「免疫システム」とは?

関連ニュース

【東進】経済界のトップリーダーが高校生に贈る金言 野村ホールディングス前会長 古賀信行先生が登場 - 10月20日(火)15:30 

2020/10/20 株式会社ナガセ 東進ハイスクール・東進衛星予備校 東進ハイスクール・東進衛星予備校(以下、東進)を運営する株式会社ナガセは、全国の高校生に向けて東進のノウハウを凝縮した『東進オンライン高等学校』を9月より無料で実施しています。教科の授業ではなく、より大切な「志」を高め、「努力の継続」のきっかけとなる「未来発見講座」を配信しています。   今月は「未来発見講座」のなかでも、世界が注目する研究者や、日本を代表する経営者など、一流の講演者をお招きする「トップリーダー講座」に野村ホールディングス株式会社前会長 古賀信行先生が登場。日本経済団体連合会副会長、審議員会議長と歴任され、日本経済を牽引する古賀先生から、未来を担う高校生に向けてこれから求められる力とは何かをお話いただきます。『東進オンライン高等学校』の登録は無料。お申し込み後、すぐ特別講義が視聴できます。   【東進オンライン高等学校 「トップリーダー講座」 10月20日~配信内容 ご紹介】   講演タイトル: 若さが変える日本の未来   講師: 古賀 信行(こが のぶゆき)先生 1950年福岡県生まれ。1974年東京大学法学部卒業後、野村證券(現・野村ホールディングス)に入社。93年人事部長、95年取締役、99年常務取締役、2000年取締役副社長、03年野村證券お...more
カテゴリー:

2020年ノーベル化学賞はゲノム編集ツールを開発した2氏が受賞 - 10月08日(木)12:00 

headless 曰く、2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。授賞理由はゲノム編集手法の開発(プレスリリース、 一般向け情報、 詳細情報)。 シャルパンティエ氏は化膿レンサ球菌の研究をしていた際、これまで知られていなかった「tracrRNA」という分子を発見する。シャルパンティエ氏の論文はtracrRNAが細菌の自然免疫システム「CRISPR/Cas」の一部であり、DNAを切断することでウイルスを無力化するCas9タンパク質の機能を決定付けることを示した。この論文を発表した2011年、シャルパンティエ氏は講演に訪れたプエルトリコでダウドナ氏と偶然出会い、互いの研究内容を話し合った末に共同研究の開始を決める。共同研究では細菌がDNAを切断する「ハサミ」を試験管内で再現することに成功し、分子の構成要素を単純化して容易な使用を可能にした。 自然の状態で遺伝子のハサミはウイルスのDNAを認識して切断するが、2氏は再プログラムにより任意の位置でDNA分子を切断することが可能になることも証明。これによりCRISPR/Cas9がゲノム編集ツールとして利用できるようになり、基礎研究や病害虫に強い作物の開発、がんや遺伝病の治療法の研究など...more
カテゴリー:

飼料プレバイオティクス市場ータイプ別(イヌリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、その他);家畜別(家禽、牛、豚、水産養殖、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2028年 - 10月06日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは、飼料プレバイオティクス市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 06日 に発刊しました。これは、飼料プレバイオティクス市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。レポートは、タイプ別(イヌリン、マンナンオリゴ糖(MOS)、フラクトオリゴ糖(FOS)、ガラクトオリゴ糖(GOS)、その他);家畜別(家禽、牛、豚、水産養殖、その他)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。飼料プレバイオティクス市場は2020-2028年の予測期間中に世界中で大幅なCAGRを登録することが予測されます。国際プロバイオティクスおよびプレバイオティクス科学協会によると、プレバイオティクスは、腸内の健康を促進する細菌のクラスターを標的とするために、宿主微生物によって効率的に消費されます。プレバイオティクスは、健康をもたらすため、動物栄養の天然飼料塩としても広く使用されています。それらは家畜と家庭用ペットの両方の栄養に重要な役割を果たします。飼料プレバイオティクスの世界市場は、主に世界中の消費者の間での肉と牛乳の消費の増加によって支えられています。これは、家畜産業と食肉生産者がプレバイオティクスなどの塩を使用することを奨励しています。...more
カテゴリー:

子供の免疫力は”自然と遊ぶことで強くなる”という研究結果 - 10月18日(日)19:00 

Credit:depositphotos 「自然豊かな環境で子供たちを育てることは、子供たちの健康を促進する」という考えを持っている人は多いでしょう。 フィンランド・ヘルシンキ大学生物環境科学部の環境研究者アキ・シンコネン氏ら研究チームは、10月14日付けの科学誌『Science Advances』でこの考えを肯定する研究結果を発表しました。 彼女らの研究によると、子供の免疫力は森で遊ぶことで強くなるとのこと。 目次 自己免疫疾患と対策保育園に小さな森をつくる実験森で遊ぶ子供たちは免疫力を向上させた 自己免疫疾患と対策 Credit:depositphotos 西欧諸国では、体が誤って自分自身を攻撃する自己免疫疾患の発生率が上昇しており、それらには喘息、湿疹、1型糖尿病、炎症性腸疾患、多発性硬化症などが含まれます。 この原因を説明する仮説の1つに、「衛生仮説」というものがあります。 これは乳幼児期の衛生環境が個体の免疫系の発達に影響を及ぼしているという考えです。 現代の子供たちは以前に比べて少数の微生物にしかさらされないため、免疫システムがうまく発達せず、間違いを犯しやすいというのです。 研究チームは、この仮説にある「微生物の多様性と免疫機能の因果関係」を明らかにするため、フィンランドの都会の子供たちの生活環境を変化させる実験を行ないました。 保育園に小さな森をつくる実...more
カテゴリー:

ノーベル化学賞、ゲノム編集技術を開発した2氏に - 10月07日(水)20:11 

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、今年のノーベル化学賞を、ゲノム編集技術を共同開発して「生命のコードを書き換えた」2氏に授与すると発表した。 独マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・ダウドナ教授は、細菌の免疫システム「CRISPR/Cas」をゲノム編集に応用する技術を開発し、生命科学に変革をもたらした。 この技...
カテゴリー:

【トランプ大統領】抗体カクテルを使用 理論上の死亡確率は4%程度 ロイター - 10月03日(土)22:58  newsplus

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-trump-treatments-idJPKBN26O0FD 情報BOX:抗体カクテルを使用、トランプ氏のコロナ治療計画 [2日 ロイター] - 新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領が2日、ワシントン郊外のウォルター・リード米軍医療センターに入院した。ホワイトハウスによると、トランプ氏は開発中の抗体カクテル医薬品などを使った治療を受けるという。 トランプ氏は微熱があると、関係者は話す。専門家によると、トランプ氏が男性であること、74歳と高齢であること、さらに体重を考慮す...
»続きを読む
カテゴリー:

「免疫システム」の画像

もっと見る

「免疫システム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる