「元カレ」とは?

関連ニュース

この子と付き合ったら苦労しそう…男性がアプローチを躊躇した瞬間 - 文・和 | ananweb - マガジンハウス - 10月15日(火)20:15 

彼女の予想外の性格を知った瞬間、“この子は俺の手には負えないわ……”と恋愛対象から除外してしまう男性もいます。彼らはいったいどういうところを見ているのでしょうか。そこで今回は“男性が思わずアプローチを躊躇した瞬間”についてご紹介します。文・和元カレの悪口を言っている「アプリで知り合った女性とはじめて会ったときのこと。オシャレで好印象だったのですが、気が緩んだのか、デートの終盤で元カレの悪口ばかり言いはじめた。『同棲までしていたのに浮気されたんです!』『ありえないですよね!』ってグチっていたけれど……。正直男とデートしているのに元カレの話をするほうが『ありえない』と思ってしまいました」(31歳/営業)自分では軽く元カレ話をしたつもりでも、男性にはヘビーすぎることが。たとえ悪口でも、元カレ関連のネタがあまりにも多いと、「まだ未練があるのかも……」と思われてしまいそうですね。酒癖が悪い「友達の紹介で、複数人で飲んだ子がいたのですが……。最初は愛想も良くてかわいいなって思っていたんだけど、かなり酒癖が悪かった。とてつもないペースで飲み、ぐでんぐでんに酔っぱらったあげく、大声で話しはじめるんです。みんな困っているのに、『もう帰るのかよ~!』と叫んで隣の人を叩き出したころには、完全に心が離れてしまいました」(30歳/住宅)“酒は飲んでも飲まれるな”とは、まさにこのこと。それ以外の面でいくら素晴...more
カテゴリー:

新木優子、高良健吾とのキスシーンに安心感「濡れ場が多いから、慣れてるのかな」 - 10月15日(火)17:55 

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、10月17日スタート、毎週木曜22:00~)の制作発表記者会見が15日、都内で行われ、新木、高良のほか、浜野謙太、田中みな実、よしこ、関口メンディー、山口紗弥加が出席した。本ドラマは、「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。「今月1日に結婚を発表されました。多部未華子さんです」と紹介されたよしこは、おなじみの顔マネで指輪を披露するも「違うわ!」と勢いよく吠え、「多部さん、おめでとうございます。私は多部さんに食わせてもらっています」と祝福。続けて「新木優子です」と頭を下げると、「顔の大きさが違う」とツッコみを入れる田中に「クソが!」と声を上げるなど、会見冒頭からボケを連発。続く関口も「恋に足止メンディーをくらっている方にも、新しい恋を始メンディーしてもらえるように精一杯演じていきたい」と絶口調だった。プライムタイム連ドラ初主演となる新木は、オファーを受けた際「嬉しさと緊張感と不安といろんな気持ちが入り交じっていました。でも、キャストのみなさんの力で素敵なドラマになるだろうなと勇気を持って、撮影に入ることができました」とにっこ...more
カテゴリー:

ワンナイトを繰り返し… 彼氏には絶対言えない「黒歴史」3選 - 文・和 | ananweb - マガジンハウス - 10月14日(月)21:15 

誰にだって他人に言えない過去のひとつやふたつはあるもの。できれば記憶から消したいくらい、自分でもドン引きする恋愛の黒歴史がありますよね。そこで今回は彼氏には絶対言えない「シングル期間にやらかしたこと」についてご紹介します。文・和元カレにつきまとって…「20代前半の頃、3年弱付き合った彼氏から突然フラれたんです。私はまだ彼が好きだったので、SNSも全部見張って、しつこくLINEしていました。彼の家に行って『私は別れたくない!』と泣きわめいたことも……。振り返ってみると、あんな男のどこが良かったんだろうと思うし、自分のありえない行動にも引く。絶対今の彼には知られたくないです」(27歳/一般事務)ひとりの男性にゾッコンになっていると、周りが見えなくなるんですよね……。でも当時は「自分は悪くない!」「私はまだ別れたくない!」という気持ちが強く、アドバイスをくれる女友達にさえキツく当たってしまうことも。こんな黒歴史が彼氏にバレたら、ちょっと警戒されそうですよね。SNSで知り合った男性とワンナイト「失恋の傷が癒えず、とりあえずSNSを駆使して不特定多数の男性とデート。その流れでワンナイトすることが度々ありました。今は彼氏ができて落ち着いたけれど、自分でもよくそんなことをしていたなと……。完全に自分を持て余していましたよね」(29歳/経理)彼氏のいない寂しさや焦りからか、多数の男性と情事を楽しむ...more
カテゴリー:

好きになったのは“親友の元カレ”… 悩む相談者に江原啓之のアドバイスは? - 10月11日(金)17:00 

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回は、親友の元彼を好きになってしまった……と悩む相談者のエピソード紹介。江原が“ことば”を届けました。
カテゴリー:

ミキ・亜生、新木優子のクセ強すぎな元彼を熱演!『モトカレマニア』で初連ドラ出演 - 10月09日(水)22:24 

新木優子と高良健吾がW主演を務める10月17日スタートの木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~※初回15分拡大)の第1話に、ブレーク中のお笑いコンビ・ミキの亜生がゲスト出演することが決定。亜生が連ドラに出演するのはキャリア初となる。本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。今回、亜生が演じるのは、ユリカがマコチと別れた後に付き合った彼氏の一人。デート中に職場の上司の愚痴を言い続け、悪態をつくキャラで、その態度はユリカの恋愛遍歴の中でもひどく、マコチの大切さをかみしめることに。亜生は連ドラ初出演となる本作の撮影を終え、「緊張しかしてなかったです。たった一言でしたけど、手の震えを映さない努力で、セリフとか動作がおろそかになってしまいました」と回顧。また、ドラマとバラエティとの違いを痛感したそうで、「漫才とかは僕らの言うことがあんまり決まっていなくて、自由にできるんですけど、ドラマは言うことが決まっているので……これはだめだ!」としみじみ話した。また、新木との共演について聞かれると、「ドラマということにも緊張しましたが、新木さんが目の前にいることにさらに緊張しまし...more
カテゴリー:

元カレの電撃婚がきっかけ、アラサー独身女性が運命の人を探す新連載 - 10月15日(火)19:23 

YULLOの新連載「N番目の恋愛」が、本日10月15日にピッコマでスタートした。
カテゴリー:

元カレから「一回会って話さないか」って来たんだけど無視していいかな? - 10月15日(火)02:18  livejupiter

「起承転結の「結」が抜けてる。お互いすれ違った時に気まずい、そういう関係は嫌だ。卒業までにこういう関係は無しにしてほしい。お互い誤解してる事があるのかもしれない。だから一回会って話そう!」っていきなりラインきた ...
»続きを読む
カテゴリー:

お泊りデートで…寝起き時に言われて「恥ずかしかったコト」4選 - 文・塚田牧夫 | ananweb - マガジンハウス - 10月12日(土)21:45 

お泊りデートは楽しみではあると思いますが、不安もあるはず。寝ているあいだは意識がないので、何をしているか分かりません。あとで赤面するようなことを報告される場合も……。今回は、“寝起き時に彼に言われて恥ずかしかったこと”について、女性たちに話を聞きました。文・塚田牧夫イビキがすごい「起きて、“イビキがすごかった”と言われたときは恥ずかしかったですね。注意はしてたんだけど……。しかも彼が、“ズコズコ……ズコッ”と音をリアルに再現してきて、本当に嫌でした」ユウカ(仮名)/27歳イビキは自分では気付きにくいですから。ほかの人に指摘されても、嘘でしょう……と思ってしまうこともあるはず。でも男性のなかには、その無防備な姿が嫌ではないという意見も、意外と多いです。毛布を奪われた「私は、寝ているとすぐ人の毛布を奪ってしまうようです。彼からよく、“昨日は寒かった”と報告を受けます。本当に申し訳ない……。そのため最近では、毛布がもう1枚用意されています」マイコ(仮名)/29歳本来なら、彼のほうに毛布をかけてあげるような気遣いを見せたい場面。そこで、奪ってしまうようだと、少しマイナスなイメージにつながってしまうかもしれません。起きた後のフォローをしておきたいものですね。トイレが近い「私はトイレが近く、寝ている間に2~3回行ってしまうことがあります。それを、彼に指摘されたときは、恥ずかしかったですね。“歳...more
カテゴリー:

ミキ亜生、新木優子の元カレ役で連ドラ初出演 緊張で手が震える - 10月10日(木)05:00 

お笑いコンビ・ミキの亜生が、フジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』(17日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)の第1話にゲスト出演することが決定。連ドラ初出演を果たす。
カテゴリー:

新木優子、高良健吾を相手役に…本人談『モトカレマニア』の見どころ | ananweb - マガジンハウス - 10月09日(水)20:40 

きっと誰の心にだってある、忘れられない恋の思い出。「女性は恋をすると、過去の恋愛に上書き保存する」と言われることもあるけれど、もし“上書きできる恋”が見つからなかったら? 10月17日に放送スタートするフジテレビ系連続ドラマ『モトカレマニア』で主演の新木優子さんが演じるのは、元カレの存在を引きずるあまり“モトカレマニア(MKM)”になってしまった女性・難波ユリカ。「最初に“モトカレマニア”というタイトルを知った時は、『どういうこと?』って思いました(笑)。でも原作を読んでみると、誰しも経験があるような共感できることがたくさん出てきました。もちろん、ユリカほど極端な人はそういないと思いますけど」SNSで元カレの名前を毎日のように検索したり、“モトカレスカウター”なるものを駆使して、目の前の相手と元カレとの共通点にときめいたり。ユリカのモトカレマニアっぷりは強烈ながら、思わずクスッと笑ってしまうところも。「元カレを引きずるって、マイナスなイメージですよね。でもユリカはそのことで卑屈になったり、悲観的に思ったりはしていなくて、むしろ楽しんでいる気がするんです。元カレとの思い出の場所巡りを“聖地巡礼”なんて呼んだり(笑)。元カレが大好きな自分自身を肯定しているのは、ユリカの素敵なところだと思いました」ユリカがモトカレマニアになったのは、はじめて付き合った彼氏・マコチが原因。彼を振って以来、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「元カレ」の画像

もっと見る

「元カレ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる