「全市民」とは?

関連ニュース

【神奈川】選挙公報に「ひとり10万円」小田原市長謝罪 悪意は否定 - 07月07日(火)09:26  newsplus

 5月の小田原市長選の選挙公報に守屋輝彦市長が市独自で市民全てに10万円を給付するような記載をしていた問題を巡り、守屋市長は6日の定例会見で、「深く反省し、おわびしたい」と謝罪した。 給付金公約巡り市長反省 小田原市議会  全市民に10万円を給付すると約190億円に上り、2020年度一般会計当初予算の約28%にもなる。会見で深々と頭を下げた守屋市長は「できるはずもないことを悪意を持って書いたのではない」と、意図的に誤解を招く内容を記載したとの考えを否定。544票差と僅差だった選挙結果への影響...
»続きを読む
カテゴリー:

〈新型コロナ 支援の輪〉「伊万里で買って」 購入者に抽選で商品券など - 06月29日(月)20:20 

伊万里商工会議所は、地元で買い物をすると抽選で賞品がもらえる「伊万里で買うBuy!!がBuyさがん運動」を、7月1日から9月30日まで実施する。新型コロナウイルスに関する市の経済支援策と連動し、消費を喚起して売り上げが低迷している事業者を支援する。 キャンペーンは例年、10月から1月上旬まで行っていたが、今年は国の特別定額給付金(1人10万円)の支給や、市が全市民に配布するクーポン券(1人2千円分)の発行に合わせ、実施時期を前倒しした。 対象店舗は市内の約200店。
カテゴリー:

独自給付金8万円はばらまき? 山梨・北杜市が3万円へ減額した理由 - 07月01日(水)14:00 

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた市独自の給付金「8万円」は妥当なのか、多すぎるのか。全国的にも注目されていた山梨県北杜市の給付金。地元で使える5万円分の商品券と現金3万円を全市民に一律給付する補正予算案は、6月25日の市議会で議員側の修正案が可決され、3万円分の商品券を給付することで決着した
カテゴリー:

〈新型コロナ〉鹿島市、市民クーポンの配布額を増額 - 06月25日(木)07:30 

鹿島市は24日、全市民に配布するクーポン券の増額を含む一般会計補正予算案を市議会に追加提出し、全会一致で可決された。市民1人につき、クーポンの配布額を当初予定していた2千円から4千円に倍増した。各世帯の人数分をまとめて7月中旬以降に郵送し、8月から市内の登録店で使える。 新型コロナに伴う市の経済対策。国の第2次補正予算が成立し、交付金の配分が見込めることから、市でも補正予算を組んだ。クーポン「家計もお店も助かっ券」は1枚500円。市民1人につき8枚送る。千円の支払いごとに1枚使える。
カテゴリー:

「全市民」の画像

もっと見る

「全市民」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる