「公益財団法人」とは?

関連ニュース

【朗報】親子殺しの飯塚幸三さん、戦国時代でいうと柴田勝家や井伊直政クラスの人間だった これを牢にブチ込むのは無理では? - 04月20日(土)18:33  poverty

飯塚幸三さんのスペック ・クボタ副社長 ・工学博士(東京大学) ・工業技術院長(通産省) ・国際度量衡委員会副委員長(19世紀設立の測量機関、本部はフランス) ・計量研究所長(産総研) ・国際計測連合会長(40ヶ国の研究者が集う連合組織) ・日本計量振興協会会長 ・計測自動制御学会会長 ・機械振興協会副会長 ・日本規格協会理事 ・瑞宝重光章受賞(従三位に相当、水戸黄門と同格)← ・公益財団法人 光科学技術研究振興財団評議員 瑞宝重光章(勲二等、従三位相当) 歴代の従三位 大久保利通 本居宣長 井伊直政 加藤清...
»続きを読む
カテゴリー:

萩原工業(7856)丈夫で長持ち、身近な素材を知ってほしい!【株主優待戦略を聞く】 - 04月19日(金)17:35 

ブルーシートで有名、神宮球場の人工芝なども 右から総務部 福本課長、吉田氏 「わが社のキャッチフレーズは『あなたの近くにきっとある』です。わが社の主力製品は中間素材ですので、個人のお客さまが直接、萩原工業の製品を意識することは少ないと思います。しかし、タイルカーペット、神宮球場の人工芝などの中間素材を製造しているのは、萩原工業です。また、わが社の商品として一番知られているのは、お花見の敷物などで活躍するブルーシートでしょうか。」と語るのは、総務部 タスクスタッフの吉田氏。 萩原工業が株主優待制度を導入したのは、2016年10月。そのきっかけは、2016年4月の中間期に株主数が2000人を切ったことだ。東証一部上場を維持するには、株主が2000人以上の維持が必要となる。株主を増やす施策として株主優待制度を導入し、直近の2018年10月では9528人となった。 優待品は各カテゴリーでこだわりの3品を提供 株主優待品は、各カテゴリー3品を提供している。1つ目は、本社所在地の岡山県の特産品。カモ井加工紙の「mtマスキングテープ」、せとうち寿の「白桃とチーズのおかやまラング&フルーツパフェサンドクッキーセット」など、岡山県で生産されているものを選んでいる。特産品の選択は総務部で行い、その製造企業を直接訪問。株主数が予測できないなかで、大量発注に対応してもらえるよう協力をお願いしたうえで株主優...more
カテゴリー:

JARC 沖縄県うるま市に「新 自動車リサイクルコンタクトセンター」を開設 - 04月19日(金)09:30 

2019年4月19日 公益財団法人自動車リサイクル促進センター JARC 沖縄県うるま市に 新 自動車リサイクルコンタクトセンターを開設 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区芝大門1-1-30日本自動車会館、代表理事:中村崇)は、2019年4月1日、「新 自動車リサイクルコンタクトセンター」を、沖縄県うるま市に開設いたしました。 JARCは、全国8,140万台の自動車ユーザーおよび自動車販売店や整備店をはじめとした約6万事業者からの問合せや事務窓口としての機能を全国に複数設置していました。 コンタクトセンターを利用する方々の多様なニーズにお応えし、よりきめ細やかなサービスの提供を行うことが可能となるワンストップ型の機能にしていくため、2年前から機能統合の検討・準備を行い、この度、新しいコンタクトセンターを沖縄県うるま市に開設することができました。 JARCは、新たなコンタクトセンターを日本のリサイクル制度を支えるサービス拠点として、多くの利用者とのコミュニケーションの結節点の役割を果たしながら、循環型社会の実現に寄与すべく邁進してまいります。 <開設式典の様子>  ◆公益財団法人自動車リサイクル促進センター(JARC)とは 自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する各種事業を行うことにより、資源の有効な利用の向上及び環境の保全に貢献...more
カテゴリー:

南スーダン:6,000人の子ども、家族と再会果たす【共同プレスリリース】 - 04月18日(木)17:01 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] [画像1: https://prtimes.jp/i/5176/1315/resize/d5176-1315-366760-0.jpg ] 【2019年4月17日 ジュバ(南スーダン)発】 ユニセフ(国連児童基金)とセーブ・ザ・チルドレンなどのパートナー団体は、これま...
カテゴリー:

『禁煙推進企業コンソーシアム』発足~4月18日、小池百合子都知事や参加企業代表者が登壇する発足発表会に榮太樓が参加致します~ - 04月18日(木)15:15 

この度、東京に本社や事業所を置く企業を中心に、公益社団法人 東京都医師会や公益財団法人 日本対がん協会と連携し、『禁煙推進企業コンソーシアム』を4月18日(木)に設立します。株式会社榮太樓總本鋪(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:細田 眞)は、この会に発足メンバーとして参画することにいたしました。また、同日、東京都医師会館にて発足発表会(主催:禁煙推進企業コンソーシアム/公益社団法人東京都医師会、...
カテゴリー:

日本棋院理事長交代 取り沙汰される“さまざまな理由” - 04月20日(土)14:24 

 史上最年少プロ、10歳の仲邑菫(なかむら・すみれ)新初段のデビューが話題の囲碁界で、“総本山”の公益財団法人日本棋院(東京都千代田区)トップが任期途中で交代した。経営不振を理由に3月31日付で団宏明氏が突如、辞任を発表し、副理事長だった小林覚(さとる)九段が4月2日、新理事長に選任された。任期を1年以上残していた理事長交代の裏には何があったのか。
カテゴリー:

リビア・トリポリ:戦闘激化、危険に晒される子ども50万人【プレスリリース】 - 04月19日(金)17:08 

[公益財団法人日本ユニセフ協会] 【2019年4月18 日 ニューヨーク/トリポリ(リビア)発】 リビアの首都トリポリ周辺で戦闘が激化する中、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアと国連事務総長特別代表(子どもと武力紛争担当)...
カテゴリー:

中国の浸透工作に豪が陥落寸前。日本にも伸びる習政権の魔の手 - 04月19日(金)05:00 

以前掲載の「拝啓、安倍晋三様。『本当に中国の脅威を理解されていますか?』」で、財力で豪州政界に深く入り込み、政治的影響力を行使してきた中国人実業家の永住権を剥奪、中国共産党が仕掛ける浸透工作に断固とした拒絶姿勢を示す豪州の例を紹介した、AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さん。しかし中国の攻勢は止んでいなかったようです。山岡さんは今回、無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』でその実態を明かすとともに、日本も豪州以上に危険な状態にあると警鐘を鳴らしています。 止まらない静かなる侵略-本当に危ないのはどの国か? 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 先日、ある討論番組に出演し、次のように主張しました。 「移民政策は安全保障に直結していることを忘れてはならない。移民や留学生をフルに活用して世界中で浸透工作を行っている国があるからだ」 すると、元高級官僚の方がこう言いました。 「中国が悪いと言ったら、アメリカだって悪い。原爆や大空襲、それに、日本政府に色々言ってくる」 善悪二元論で言ったら、世界中悪い国だらけではないでしょうか?また、ひとつの国にも良い面と悪い面があります。 今、我々に求められているのは、善悪の判断というよりも、どの陣営に付いたら生き残ることができるか、という冷徹な判断です。今の日本の国力では単独で中立を保つことは不可能です...more
カテゴリー:

「禁煙推進企業コンソーシアム」の設立について - 04月18日(木)15:30 

[アフラック生命保険株式会社] 2019年4月18日 [画像1: https://prtimes.jp/i/35597/48/resize/d35597-48-266369-0.jpg ]  アフラック生命保険株式会社(代表取締役社長:古出 眞敏)は、今般、公益社団法人東京都医師会及び公益財団法人日本...
カテゴリー:

トリプルアイズ、囲碁AI世界一と若手棋士育成を目指すプロジェクト「GLOBIS-AQZ」に参画発表! ~グロービス、山口祐氏、日本棋院、産総研と協働~ - 04月18日(木)14:30 

2019年4月18日、株式会社トリプルアイズ(東京都千代田区、代表:福原智)は、グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人氏)、囲碁AI「AQ」開発者・山口祐氏、公益財団法人日本棋院(東京都千代田区、理事長:小林覚氏)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(東京都千代田区、理事長:中鉢良治氏、以下「産総研」という)と協働し、世界一の囲碁AI開発と若手棋士育成を目指す「GLOBIS-AQZ」プロジェクトへの参画を発表しました。「GLOBIS-AQZ」プロジェクトとは(写真)右 から当社代表・福原、山口さん、堀さん、原さん、大橋さん2018年9月に発足した囲碁AIの開発プロジェクト。グロービスが主体となり、トリプルアイズと山口祐氏による共同開発、日本棋院の協力の下、若手囲碁棋士育成を行います。また本プロジェクトでは、産総研と「高性能計算機を用いた強化学習モデルの最適化に関する研究」を共同で行います。将来的には、開発されたプログラムをオープン化し一般の利用を進めるなど、広い視野でのプロジェクト展開が考えられています。今回、研究開発される囲碁AI「GLOBIS-AQZ」は、山口祐氏が開発し世界2位(2018 中信証券杯 第2回世界電脳囲碁オープン戦準優勝)の実績をもつ「AQ」の思考アルゴリズムを引き継ぎ、山口氏がAIの強化学習を設計。トリプルアイズは強化学習におけるレーティング結果の計測、可視...more
カテゴリー:

もっと見る

「公益財団法人」の画像

もっと見る

「公益財団法人」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる