが新型コロナワクチンを発表 - 11月13日(金)17:34 

あるAnonymous Coward 曰く、ロシア政府が承認した新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」が、現在進行中の大規模試験の中間分析により、92%の有効性を示したとロシアのGAMALEYA国立疫学微生物学センターが発表した(プレスリリース[PDF])。 国内外の各メディアでは、9日に発表されたファイザーとビオンテックが開発したワクチンが90%超の有効性を示したことから、その対抗措置として92%という数字を上げたのではないかと報道されている(時事ドットコム、読売新聞)。 米Scienceに掲載された記事によれば、ロシアの検証は合計20件のCOVID-19症例だけで構成されていることから説得力に欠けるそうだ。ファイザーとビオンテックのものでは94症例、ほかのワクチン開発メーカーに関しても50症例以上での検証が進んでから発表されるとしている。この発表はCOVID-19用ワクチンの国際開発競争でロシアが存在感を示すために急遽行われたものではないかとしている(Science)。 すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療 | 関連ストーリー: ファイザーが90%の確率で発症を防ぐ新型コロナワクチンを発表。11月中に米当局に許可申請へ 2020年11月10日 デン...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再感染」の画像

もっと見る

「再感染」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる