「全人代」とは?

関連ニュース

中国の最大かつ真の弱み「他力本願」を狙い撃つ、米国の兵糧攻め - 03月22日(金)05:00 

未だ収束する様子のない「米中貿易戦争」は、今や経済の枠組みを超えて、「次世代の覇権争い」の様相を呈してきています。一部では「経済破たんも時間の問題」と言われている中国ですが、日本は今後何を注視していけば良いのでしょうか。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、米中貿易戦争の「裏側」を読み解き、さらに対中国の戦略として、米国にならって日本も「台湾を重視すべきだ」と力説しています。 米中貿易戦争以後の日本・中国・台湾の未来 目下進行中の米中貿易戦争については、さまざまな説や予測があります。たとえばこれは百年戦争という長期戦だとする見方もあれば、短期決戦だという予測もあります。未完だった東西冷戦の延長・再来だとしてイデオロギーを主題とする見方もあれば、文明の衝突だという分析もあります。 トランプ大統領のような非典型的な奇人変人による恣意的で突発的な、一過性の対立だという見方もあれば、ペンス副大統領が述べたように、アメリカ国民の我慢の限界であり、超党派で中国に対峙しているために一過性ではないという分析もあります。 私の考えでは、米中貿易戦争は単なる貿易や経済の問題やグローバリズムの衰退、アメリカの保護主義や独善への回帰ではありません。もちろん「中国こそ自由貿易の守り神だ」とする習近平体制下の中国の挙動など、信用できるは...more
カテゴリー:

【真・人民日報】中国経済にかつての勢いなし…進行する「老化とメタボ」問題 - 03月20日(水)15:30 

大方の予想通り、全国人民代表大会(全人代)の最大のテーマは、経済であった。これはいま始まったことではなく、習近平指導部の2期目に向けた大きなテーマとして、201…
カテゴリー:

正体バレた中国が使う「日中共同」の冠。利用される日本の信頼 - 03月20日(水)04:30 

米中間で激しい覇権争いが展開される中、習近平政権が掲げる「一帯一路」に協力的とも思える姿勢を見せる安倍政権。目先のカネに目が眩んだかのようなこの動きの先には、どんな未来が待っているのでしょうか。AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは今回の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』で、日本が中国に利用されることが目に見えているとした上で、その行きつく先は「中国の属国化」という悲観的な見方を示しています。 忘れないで、一帯一路の終着点は日本属国化 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 昨年、あるパーティーでスピーチを依頼されたとき、私は次のように言いました。 「日本は必然的に米中覇権戦争の狭間に立たされるが、間違っても関ヶ原の合戦における小早川秀明のように振る舞ってはいけない。そんなことをしたら、どちらが勝っても潰されるだけだ」 でもやっぱり、日本政府は心配した方向に進んでいるようですね。 昨年10月の日中首脳会談で、安倍首相が第三国インフラでの日中協力を打ち上げたとき、「一帯一路に協力させてください!」と懇願しているように見えました。 それを否定するかのように日本政府は「第三国協力は開放性、透明性、経済性、財政健全性の4条件で進める」「一帯一路への協力ではない」などと言っていました。 それでどうやって中国とビジネスをやるんでしょうか?...more
カテゴリー:

米国との関係改善、期待にじむ中国 外資の待遇改善か - 03月19日(火)16:30 

 米中の通商紛争が続くなかで開かれた中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、習近平(シーチンピン)指導部は、外国企業の待遇を改善する外商投資法を成立させるなど米国の要求に寄り添う姿勢を示す一方…
カテゴリー:

大きく動く前兆か。東京市場とNY市場に偶然生じた「奇妙な調和」 - 03月19日(火)04:45 

ひたすら利益を追求する「合理経済」ですが、その行き過ぎが世界で歪みを生んでいます。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、日本は江戸時代の精神文化を再度見直し、お金中心の過度な論理社会から適切な倫理社会へ転換すべしとの大胆な提言を記しています。 欧米論理社会から日中倫理社会への転換点 NY株も日経平均も三尊天井形成かと思われたが、MMTにより暴落もしないで膠着相場化してきた。今後を検討しよう。 日米株価 NYダウは、2019年2月24日26,241ドルで、3月11日25,208ドルと下落したが、その後3月15日25,709ドルになり、三角持ち合い的な上下の値幅が徐々に小さくなり膠着相場になってきたようだ。 日経平均株価も、同様に2019年3月4日21,860円、3月11日20,987円となり、三角持ち合い的な上下の値幅が小さくなり膠着相場になっている。 日本の株価は、予想とは違い上下動をしながら、日経平均は21,500円付近で煮詰まってきた感じがする。このため、そろそろ上下のどちらかに大きく動く気配がする。 日本は、中国経済減速の影響で景況感が下がっている所を、日銀が量的緩和を維持し、農協や地銀が、大量の円売りドル買いして米国CLO(ジャンク債を集めた債権)を買い、このため日米金利差がないのに円高にならず、そのため海外投資家も現物売り、先物買いというように、...more
カテゴリー:

中国排ガス規制で日系部品メーカーが笑う理由 省エネ関連部品・素材メーカーに需要見込み | 経営 | 東洋経済オンライン - 03月21日(木)05:20 

3月5日に開幕した全国人民代表大会(全人代)で中国の李克強首相は、大気汚染対策としての「青空を守る戦…
カテゴリー:

【中国統制事情】中国政府による「貧困緩和」の茶番劇 - 03月20日(水)09:00  newsplus

共産主義の中心部で嘘や詐欺が引き続き横行している。 貧困を公式の統計データから隠すため、不動産は取り壊され、家族は引き裂かれている。 習近平 国家主席は2020年までに包括的な貧困緩和を達成すると公約した。その期限が近づくなか、強制的な「貧困緩和」が増加している。 中国本土のメディアの報道によると、中国中西部の 省 級を管理する合計22人の主席と省長が中央政府に対する貧困緩和「責任宣言書」に署名したようだ。 政府職員たちは、貧困緩和を達成し、失敗した場合は厳しい罰則を受けることを約束した。 省の共産党の...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、新しい外商投資法を可決 欧米の懸念払拭できるか - 03月19日(火)17:00 

中国の全国人代表大会(全人代、国会に相当)は15日、外資企業の権益保護を強化する外商投資法を、賛成2929票、反対8票、棄権8票で可決した。来年1月1日から実施する。中国当局は昨年12月下旬に同法案の草案を本格的な審議に入ってから、わずか3カ月という異例の速さで成立した。
カテゴリー:

最新の安全基準採用の中国国産旅客機C919が2021年にも販売へ - 03月19日(火)11:48 

現地時間3月13日、米国は航空機大手ボーイング製の737MAXの2機種の運航停止を発表した。同ニュースは中国のネットでも大きな話題となり、第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議の議論の的ともなった。15日午前、上海団のグループ審議で、全人代代表を務め、中国国産の大型旅客機C919のチーフエンジニアの呉光輝氏は、「C919は、最新の国際安全率の要求を満たしており、順に生産、試験飛行などのプロセスを終え、2021年の販売を目指している」とした。 ...
カテゴリー:

習近平からの冷たい視線 中国ナンバー2は“史上最弱の首相”か - 03月18日(月)06:00 

 3月5日に開幕した全国人民代表大会(全人代)。米中貿易戦争の影響で18年のGDP成長率は6.6%と28年ぶりの低水準に終わる中、視線を集めたのが、経済政策を取り仕切る李克強首相(63)の政府活動報告で…
カテゴリー:

もっと見る

「全人代」の画像

もっと見る

「全人代」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる