「光文社」とは?

関連ニュース

恋愛依存の「隠れビッチ」だった女性が、自分の人生を取り戻すまで。 - 12月11日(水)08:33 

「モテ願望」。それは、多くの人が心にこっそりと秘めているものではないだろうか。合コンでちやほやされ、多種多様な男性に告白される……。イラストレーターのあらいぴろよさんには、この「モテ」を実現し、多くの男性を翻弄していた過去がある。そんな日々を赤裸々につづったエッセイ漫画が『“隠れビッチ”やってました。』だ。  中学校の教室でモテる快感を知る異性からモテ続けることで自分の承認欲求を満たす「隠れビッチ」。あらいさんがかつてハマってしまったのは、相手の気持ちだけをもてあそんで、体の関係は断るというゲームのような恋愛を楽しむことだった。男性に好きになるように仕向けて、最終的にはフッてしまう……。そんな、隠れビッチになったきっかけをあらいさんに聞いた。「実際に私が隠れビッチだった期間は、20代前半です。最初にモテることが気持ちいいと気が付いたのは、中学時代。思春期になり、教室内に男女の欲望が飛び交ってきます。それを最初は『うわ〜、気持ち悪い』と思っていたのですが、いざ、自分に男子の気持ちが向けられたら、うれしいし気持ちがいい。この高揚感を得たいと思ったんです。ただ、学校という狭い世界で、複数の男性に好かれると、人間関係が破綻する。だから、高校を卒業してからモテようと、勝ちパターンを模索していま...more
カテゴリー:

【芸能】赤西仁とプロジェクト始動も…錦戸亮に「ウソつき!」大逆風ブーイング - 12月10日(火)14:07  mnewsplus

9月末、関ジャニ∞から脱退し、ジャニーズ事務所を退所した錦戸亮(35)。 そして、翌日の10月1日からすぐにソロ活動をスタートさせた彼が、元KAT-TUNの赤西仁(35)との共同プロジェクト『N/A』をスタートさせると発表した。 10月1日からソロ活動をスタートさせた錦戸が、元KAT-TUNの赤西仁(35)との共同プロジェクト『N/A』をスタートさせると発表した。 12月6日、錦戸と赤西はそれぞれのツイッターを更新。錦戸は「ある契約を交わしました。面白そうな事なんでもやってみます。まずは彼と...
»続きを読む
カテゴリー:

「不妊治療」中国人患者受け入れが日本の医療を救う - 12月09日(月)15:34 

「日本で男女の産み分けができる産婦人科医を紹介して貰えないでしょうか。御礼は支払います」知人の中国人女性から相談を受けた。この女性は、生殖医療を希望する中国人カップルを海外の医療機関に斡旋することを生業としている。その中には日本の医療機関も含まれる。中国では不妊治療を求めるカップルが激増している。きっかけは2015年10月に中国で「1人っ子政策」が解除されたことだ。1979年に導入されたこの制度は、中国に急速な高齢化をもたらした。2015年に15.2%だった60歳以上の割合は、2050年には36.5%に達する。高齢化に喘ぐ日本の60歳以上の割合は2015年で33.1%だ。いまの日本以上になる。中国人の対応は迅速だった。彼らは国家に頼らない。助けてくれるのは家族だけと割り切っている。やることは極端だ。2016年には61歳の女性が生殖補助技術を用いて出産した。30歳の娘が病死したため、新たな子どもを欲したのだ。1人っ子政策が終わると、中国人カップルは一斉に子どもを作り始めた。驚くべきことだが、2017年には第2子の出生数が第1子を上回った。2018年のわが国の状況は、第1子が42.6万人、第2子が33.8万人、第3子以降が15.4万人だ。中国の状況が如何に異様かおわかり頂けるだろう。「不妊治療は日本」を望む中国人第2子を願う中国人は問題に直面する。それが不妊症だ。日本では、不妊症は老化...more
カテゴリー:

【ミスコン】美魔女コンテスト、最年長の52歳・坂村かおるさんが優勝 ★2 - 12月07日(土)12:42  mnewsplus

https://news.livedoor.com/article/detail/17484292/ 年齢を感じさせない美しさを持つ女性を選ぶ「国民的美魔女コンテスト」が、5日の都内で行われ、栃木県出身の坂村かおるさん(52歳)がグランプリを勝ち取った。 同コンテストの応募資格は35歳で、外見と内面から輝く女性を審査。アラフォー世代の女性をターゲットにした雑誌『美ST』(光文社刊)が主催しており、10回目となる今大会は、予選を勝ち抜いた5名に加え、第1回から9回目の代表9名が"レジェンド美魔女"枠で参戦、合計14名で競い合った。 坂村さんは独身...
»続きを読む
カテゴリー:

『第10回 国民的美魔女コンテスト』坂村かおるさんが第10代グランプリに決定! - 12月06日(金)10:00 

光文社の女性月刊誌「美ST」は、12月5日(木)に日本橋三井ホールで『第10回 国民的美魔女コンテスト』最終選考会を開催し、坂村かおるさん(栃木県)を第10代グランプリに決定いたしました。 [公式URL]http://bimajo.be-story.jp/ 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200378/LL_img_200378_1.jpg グランプリとWEB賞に輝いた坂村かおるさん 今回の最終選考会には、節目となる第10回目のコンテストに臨む令和の新美魔女...
カテゴリー:

超絶ボディーで“キック界の神童”をすっかりKOしていた葉加瀬マイ - 12月10日(火)22:03 

“キック界の神童”こと那須川天心(21)が、過去に今年5月に一般男性との結婚を発表したタレントの葉加瀬マイ(32)と二股交際していたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じた...
カテゴリー:

癒される~! 横澤夏子、日本茶の魅力に開眼!? | ananweb - マガジンハウス - 12月09日(月)19:30 

出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、温かいものを飲む時間と余裕がある女性、「急須を持っている女」になりきり。日本茶を楽しむ時間が心と体を温めて整えます。私のおばあちゃんは、「朝茶はその日の難逃れ」とおまじないのように言いながら、夏でも温かい緑茶を飲んでいました。たしかに、温かいお茶を両手で持って飲むと、ホッとします。お湯が沸いた音を聞いたり、湯飲みから立ち上る湯気を見るだけでも癒されるもの。茶柱が立つのを見た日には、幸せな気持ちにもなれます。そんな時間を持てるのは、家で温かいお茶を淹れて飲む習慣がある人だけ。お茶で体を温めようとする心がけも素敵だし、時間の使い方に余裕があって、穏やかな生活を送っているように感じます。さらに私がすごいと思うのは、急須でお茶を淹れる女性です。紅茶やハーブティーなど、いろいろな飲み物に使えるティーポットとは違い、急須は緑茶やほうじ茶など、使う用途は日本茶に限られています。しかも、注ぎ口のところが細くなっていて洗いづらさもある。にもかかわらず急須を持っているというのは、日本茶に並々ならぬこだわりと愛情がある証拠。きっと、出がらしの茶葉もすぐに捨てるのではなく、脱臭剤や緑茶風呂にするなど、無駄にせず再利用しているはずです!まずは、日本茶を買って味わってみることで、その魅力に気づき、飲む習慣ができるのではないでしょうか...more
カテゴリー:

【芸能】及川光博、『相棒』元スタッフとの不倫疑惑が原因で降板? 檀れいと義母の関係は【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】 - 12月08日(日)10:20  mnewsplus

俳優・木村拓哉主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)の第8話が8日に放送される。1日の前回放送分は、平均視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、初回から連続で2桁をキープしている。 同ドラマは、木村演じるフランス料理の天才シェフが、ミシュランの三つ星を狙う物語。前回の放送では、木村の同僚シェフを演じる俳優・及川光博の熱演シーンが注目を集めた。放送後には、多くの視聴者から「感動で涙が止まらない」などと賞賛する声が寄せられ、及川の演技力の高さを見せつける形となった。 及川というと、舞...
»続きを読む
カテゴリー:

【ミスコン】美魔女コンテスト、最年長の52歳・坂村かおるさんが優勝 - 12月06日(金)12:03  mnewsplus

https://news.livedoor.com/article/detail/17484292/ 年齢を感じさせない美しさを持つ女性を選ぶ「国民的美魔女コンテスト」が、5日の都内で行われ、栃木県出身の坂村かおるさん(52歳)がグランプリを勝ち取った。 同コンテストの応募資格は35歳で、外見と内面から輝く女性を審査。アラフォー世代の女性をターゲットにした雑誌『美ST』(光文社刊)が主催しており、10回目となる今大会は、予選を勝ち抜いた5名に加え、第1回から9回目の代表9名が"レジェンド美魔女"枠で参戦、合計14名で競い合った。 坂村さんは独身...
»続きを読む
カテゴリー:

橋本マナミ、結婚の決め手は「男の覚悟に心打たれて意識しました」 - 12月06日(金)08:58 

タレント、橋本マナミ(35)が5日、東京・日本橋三井ホールで行われた40代向け美容雑誌「美ST」(光文社)の10周年記念パーティーに参加した。先月27日に、1歳…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「光文社」の画像

もっと見る

「光文社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる