「光学式」とは?

関連ニュース

【爆裂朗報】SONYさん、新型小型ハイスペックスマホ「Xperia 5」発表wxwxwxwxwxxwxwxwxwxwxwxwxxwzw - 09月06日(金)07:51  livejupiter

「Xperia 5」は MWC 2019 で発表され日本でも発売されている「Xperia 1」のコンパクトモデルです。 ディスプレイは 6.5 インチ(3,840 × 1,644)4K HDR OLED から 6.1 インチ(2,520 × 1,080) フル HD+ HDR OLED へと抑えられていますが、 Snapdragon 855 プロセッサに 6GB RAM 搭載と、主要スペックは「Xperia 1」と同等となっています。 またディスプレイは「Xperia 1」で採用されたアスペクト比 21 : 9 の「CinemaWide ディスプレイ」+ Gorilla Glass 6 ガラスパネルを採用です。カメラも「Xperia 1」と同じ 1,200 万画素センサ...
»続きを読む
カテゴリー:

Oppoの最新モデルはシャークフィン型自撮りカメラを装備 - 08月29日(木)18:15 

米国では、Oppo(オッポ)いうブランドは、まだあまり知られていないかもしれない。しかしOppoの本国、中国では大手メーカーの1つだ。中国という世界最大のスマホ市場において、常に20%程度のシェアを獲得し、Apple(アップル)やSamsung(サムスン)といった、少なくとも米国ではよく知られたブランドを軽く上回っている。 また、世界で2番目に大きなスマホ市場インドでも、Oppoは強い。だいたいいつも5位以内に入るほどだ。同社のReno 2は米国時間8月28日に、そのインド市場向けに発表された最新モデル。ユニークな特徴を備え、シェアの拡大を目指すOppoにとって強力な武器となりそうだ。 際立つ特徴は、その「シャークフィン」にある。本体の上部から、ちょうどサメの背ビレのような形のパーツが飛び出すメカを備えた自撮りカメラの愛称だ。このような機構自体は特に珍しいものではなく、他のメーカーでも形状は異なるが、似たような仕組みのものを採用している。Oppoの関連会社であるOnePlusにも、同様に飛び出すカメラを搭載したモデルがある。OnePlusは、米国内でもOppoより名が通っているだろう。 背面のカメラも頼もしいものとなっている。光学式手ぶれ補正機能を備えた4800万画素のメインカメラに加え、広角レンズ、望遠レンズの各カメラも備えた、かなり印象的な組み合わせだ。5倍ハイブリッドズー...more
カテゴリー:

「光学式」の画像

もっと見る

「光学式」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる