「全日空商事」とは?

関連ニュース

ANA Digital Gateが、生体認証技術を活用したプラットフォーム会員サービスの提供を開始!『スマイディ』手ぶらでサービス利用時のチェックイン・決済が完了 - 07月17日(水)10:30 

ANA Digital Gateが、生体認証技術を活用したプラットフォーム会員サービスの提供を開始!『スマイディ』手ぶらでサービス利用時のチェックイン・決済が完了導入第一弾は岡山県との共同企画、ANAのマイルなどの特典が貯まる顔認証スタンプラリーキャンペーンANA Digital Gate株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:齋藤謙治、以下ANA Digital Gate)は、生体認証技術を活用したプラットフォーム会員サービス『スマイディ』を9月1日より提供開始します。生体認証プラットフォーム会員サービス『スマイディ』は、ANA Digital Gateが本サービス会員(以下、ユーザー)の個人情報や生体情報(顔や指静脈の情報)を保持・管理し、ユーザーは一度登録するだけで、さまざまな対象施設/キャンペーンにおいて、いつでも、どこでも、生体認証を用いた手ぶら※1での本人認証、決済サービスなどを利用できる新たなサービスです。本サービスを通じて、ユーザーの新たな体験価値の創出ならびに導入施設・加盟店に対して業務のDX化、マーケティング支援を図ることで、スマートな社会作りを目指していきます。なお、本サービスの基盤は、株式会社日立製作所(以下、日立)の特許技術であるPBI※2を用いた生体認証統合基盤サービスを活用することで、セキュアな情報の保持・管理を実現しています。※1 対象施設利...more
カテゴリー:

全日空商事 新ブランドの出足好調、インスタライブでCAが訴求 - 07月11日(木)12:00 

 全日空商事では、今年2月に立ち上げた新ブランドの「ANA FINDS(エイエヌエーファインズ)」について、SNSでのライブ配信や空港内広告などを使った大規模なプロモーション展開を図っている。新規商品の開発も順次進んでおり、今後、グループの主力ブランドとして育成を図り、拡販を進めていく考え。  同事業は子会社で空港売店事業などを手がけるANAFESTAや、ギフト事業などを行うANAフーズとの3社連携による取り組みとして展開。「グルメ」、「バッグ&トラベル」、「ライフスタイル(雑貨)」の3カテゴリー合計67SKUでスタートした。商品の開拓・開発については、グルメ商品はANAフーズ、バッグや雑貨は全日空商事が行い、売り場としては全日空商事のECと、ANAFESTAの空港買店を通じて拡販を図っている。  立ち上がりの状況としては、旅行需要の回復のタイミングも相まってトラベル関連の商品が好調に推移。中でも、旅先で使いやすい折り畳み式の「パッカブルショルダーバッグ」(税込価格6000円)が、リアルとネットの両販路で売り上げを伸ばしている。男女兼用で、普段使いがしやすいカジュアルデザインであることも背景にあるようだ。グルメについては、ECで「福岡・名産ごはんのお供3本セット(うめのり佃煮&ゆずすこなめ茸)」(同3240円)が売れ筋となっており、全体的に目標数値を上回る滑り出...more
カテゴリー:

こんなの見てる