「兆米ドル」とは?

関連ニュース

AIOps市場-コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、その他);展開タイプ別(オンプレミスおよびクラウドベース);アプリケーション別;業種別-グローバル需要分析と機会の見通し2030年 - 09月16日(木)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「AIOps市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 14日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3309世界のAIOps市場は、(2022~ 2030年)の予測期間中に約30%のCAGRで成長することにより、注目に値する収益を獲得すると推定されています。市場の成長は、さまざまなエンドユーザー産業への人工知能の浸透の増加、世界中で常に在宅勤務が行われているため、クラウドと仮想インフラストラクチャへの依存度の高まりに起因する可能性があります。AIOpsには、データ出力、集約、分析、自動化、ML、視覚化などのさまざまなサービスが含まれ、柔軟で一元化された多層プラットフォームを提供します。ITセクターにおけるDevOpsの代...more
カテゴリー:

凍結乾燥機市場ー機器タイプ別(トレイ式凍結乾燥機、マニホールド凍結乾燥機、および回転式凍結乾燥機);およびエンドユーザー別-世界の需要分析および機会の見通し2030年 - 09月15日(水)18:00 

Research Nester Private Limitedは、凍結乾燥機市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年09月 15日 に発刊しました。これは、凍結乾燥機市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3303世界の凍結乾燥機市場は、2022-2030年の予測期間中にに中程度のCAGRで成長すると推定されています。凍結乾燥技術の進歩、世界的に凍結乾燥製品の需要の高まりは、この市場の成長を後押しすると予想されます。凍結乾燥は、過度の加熱なしに製品から水分を除去することにより、製品の貯蔵寿命を効果的に延ばします。これにより、再構成された製品が迅速かつ容易に溶解します。これは、この技術の世界規模での採用に大きく貢献すると予測されています。市場の成長はまた、 製品のより長い貯蔵寿命とより高い安定性に対するニーズの高まりなどの要因に起因する可能性があります。加工食品業界の成長に伴い、栄養素レベルを維持しながら貯蔵寿命を延ばした製品の必要性が高まっています。凍結乾燥は、このプロセスによる香りや生物活性などの食品の品質と特性の維持を背景に、製品の脱水にますます好まれています。人口増加による高い食料支出は、凍結乾燥...more
カテゴリー:

需要計画ソフトウェア市場-展開別(オンプレミス、クラウドベース);およびエンドユーザー別(製造、小売、流通業界、ヘルスケア、ホスピタリティ、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2030年 - 09月07日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「需要計画ソフトウェア市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 07日 に発刊しました。世界の需要計画ソフトウェア市場は、2022-2030年の予測期間中に中程度のCAGRで成長すると推定されています。需要計画ソフトウェア技術の開発の増加、ビジネスコストを削減して、収益性を最大化する必要性の高まりは、この市場の進歩を後押しすると予想されます。さらに、需要計画ソフトウェアへの人工知能と機械学習技術の組み込みの増加は、今後数年間で市場の成長に貢献すると予想されます。市場の成長は、さまざまな市場プレーヤー間の競争の激化、可処分所得の増加の結果としての製品に対する消費者の需要の急増などの要因にも起因する可能性があります。欧州委員会から収集されたデータによると、世界の消費者人口は2030年までに50億人に達すると予測されています。さらに、中産階級の人口による支出は、2017年の37兆米ドルから、2030年までに64兆米ドルに増加すると評価されており、これは世界のGDP成長率の3分の1を占めることになります。世界中のインターネットアクセシビリティの継続的な成長、および5G、ブロックチェーン、クラウドサービス、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などの多くの技術的進歩により、過去20年...more
カテゴリー:

プラスチック配合市場-ポリマータイプ別(熱可塑性ポリマー、熱硬化性ポリマー、および熱可塑性エラストマー);エンドユーザー別(パッケージング、自動車、建設など)-世界の需要分析と機会の見通し2030年 - 09月16日(木)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「プラスチック配合市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年09月 15日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3313市場の成長は、主に木材、ガラス、金属、コンクリート、天然ゴムなどの材料の代替品の増加に起因する可能性があります。さらに、工業化の力強い成長、発展途上国における一人当たりの所得の上昇、過去数年間の電気自動車の生産の増加も、近い将来、市場の成長を促進すると予測されています。世界銀行によると、世界の1人当たりの収入は2019年に9,483.844米ドルまで増加しました。同年の値は、中国とインドでそれぞれ8,394米ドルと1,822米ドルと計算されました。さらに、プラスチックの需要は、希望の形状を形成できることや成形の容易さなどの利点により、今後数年間で市場に新たな成長の機会を提供すると予測されています。アジア太平洋地域の市場...more
カテゴリー:

ボーイング、需要予想を引き上げ 20年間で43,500機以上の新造機需要 - 09月15日(水)14:19 

ボーイングは、商業、防衛、サービスの3分野で、今後10年間で9兆米ドルの市場規模を予測している。「ボーイング・マーケット・アウトルック」で明らかにした。 民間航空機が回復の兆しをみせているほか、防衛・宇宙・政府サービスの […] 投稿 ボーイング、需要予想を引き上げ 20年間で43,500機以上の新造機需要 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる