「全面開示」とは?

関連ニュース

【内部マニュアル入手】現金着服・自爆営業…日本郵政が「社員性悪説」コンプラ指導の非常識 - 07月27日(火)12:55  newsplus

 『週刊ダイヤモンド編集部』7月31日号の第1特集は「郵政消滅 郵便局国有化 ゆうちょ・かんぽ解散!」です。郵便局長・局員による詐欺・横領やかんぽ生命の不正販売など不祥事が多発しており、経営は信頼の回復に躍起になっています。ダイヤモンド編集部では、日本郵政の社員40万人に向けられた「内部マニュアル」を独占入手しました。それによれば、世間の常識とかけ離れた「コンプライアンス指導」がなされている実態が明らかになりました。 以降ソースにて https://news.yahoo.co.jp/articles/a5933232173a2bbc2419a8766b2e4f329...
»続きを読む
カテゴリー:

NHK経営委議事録、当初は一部黒塗り探る 一転全面に - 07月23日(金)05:00 

 かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡ってNHK経営委員会が2018年、当時の会長を厳重注意した際の議事録について、経営委が2月に第三者機関から全面開示を答申された後も、当初は「黒塗り」をして一部…
カテゴリー:

放送法違反は明らか。現NHK経営委員長・森下俊三氏とは何者か? - 07月12日(月)18:52 

かんぽ生命保険の不正販売を告発したNHKの「クローズアップ現代+」について、NHK経営委員会が日本郵政からの抗議に同調し批判した問題で、拒否していた議事録がついに公開され、現NHK経営委員長森下俊三氏(当時代行)らの放送法違反が濃厚となる発言が明らかになりました。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』では、著者でジャーナリストの内田誠さんが、東京新聞からこの問題に関する記事と、森下氏の名前が上がった記事を抽出。議事録開示に時間を要したことで「NHK改革」の機会が失われたと指摘し、委員長が責任を取ることを求めています。 NHK経営委員会の怪を新聞はどう報じたか? きょうは《東京》から。《毎日》が積極的に報じてきた問題だが、《東京》はきょうの7面で記事にしている。 現経営委員長の森下俊三氏がNHK会長らを批判する形で、番組に干渉しようとしたとされる件。この「森下俊三」で《東京》のデータベースを検索すると、14件にヒット。まずは、7面記事の見出しと【セブンNEWS】第3項目の再掲から。 NHK経営委 議事録開示 かんぽ報道 委員、番組を執拗批判 かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK「クローズアップ現代+」に抗議した日本郵政グループへの対応を巡り、経営委員長代行だった森下俊三氏が、当時の会長を厳重注意した問題で、経営委は議事録を開示。番組への干渉を禁じた放送法違反の疑い...more
カテゴリー:

NHK経営委「放送法違反の恐れ」指摘で一転 全面開示の経緯公開 - 07月23日(金)20:13 

 かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡ってNHK経営委員会が2018年に上田良一会長(当時)を厳重注意した問題の議事録の開示を巡り、経営委が今年2月に第三者の審議委員会から全面開示するよう答申で指摘された後も一部を黒塗りにする部分開示の方針で議論を進めていたことが、23日わかった。だが答申と異な
カテゴリー:

NHK経営委・森下委員長が辞任否定 「番組介入に当たらず」 - 07月20日(火)20:54 

 NHK経営委員会の森下俊三委員長は20日、かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡る経営委議事録を全面開示後に初めて報道陣の取材に応じた。2018年に上田良一会長(当時)を「ガバナンス(企業統治)」を理由に厳重注意したことについて「(放送法の禁じた)番組介入には当たらない。その後の放送にも影響はな
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる