「優遇措置」とは?

関連ニュース

生産性向上を支援する「中小企業経営強化税制」を活用するには? 経営者のための「中小企業税制」の基礎知識[第5回] - 01月25日(土)13:20 

中小企業の経営改善をサポートするための国の施策としては、前回取り上げた「生産性向上特別措置法」と並び、「中小企業経営強化法」があります。 この「中小企業経営強化法」における柱が「中小企業経営強化税制」です。一定の設備を導入する際、即時償却、または税額控除の優遇措置が受けられるというメリットがあります。 「中小企業経営強化税制」とは? 続きはこちら : https://100years-company.jp/a...
カテゴリー:

東芝、不祥事再発、子会社で架空取引…東証1部復帰“優遇措置”を自らぶち壊し - 01月23日(木)06:00 

「もはや『不祥事の東芝』と言ってもいいほど体質は変わっていない」――。ある大手証券ストラテジストは、東芝の子会社で架空取引が発覚したことについてこう話す。東芝は18日、連結子会社の東芝ITサービスが売上高200億円規模の架空取引を行っていたことを発表した。東芝は2015年に不正会...
カテゴリー:

【マネー】元国税職員が教える「税金面で最も不利な投資」は暗号資産 - 01月21日(火)21:56  newsplus

投資をする人にとって、税金は避けては通れない問題。同じ儲けであっても、株式や不動産、仮想通貨など、選ぶ投資方法によって税金の扱いは大きく異なる。元東京国税局職員であり、『確定申告〈所得・必要経費・控除〉得なのはどっち?』の著者である小林義崇氏は、「税金面で最も不利なのはビットコインなどの仮想通貨」と指摘する。株式投資と比較した仮想通貨取引のデメリットについて、小林氏が解説する。(以下、寄稿) ◆仮想通貨取引の税率は最高55%に上る  投資によってできるだけ財産を増やしたいのであれば、投資方法に応...
»続きを読む
カテゴリー:

“平成の大合併”の悲劇、なぜこうなった? 財政危機で苦しむ合併自治体が各地に - 01月20日(月)08:33  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif 「平成の大合併」で誕生した地方自治体の財政危機が各地で表面化してきた。 大分県杵築市は歳入の減少で財政再生団体に転落する恐れがあるとして、緊急財政対策に着手する。 香川県さぬき市や山口県周南市は財政健全化策を進めてきたものの、財政の硬直化で苦境を脱出できていない。 国の優遇措置に飛びついて安易に大型事業を進めたつけが回ってきたわけで、拓殖大政経学部の宮下量久准教授(地方財政論)は 「(合併した自治体は)合併特例債の発行や合併算定替えによる地方交付税の増加...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】中国がドイツ企業を「ブラックリスト」に 企業版の信用格付け開始か - 01月18日(土)20:53  newsplus

中国当局がすでに一部のドイツ企業を、今年導入予定の企業版社会信用システムの「ブラックリスト」に入れたことがわかった。独メディア・ドイチェベレ中国語電子版は1月16日、ドイツ公共放送連盟(ARD)の経済番組「Plusminus(プラスマイナス)」の報道を引用して報じた。 これによると、中国当局は、期限までに企業年度報告の提出をしなかったとして、天津大衆汽車金融公司(Volkswagen Financial Leasing)、独大手建設会社ツプリン社(Ed. Zublin AG)の中国子会社などを当局のブラックリストに追加した。「信用度が低い」と評...
»続きを読む
カテゴリー:

【暗号資産(仮想通貨)マイニング事業】「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouが暗号資産マイニング事業「クリプトモールマイニング」の開始を発表 - 01月23日(木)12:00 

.1. 概要 2020年1月21日(火)”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは、暗号資産(仮想通貨)マイニング事業「cryptomall mining(クリプトモールマイニング)」の開始を発表しました。 現在、マイニング工場は北ヨーロッパのエストニア共和国にて設立中。同国の気候、地域特性、その他法制度を活用し、【世界初】となるマイニングで発熱した熱量を電力会社へ販売するシステムの搭載に成功しました。2.  「cryptomall mining(クリプトモール マイニング)」について(1) 暗号資産(仮想通貨)マイニングとは? 暗号資産(仮想通貨)マイニングとは、高い計算能力を持つコンピュータ(マイニングマシン)を用いて、ブロックチェーンに保存されている取引記録の承認作業を行うこと。 「ビットコイン(BTC)」など一部の暗号資産(仮想通貨)は、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記し、承認作業を行います。承認作業は、データの整合性と正確さが求められるため、膨大な計算量が必要です。 ですから、マイニングを行うために必要なリソースを、複数のネットワーク参加者が支えているということになります。 そして、正確に取引記録の承認作業を行うことに成功したネットワーク参加者に対し、成功報酬とし...more
カテゴリー:

【海外移住】日本人が移住したい国No.1のマレーシア、しかし国民の9割が海外移住を希望? - 01月22日(水)19:55  bizplus

2006年より13年連続で「日本人が移住したい国」のトップに輝いた、ロングステイ大国・マレーシア。温暖な気候で、豊かな自然に囲まれながらも都市部は発展していて、教育レベルもそこそこに高い。物価は安く英語が通じ、マレーシア人は明るく外国人に寛容だ。 ロングステイヤーが熱い視線を送り続けている楽園・マレーシアだが、2019年7月に行われた調査で意外なことが発覚した。なんと、マレーシア人の約9割の人が海外移住を希望しているというのだ。 キャリアアップのための海外移住は「当たり前」の選択 大手人材会社ランスタッ...
»続きを読む
カテゴリー:

サムスンがインドにスマホ向けディスプレイ工場設立、約550億円を投資 - 01月20日(月)12:45 

かつてインドのスマートフォン市場をリードしていたSamsung(サムスン)は、インド事業に5億ドル(約550億円)を投資し、ニューデリー郊外にディスプレイ製造工場を設立する。 サムスンは今月初めに現地当局に提出した書類の中で、この投資と計画を明らかにした。同社によると、この工場ではスマートフォン向けのディスプレイをはじめ、さまざまな電子機器を生産する予定だという。 また提出書類の中でサムスンは、(首都デリー南東近郊の産業都市である)ノイダの既存工場の土地の一部を新工場に割り当てたことを明らかにした。 サムスンは2018年、世界最大のモバイル製造工場をノイダに開設した。その工場のために、同社は約7億ドル(約770億円)を費やすことを約束した。 この新工場は、サムスンによるスマートフォン部品の現地生産能力をさらに高め、ニューデリーで提供されるさまざまな税制上の優遇措置を受けるために役立つはずだ。 これらの利点は、インドでのサムスンのリードに終止符を打った中国のスマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)と対峙する同社にとって、非常に役に立つだろう。 現在、5億人近いスマートフォンユーザーを持つ世界第2位の市場のインドにて、サムスンは第2位のスマートフォンメーカーだ。一部のアナリストによると、サムスンはここ数カ月、中国Realmeに市場シェアを奪われており、また同ブランドは2019年...more
カテゴリー:

“平成の大合併”の悲劇、なぜこうなった? 財政危機で苦しむ合併自治体が各地に - 01月20日(月)06:10 

「平成の大合併」で誕生した地方自治体の財政危機が各地で表面化してきた。大分県杵築市は歳入の減少で財政再生団体に転落する恐れがあるとして、緊急財政対策に着手する。香川県さぬき市や山口県周南市は財政健全化策を進めてきたものの、財政の硬直化で苦境を脱出できていない。国の優遇措置に飛びついて安易に大型事業を進めたつけが回ってきたわけで、拓殖大政経学部の宮下量久准教授(地方財政論)は「(合併した自治体は)合併特例債の発行や合併算定替えによる地方交付税の増加で自らの財政負担を十分認識できない状況の恐れがある」とみている。
カテゴリー:

アマゾン、優遇措置確保で高額の目標設定 後に撤.. - 01月17日(金)19:30 

アマゾン、優遇措置確保で高額の目標設定 後に撤回 アマゾンが第2本社の候補地選びに伴う優遇措置を模索し始めた17年、ベゾスCEOらは別の不動産プロジェクトのために追加で10億ドルを確保する目標も掲げていた #アマゾン
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「優遇措置」の画像

もっと見る

「優遇措置」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる