「全社一丸」とは?

関連ニュース

太陽光発電システム市場に関する総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に世界及び日本の太陽光発電システム市場を多角的かつ多面的に整理・分析した総合調査レポート「太陽光発電マーケット2019~市場レビュー・ビジネスモデル・将来見通し~」を発行いたします。世界の太陽光発電市場は、2010年代前半の10GW規模から、フィードイン・タリフを中心とする各国政府主導の普及インセンティブに加えて、入札による市場原理の導入により急速に拡大しています。2018年には年間導入量100GWを維持、世界の累積導入量は、2018年末に500GWに到達しました。2016年11月のパリ協定発効以降、『脱炭素化』は世界の潮流となっており、世界各国・各セクターにおいて、地球温暖化対策およびエネルギー戦略として、再生可能エネルギーの代表格である「太陽光発電」を更に重視する方向となっています。日本においても、2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」において、温室効果ガス削減に向けた方向性や施策として、再生可能エネルギーの主力電源化が明記されています。太陽電池モジュール生産量は中国政府が2018年5月末に発表した導入抑制策による影響が懸念されましたが、前年を上回る116GWを記録しました。国・地域別では、中国が年産80GW超で...more
カテゴリー:

2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート 「太陽光発電ビジネスガイド」(2019-2020年版)を発行いたします - 07月08日(月)16:00 

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2019年7月10日(水)に2019年POST-FIT需給一体型ビジネスモデルを紹介するレポート「太陽光発電ビジネスガイド(2019-2020年版)」を発行いたします。日本の太陽光発電をめぐる事業環境は大きく変わろうとしています。2012年7月の固定価格買取制度(FIT)開始以来、売電事業を目的とした大規模システムの開発が定着し、太陽光発電の大量導入を牽引してきましたが、今後は国民の支持が大前提となる事業環境に変わるのは必至です。経済産業省は、FITからの自立を念頭に再生可能エネルギー政策の再構築を進めており、(1)更なるコストダウンと国民負担の抑制、(2)長期間安定した運用、(3)電力システムとの融合--を制度設計の基本3原則としています。2021年4月からは、抜本的見直しに基づく新制度が適用されることが見込まれます。日本の太陽光発電市場は、新制度の下でこれまでのメガソーラーなどを中心とする売電ビジネスから、分散型発電システムの特徴を生かした、自家消費や地産地消をベースとする需給一体型の利用展開が拡大し、太陽光発電市場の中心に成長していくと推測されます。このような今後の見通しのもとでは、日本の太陽光発電市場の変化を見据えた事業展開が重要となってくることから、本...more
カテゴリー:

「全社一丸」の画像

もっと見る

「全社一丸」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる