「全工場」とは?

関連ニュース

高配当の米国株10選、各銘柄の利回り・業績・今後の動向も徹底解説【2020年11月】 - 11月13日(金)21:16 

「高配当株」とは、1株当たりの配当を株価で割った「配当利回り」が高い株式のことで、長期投資をしたい方に特に人気があります。 人生100年時代を迎える中、年金を補う手段の1つとして高配当株への関心が高まっています。また、共働きによるダブルインカムに加えて、3つ目の収入源として高配当株の活用を検討している人も増えています。また、配当を再投資することで市場平均を上回る運用益を狙うという考え方もあります。 日本では配当の支払いは年1回もしくは2回とする企業が大半で、配当の支払い時期も横並びになる傾向があります。一方、米国では配当の支払いは通常年4回で、支払い時期も企業ごとに異なります。 とはいえ、これから投資を始める人や投資を始めたばかりの人にとって米国株の個別銘柄を選別するのは簡単ではありません。業績が悪化して株価が下落すると、配当利回りは上昇することになり、また高配当株の中にはリスクの高い銘柄もあることから、単純に配当利回りが高いというだけで投資するのは危険です。 高配当株を選ぶ際には、倒産の可能性が低い企業であることや、業績の安定を示す連続増配企業であることが目安となります。 そこでこの記事では、米国の優良企業を代表するダウ工業株30種平均指数の構成銘柄の中でも、25年以上連続で増配している、マクドナルド、プロクターアンドギャンブル、IBM、3M、キャタピラー、シェブロン、コカ・コー...more
カテゴリー:

「全工場」の画像

もっと見る

「全工場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる