「公職選挙法改正案」とは?

関連ニュース

6増で「株下げた」進次郎氏 ブーイングに胸張るも...「国会改革言う資格ない」 - 07月19日(木)17:56 

参院の定数6増を盛り込んだ公職選挙法改正案が2018年7月18日の衆院本会議で可決・成立し、賛成票を投じた自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長にブーイングの嵐だ。議場では実際にブーイングが飛び、普段は野党のみならず「ゆ党」路線の日本維新の会のメンバーからも厳しい声が相次いだ。
カテゴリー:

【悲報】産経新聞が乱心!! 参院定数6増について安倍自民を痛烈批判「秋にでもまともな案にして改正しろ」「立憲案の方がまだマシ」 - 07月18日(水)23:35  poverty

 参院定数を6増とし、比例代表に一部特定枠を設ける、自民党提出の公職選挙法改正案が参院本会議で、与党などの賛成多数で可決された。  日本の人口が否(いや)応なく急速に減る時代の流れを踏まえず、国会議員だけはお手盛りの定数増を図ろうという案である。  与党は国会会期末の22日までに衆院本会議で成立させる方針というが、頭を冷やしたらどうか。国会閉会後も与野党で協議を続け、秋に想定される臨時国会で、もっとましな内容の改正案を 成立させるべきだ。  参院を通過した改正案は、選挙区の「一票の格差」を...
»続きを読む
カテゴリー:

【小泉進次郎氏】参院6増賛成し野党からブーイング 「名誉のブーイングだ」 - 07月18日(水)20:39  seijinewsplus

 参院の定数6増を盛り込んだ公職選挙法改正案を採決した18日の衆院本会議で、採決で賛成票を投じた自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長に野党席からブーイングが起こる場面があった。国会改革を訴える小泉氏は当初、法案に慎重な考えを示していたからだ。  本会議終了後、国民民主党の玉木雄一郎共同代表は記者団に「男気を見せてもらいたかった。言葉だけではなくて行動でも示していただきたかった。ちょっと残念」。立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は「将来性のある議員だから期待したが、国会改革と言う前に自分たちの党の改革...
»続きを読む
カテゴリー:

【議員定数】池上彰氏「国会議員たちは『議員定数を減らす』と公約していなかったかな。選挙の前と後で言っていることが違う」 - 07月18日(水)19:37  seijinewsplus

池上彰氏「国会議員たちは『議員定数を減らす』と公約していなかったかな」 2018年7月18日 7時0分 文春オンライン http://bunshun.jp/articles/-/8181 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00008181-bunshun-pol 国会議員たちは、「身を切る改革」などと言っていなかったかな。「議員定数を減らす」と過去に公約していなかったかな。 参議院の議員定数を6増やし、比例区に特定枠を設ける自民党の公職選挙法改正案が参議院本会議で可決されました。法案は衆議院に回され、今国会中に成立する見通しになっています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

国会:参院「6増」法案 衆院本会議で午後採決、成立へ - 07月18日(水)10:58 

 参院議員定数を「6増」する公職選挙法改正案は18日午後の衆院本会議で採決される。先に参院を通過しており、自民、公明両党などの賛成多数で可決・成立する見通しだ。1年程度の周知期間を経て、来年の参院選から適用される。定数増などを批判する野党は、古屋圭司衆院議院運営委員長(自民)の解任決議案提出などを検
カテゴリー:

安倍ちゃん「政治家が公約を反故にしたら嘘つき呼ばわりされるんですか?」 - 07月19日(木)10:07  poverty

参院6増法が成立 自民、約束守らず強行 参院選の「一票の格差」是正に向けた選挙制度改革を巡り、自民党が提出した定数六増を柱とする公職選挙法改正案は十八日の衆院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。 今国会の会期末が二十二日に迫り、与党が採決を強行した。来夏の参院選から適用される。改正法は自民党がかつて約束した「身を切る改革」と「選挙制度の抜本的な見直し」をほごにする内容。 野党は衆院の全会派が反対し「党利党略の極みだ」などと反発している。  参院議員定数は現行の二四二から二四...
»続きを読む
カテゴリー:

自民党・船田元議員、参院6増に棄権 「理由の如何を問わず、定数増は国民に理解されるものではない」 一方、小泉進次郎議員は賛成票 - 07月18日(水)23:07  poverty

「参院6増」改正公選法が成立、自民党から“造反”も  国会が最終盤を迎えるなか、18日、改正公職選挙法が衆院本会議で可決、成立しました。 参院の議員定数「6増」を柱としますが、法案を提出した自民党から“造反者”が出る結果となりました。  「今回の選挙制度改正には大義がありません」(立憲民主党 亀井亜紀子 衆院議員)  「天下の悪法に対して断固反対の立場から」(国民民主党 吉良州司 衆院議員)  「定数増という耳を疑うような自民党の提案は、まさに権力ボケ以外の何物でもありません」(無所属の会 本村賢...
»続きを読む
カテゴリー:

進次郎氏「名誉のブーイング」 参院6増賛成し野党から - 07月18日(水)19:42 

 参院の定数6増を盛り込んだ公職選挙法改正案を採決した18日の衆院本会議で、採決で賛成票を投じた自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長に野党席からブーイングが起こる場面があった。国会改革を訴える小泉氏は当初、…
カテゴリー:

参院定数6増改正案成立 政界の反応 - 07月18日(水)18:10 

参議院の定数を6増やすなどとした、自民党の公職選挙法改正案が自民・公明両党の賛成多数で可決・成立したことについて政界の反応です。
カテゴリー:

アホの朝日新聞「モリカケ問題の責任果たさぬまま国会閉じるのは許さない」 - 07月18日(水)10:07  news

(社説)立法府の責任 加計・森友を忘れるな 通常国会の会期末まで1週間を切った。6月下旬からの延長国会では、政権・与党のおごりが際立っている。 長時間労働を招きかねない働き方改革関連法を強行成立させ、問題だらけの「カジノ法案」や参院6増の公職選挙法改正案も、ひたすら成立に向け突き進んでいる。 一方で、加計・森友問題をめぐる野党の審議要求はたなざらしである。 行政を監視する立法府の責任を果たさぬまま、国会を閉じることは許されない。 加計学園の獣医学部新設問題では、愛媛県議会が先週、学園に説...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「公職選挙法改正案」の画像

もっと見る

「公職選挙法改正案」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる