「先発出場」とは?

関連ニュース

【サッカー】今季7試合の出場にとどまった柴崎岳、ヘタフェ監督が来季に望むのは「健康であること」 7試合 0得点 - 05月19日(日)19:57  mnewsplus

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、今季に十分な出場機会を与えられなかった日本代表MF柴崎岳について語っている。 18日にリーガ・エスパニョーラ最終節、ホームでのビジャレアル戦を2-2のドローで終えて、クラブ史上最高記録となるヨーロッパリーグ出場圏5位でシーズンを終えたヘタフェ。 この試合で後半途中からピッチに立った柴崎は、今季リーガの出場は7試合(フル出場2試合、先発出場で途中交代が3試合、途中出場2試合)にとどまった。 ビジャレアル戦後、記者会見に出席したボルダラス監督は今季の柴崎について、あまり多く...
»続きを読む
カテゴリー:

エンゼルス大谷が2号2ラン 本拠で滞空時間の長い一発 - 05月19日(日)12:57 

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(24)が18日、本拠でのロイヤルズ戦で、今季第2号となる2点本塁打を放った。「3番・指名打者」で先発出場し、六回1死一塁で迎えた第3打席。初球の91マイル(約146キ…
カテゴリー:

ヤクルト・村上が11号3ラン - 05月18日(土)20:29 

ヤクルト・村上宗隆内野手(19)が18日、DeNA8回戦(神宮)に「6番・三塁」で先発出場し、四回に11号3ランを放った。0-3で迎えた四回は1死からバレンティ…
カテゴリー:

【悲報】大船渡高校、佐々木朗希を温存して初戦サヨナラ負け。ここの監督マジで壊さない事を徹底してて草 - 05月18日(土)13:00  poverty

◇春季高校野球岩手大会 大船渡4―5釜石(2019年5月18日 ライジング・サン・スタジアム) 163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡が初戦でサヨナラ負けを喫した。 佐々木は最後まで登板はなく、背番号10の和田吟太投手(3年)が先発完投。 初回に、釜石の1番・新沼康生内野手(3年)から6連打を浴びて4点を失った。大船渡は2回に木下 大洋外野手(3年)の2ラン、8回敵失などで2点を挙げ、同点で延長に持ち込んだ。 しかし4―4の10回に無死満塁のピンチを招くと、最後は黒沢から左前適時打を浴びてサヨナラ負...
»続きを読む
カテゴリー:

163キロ右腕・佐々木の大船渡、初戦で姿消す 延長十回サヨナラ負け - 05月18日(土)12:24 

 高校球界最速の163キロを計測し話題のプロ注目右腕、大船渡高(岩手)の佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡(岩手)は、春季岩手大会1回戦で釜石高(岩手)に延長十回の末、4-5でサヨナラ負けした。「4番・右翼」で先発出場した佐々木は4打数1安打も、投手としては登板せず、春の公式戦を終えた。
カテゴリー:

南米選手権代表内定の法大FW上田は不発「謙虚に」 - 05月19日(日)18:04 

南米選手権(6月14日開幕)の日本代表入りが内定している法大FW上田綺世(3年)が、明大戦に先発出場したが不発に終わった。 序盤こそ、ロングボールを胸トラップし前を向いてシュートを打つなどゴールへの姿勢を見せたが、前半途中から動きだして…
カテゴリー:

サガン藤田全治4週間 右膝を手術 - 05月19日(日)09:00 

サッカー・J1サガン鳥栖は18日、DF藤田優人(33)が右膝外傷性滑膜(かつまく)炎で全治4週間と診断されたと発表した。 藤田は4月28日のリーグ戦第9節・湘南戦に先発出場したが、相手選手と接触し、前半7分に交代を余儀なくされた。5月16日に無事手術を終えた。今季は主にセンターバックとして、リーグ戦8試合に出場していた。(田原一郎)。
カテゴリー:

【高校野球】“令和の怪物”佐々木登板せず 大船渡初戦敗退も指揮官に明確な意図「春はチームの総合力を上げたかった」 - 05月18日(土)16:31  mnewsplus

 佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡は18日、ライジング・サン・スタジアムで行われた春季岩手県大会1回戦で、釜石に延長10回、4―5でサヨナラ負けを喫した。佐々木は「4番・右翼」で先発出場し4打数1安打。期待された登板はなかった。  大船渡は初回、先発の和田(3年)が6連打を浴び4失点。2回に5番・木下の2ラン、8回には足を絡めて同点に追いつくも、あと一歩及ばずサヨナラ負けを喫した。  佐々木は「チームが負けてしまってすごく悔しい。チャンスで一本が出なかった。そこで打てるよう、夏までに修正して...
»続きを読む
カテゴリー:

【高校野球】大船渡、初戦でサヨナラ負け 163キロ右腕・佐々木は登板せず - 05月18日(土)12:51  mnewsplus

◇春季高校野球岩手大会 大船渡4―5釜石(2019年5月18日 ライジング・サン・スタジアム) 163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡が初戦でサヨナラ負けを喫した。 佐々木は最後まで登板はなく、背番号10の和田吟太投手(3年)が先発完投。 初回に、釜石の1番・新沼康生内野手(3年)から6連打を浴びて4点を失った。大船渡は2回に木下 大洋外野手(3年)の2ラン、8回敵失などで2点を挙げ、同点で延長に持ち込んだ。 しかし4―4の10回に無死満塁のピンチを招くと、最後は黒沢から左前適時打を浴びてサヨナラ負け...
»続きを読む
カテゴリー:

大谷の本拠地復帰に歓声 3番DHで出場 投の練習も - 05月18日(土)12:14 

 エンゼルスの大谷が17日、アナハイムでのロイヤルズ戦に「3番・DH」で先発出場し、昨年10月の右肘手術から復帰後初めて本拠地でプレーした。一回に名前が告げられると大きな歓声が上がり、昨年と同じ登場曲が流れる中で打席へ向かった。先制のチャンスだったが、三振に倒れた。
カテゴリー:

もっと見る

「先発出場」の画像

もっと見る

「先発出場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる