「兄弟姉妹」とは?

関連ニュース

『長くつ下のピッピ』を生んだ作家の若き日々 「リンドグレーン」を採点! - 12月09日(月)17:00 

〈あらすじ〉信仰に厚い両親のもと兄弟姉妹と共に、自然に囲まれて伸び伸びと育った16歳のアストリッド(アルバ・アウグスト)は、文才を見込まれて地方紙の新聞社で働き始める。ブロムベルイ編集長(ヘンリク・ラフ…
カテゴリー:

「12月を乗り切る」ための星占い【天秤座】 - 12月01日(日)06:00 

元銀座のクラブホステス。著書『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。『VOGUE JAPAN』WEBサイトにて「元ホステス・藤島佑雪が教える開運↑美女になる方法」、『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」連載中。新しい時代、令和を迎えた今。気持ちもあらたに、フラットに、自由になって過ごすためのヒントをお伝えする星占い。財界人、芸能人を含む多くの方々の悩みと向き合ってきた、元銀座のクラブホステスにして開運アドバイザーの藤島佑雪先生が、「今、ツラい人」が自由になるためのお心添えをします。9/23〜10/23生まれはこんなとき、ツラくなる&自由になる【天秤座】は、バランス感覚にすぐれ、ひと当たりがよく、おしゃれ。平和主義ゆえの優柔不断さから、お相手をイライラさせてしまうのがツラいところ。かっこ悪いことはできないという頑固さはあるものの、戦うかどうか決められないあたりもツラい。ピシャリ!と元銀座ホステスが今月のアナタを診断先月に引き続き、あまりツラさを感じない1ヵ月となりそう。仕事も恋も順調な模様。ビジネスでも恋愛でも、新しいひと、古くからの知り合い、親戚や兄弟姉妹と、とにかくひとと会ってどんどんコミュニケーションをとることで発展する勢いがあります。カップルさんは近場への小旅行で絆が深まる予感。健康運も比較的にいい今だからこそ、暴飲暴食には気をつ...more
カテゴリー:

核兵器開発「途方もないテロ行為」 ローマ教皇演説全文 - 11月24日(日)10:51 

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が24日、長崎市の爆心地公園で演説した内容は以下の通り。     ◇ 愛する兄弟姉妹の皆さん。 この場所は、わたしたち人間が過ちを犯しうる存在であるということ…
カテゴリー:

家族を大切にしてくれる夫以上に信頼できる人はいない!?信頼しあえる夫婦でいるためには - 11月22日(金)07:30 

結婚してから時間が経ち、子どもが生まれたりすると、夫婦の関係性も変わってくるかもしれませんね。一方で時間が経過したからこそ、旦那さんが一番大切だとわかることもあるようです。ママスタBBSにも旦那さんをとても大切にしているママがいました。 『ムカつくときもあるし喧嘩もするけれど、夫以上に私と子どもに尽くしてくれる人なんかいない。夫を信用できない人は、誰を信用しているんだろう。両親? 他に男がいる? 子どもだけが味方?』 投稿者さんは旦那さんをとても信用しているとのことですね。そのため他のママたちも、旦那さんを信用しているのかどうかを知りたいようです。これに対してママたちはどう答えてくれたのでしょうか。 夫は誰よりも信頼できる 『夫に出会うために生きてきたというくらい、しっくりくる。かけがえのない存在だよね』 『ケンカもよくするけど、やっぱり旦那しかいない』 『うちは結婚して18年目だけれど、旦那が1番大切だし信用しているよ』 『結婚して12年。断然旦那だな。めっちゃ信用しているし、本当家族を大事にしてくれている。子どもはいつか巣立つし、子離れもしたいから、何だかんだで旦那だけだろうなー』 長く一緒にいればケンカもするでしょうけれど、結局は旦那さんを信用しているというママも少なくないようです。結婚してから10年以上が経つというママの言葉には年月を経ただけに言葉に重みが感じられます。将...more
カテゴリー:

「きょうだい児」に遊び場を 障害ある子の兄弟・姉妹支援 境遇分かち合い - 11月21日(木)08:45 

 障害のある子どもの兄弟・姉妹(きょうだい児)を支援する埼玉県川口市の任意団体「ブレイブキッズ」が今年で設立10年を迎える。親が障害児のケアに忙しいなどの理由で外で遊べないきょうだい児に遊ぶ場所を提供するほか、同じ境遇を分かち合う友人づくりの場にもなっている。
カテゴリー:

ラグビーチーム「ダイナボアーズ」選手たちが難病児支援を呼びかける。「#優しい筋肉」プロジェクト - 12月01日(日)08:54 

日本中が熱狂したラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表で活躍した選手が多数参加するトップリーグ(社会人リーグ)にも大きな注目が集まっている。三菱重工相模原ダイナボアーズも、そのトップリーグで日本一を目指すチームの一つだ。 そのダイナボアーズは、2年前から難病児支援の活動にも積極的に協力。支援団体とともに「#優しい筋肉」というプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングによる支援も呼びかけている。 ■難病児とその家族に楽しい旅行の思い出をダイナボアーズに協力を依頼したのは、公益社団法人「ア・ドリーム ア・デイ IN TOKYO」で事務局長を務める津田和泉さんだ。 ア・ドリーム ア・デイ IN TOKYOは、難病児とその家族を東京への旅行に招待し、サポートする団体。難病児とその家族が楽しい時間を過ごせるように、さまざまな手配をしている。年間平均10〜12組ほどをベースに、これまで88名の難病児とその家族を旅行に招待してきた。 「全国で約15万人を超える子どもたちが難病と闘っていると推定されます。そのなかには人工呼吸器が外せず24時間の介護が必要な、日々の外出も大変なお子さんもいます」と津田さん。 難病と闘う子どもたちは、学校へ行ったり、友だちと遊んだり、家族と旅行に行くこともなかなか難しいのが現実だ。病気の子ども本人だけでな...more
カテゴリー:

ローマ教皇、長崎で核兵器廃絶を訴える。軍拡を「神に背くテロ行為」と非難(スピーチ全文) - 11月24日(日)12:38 

訪日中のローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が11月24日、長崎市の爆心地公園でスピーチし、核兵器に対するメッセージを発信した。フランシスコ教皇はまず、被爆した旧浦上天主堂の瓦礫の中から見つかった「被爆十字架」と「被爆マリア像」に触れ、「犠牲者、そしてその家族の筆舌に尽くし難い苦しみを改めて思い起こさせます」と悼んだ。被爆を経験した長崎市に対して、「この街は核兵器が人類と環境にもたらした大惨事の証人です。軍拡競争に対して、もっと大きな声を上げ続けなければなりません」と、核兵器廃絶に向けたさらなる発信を呼びかけた。また、戦争や紛争で苦しむ人たちを横目に、核兵器の保有や軍拡競争が続いている現状に対して「これは神に背くテロ行為です」と強い言葉で糾弾。「核兵器は、世界や国家の安全の脅かす脅威から私たちを守ってくれるものではない。核兵器のない世界は実現可能で、必要とされている」と保有国の指導者に呼びかけた。また、貧困に苦しむ人たちの援助のため、防衛費の一部を元にした創設を提案している世界基金に触れ「このような彼らの苦しみに無関心でいるのに許される人は一人としていません」と、世界に向けて発信した。NHKの報道などによると、教皇のメッセージ全文は以下の通り。――-愛する兄弟姉妹のみなさん、この場所で私たちが強く自覚するのは、人間がどれほどの痛みと恐怖がもたらしうる存在であるかということです。...more
カテゴリー:

小6までお留守番させたことがありません……これってそんなに驚かれること? - 11月22日(金)17:00 

子どもが何歳になったらお留守番させてよいものなのか……目も離せず手のかかる幼児期を過ぎ、お子さんが小学生にもなると、ママたちの間でこの話題がチラホラ立ち上るのではないでしょうか。小6の娘さんがいるというある投稿者さんは、心配なので中学卒業まではお留守番をさせたくないと思っているそうです。しかしその考えを話すと「えっ過保護!」と、周囲に驚かれてしまったといいます。では皆さんのご家庭では留守番についてどのように考えているのでしょうか。ママスタBBSに届いたご意見をもとにママたちのお留守番事情をご紹介していきます。 ひとりで留守番させないのは、子どものことが心配だから……だけではありません 投稿者さんが娘さんに留守番させたくない理由は、子どもを1人で留守番させることが心配ということだけではなく、娘さんが学校から帰ってくる時間は家にいて「おかえりなさい」と出迎えたいと思っているからなのだそう。この考えについて、 『何が過保護なの? 家に帰ってお母さんがいるって幸せなことでしょ。私もその環境で育ったしいつも安心だった。ちゃんと一人で行動できるし、なんの問題もない』 『いいと思う。うちもどこに行くでも一緒。本人もそのほうがいいみたいだから』 『おかしくない。大丈夫だよ、小学生だもん。私自身は両親が共働きで小学校1年のときから一人で留守番して寂しい思いをしたから、たとえ6年生であったとしても毎...more
カテゴリー:

子どもの頃の育てられ方に疑問。親の子育てで今も納得いかないことは? - 11月21日(木)15:00 

子どもの頃は自分が育てられている環境を、当たり前のものとして受け入れることでしょう。しかし成長してほかの家族を目にしたとき、自分の育てられ方に疑問を感じる方もいるかもしれません。ある投稿者さんは、子どものときには気づかなかったけれど自分が親になってみると、ご両親が自分に教えてきたことがおかしかったと気づいたそうです。 『自分の親の子育てで、納得いかなかったこととかあった? 私はよく両親に「やられたら倍にして返しなさい! 叩かれたら殴ってもいい!」って言われたことかな。幼稚園時代に言われた。 あとは「◯◯ちゃんのお母さん、ママ嫌いだからあまり関わらないでね」と言われたこと』 他の家族のあり方を知ることができない幼い頃は、自分の両親の教えが絶対でしょう。でも大人になり、子どもの頃に教えられたことがおかしかったと気づいたのだそう。親も人間なので完璧な育児はできないとわかりつつも、今考えると納得がいかないことは、ほかのママたちもあるのでしょうか? 兄弟で差別されました まずは兄弟姉妹で、親の対応に差があり納得がいかなかったというママたちの声が寄せられています。 『兄への昼食は700円だったのに私には500円で、更に「500円も必要? 300円でよくない?」と兄妹で差別されたこと。他にもあるけど書ききれない』 『兄妹平等に扱ってきたと言いつつ、兄には色々甘々だったこと』 『成績優秀で優等生...more
カテゴリー:

死亡者が貰えなかった最後の年金はいったい誰のものになるのか - 11月20日(水)20:19 

老齢の年金は、死亡した月の年金分までが支払われますが、その最後の年金を貰うためには請求が必要となることをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、死亡月の年金は誰が受け取ることになるか、という疑問について詳しく紹介しています。 死亡した年金受給者が受け取れなかった最後の年金は誰が貰うお金なのか(未支給年金) 老齢の年金は一旦受給が始まると、受給権が発生した月の翌月から死亡した月分まで支払われます。受給権が発生した月というのはほとんどは、支給開始年齢に到達した月となります。老齢の年金請求が遅れても基本的には支給開始年齢まで遡って支給される(時効の5年を超えると貰えない年金が出てくる)。遺族年金や障害年金も他に支払われる事が無くなる条件が無い限りは、死亡した月分まで支払われます。 ところで、年金は前2ヶ月分を偶数月の15日に支払っています。たとえば、12月15日支払い(令和元年は15日が日曜だから12月13日支払い)の場合は前2ヶ月分である10月分と11月分が支払われるという事です。でも年金は死亡月分まで支払われると言いましたが、じゃあ12月中に死亡したら12月分の1ヵ月分の年金はどうなるの??って話ですよね。12月分の年金は2月15日に1月分と一緒に2ヶ月分支払うんなら、2月まで死亡者の銀行口座に振り込まれる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「兄弟姉妹」の画像

もっと見る

「兄弟姉妹」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる