「元慰安婦」とは?

関連ニュース

元慰安婦支援施設「ナヌムの家」理事長らを告発 - 08月12日(水)21:18 

元慰安婦支援施設「ナヌムの家」理事長らを告発
カテゴリー:

韓国 元慰安婦暮らす施設の運営団体 寄付金の大半.. - 08月12日(水)00:30 

韓国 元慰安婦暮らす施設の運営団体 寄付金の大半を不正蓄財か #nhk_news
カテゴリー:

元慰安婦のため使用わずか2% 「ナヌムの家」横領・背任疑惑指摘 官民調査団報告 - 08月11日(火)20:30 

 元慰安婦が共同で暮らす施設を運営する社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗 ナヌムの家」の寄付金流用疑惑などを調べていた韓国京畿道(キョンギド)の官民合同調査団は11日、オンラインで記者会見を開き、寄付金約88億ウォン(約8億円)のうち元慰安婦の生活施設に使われたのは2%にあたる約2億ウォンにすぎず、法人側
カテゴリー:

寄付金の大半を不正流用 韓国の慰安婦支援「ナヌムの家」 - 08月11日(火)18:59 

 【ソウル=名村隆寛】韓国ソウル近郊の京畿道(キョンギド)は11日、道内の広州(クァンジュ)にある元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの家」で、2015年から約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半が目的外に不正流用されていた、とする調査結果を発表した。
カテゴリー:

韓国政府機関発刊の元慰安婦記録集 日本語版出版.. - 08月04日(火)17:03 

韓国政府機関発刊の元慰安婦記録集 日本語版出版へ
カテゴリー:

慰安婦支援団体「正義連」が組織刷新へ 寄付金不正疑惑は解明されず - 08月12日(水)18:25 

 【ソウル=名村隆寛】韓国で元慰安婦への寄付金をめぐる不正流用疑惑が出ている支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は12日、ソウルの日本大使館前で開かれた日本への抗議集会で、一連の疑惑について謝罪し、会計の透明性向上など組織を刷新していく方針を示した。
カテゴリー:

韓国 元慰安婦暮らす施設の運営団体 寄付金の大半を不正蓄財か - 08月12日(水)00:29 

韓国の元慰安婦の女性たちが暮らす施設を運営する仏教系の団体が、5年間で集めた寄付金、日本円で7億8000万円余りのうち、およそ2%しか施設の運営に使わず、残りの大半を不正に蓄財していたとみられることが分かりました。
カテゴリー:

寄付金の大半を不正流用 韓国の慰安婦支援「ナヌムの家」 - 08月11日(火)19:58 

 【ソウル=名村隆寛】韓国ソウル近郊の京畿道(キョンギド)は11日、道内の広州(クァンジュ)にある元慰安婦の女性らが暮らす支援施設「ナヌムの家」で、2015年から約5年間に集められた寄付金88億ウォン(約7億9千万円)の大半が目的外に不正流用されていた、とする調査結果を発表した。
カテゴリー:

同志が語る李登輝氏の素顔と日本愛。私たちは反日勢力と中国にどう対峙すべきか? - 08月07日(金)04:45 

「台湾民主化の父」と言われ親日家として日本でも広く知られていた、台湾初の民選総統である李登輝元総統が7月30日に97歳で逝去されました。日本でもテレビやネットで速報が流され、ニュース番組でも大きく取り上げられましたが、その偉大なる功績が充分に伝えられていないのも事実です。李登輝氏と縁の深い台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、李登輝氏とともに台湾の民主化を勝ち取るために戦った日々を回想しながら、黄文雄さんしか知り得ない李登輝氏の本当の素顔と信念について綴っています。 誰よりも台湾を知る論客が語る、李登輝元総統の素顔と日本への愛 李登輝のおかげで台湾に帰れた 李登輝元総統は、2020年7月30日夜にご逝去されました。97歳でした。日本でも新聞やテレビなどで速報されました。 しかし、実際にご逝去される前から、ネットでは様々な憶測やフェイクニュースが出回っていたので、正式な報道が出た後も私はしばらく信じられませんでした。そこで、「李登輝友の会」事務局に確認したところ、「友の会」も台湾側に確認したとのことでした。蔡英文総統は、7月31日、正式に以下のような追悼のコメントを発表しました。 『私達が心から敬愛する李登輝元総統がご逝去されました。李元総統は台湾の人々とともに歴史的挑戦を幾度も乗り越えてきました。台湾に民主自由...more
カテゴリー:

韓国も中国も。「安倍首相が土下座」像という、相手を貶める文化 - 07月30日(木)18:56 

先日、韓国の植物園で、日本の安倍晋三首相をモデルにした男性が慰安婦像に土下座をしている銅像が設置されたとして、日本でも韓国でも大きなニュースとなりました。韓国本土でも賛否が分かれているという「土下座」像問題ですが、なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、韓国のみならず、中国でも「相手国を貶める銅像」を作ったという過去の事例を紹介し、こうした両国の「文化」に疑問を呈しています。 【韓国・中国】銅像で相手を貶める文化 ● 韓国 植物園 少女像前に男性像「安倍首相を象徴」とメディアに 韓国の植物園で、安倍晋三首相をモチーフにした男性が慰安婦に土下座する像が設置され、日韓で大きな話題となっています。 この像は、韓国北東部の江原道平昌にある「韓国自生植物園」という私立の植物園に展示されたもので、植物園は26日付の韓国メディア向けの発表文で、安倍首相を象徴した像であり、日本が歴史に向き合い謝罪することを求めて設置したと説明しています。 日本政府は、菅官房長官が、「そのようなことは国際儀礼上、許されない。仮に、報道が事実であるとすれば、日韓関係に決定的な影響を与えることになる」と強い不快感を示しましたが、それは当然でしょう。 韓国政府は、この像に対して詳しいコメントは出さず、「一般的...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「元慰安婦」の画像

もっと見る

「元慰安婦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる