「健康寿命」とは?

関連ニュース

中小企業やスタートアップ企業にも健康経営を! シェアオフィス・レンタルオフィスへの「有国家資格者による出張はりきゅう・マッサージ」サービスを提供開始 - 11月20日(水)09:00 

治療院・整骨院業界の経営・WEBコンサルティング事業・福利厚生事業をおこなっている株式会社BE NOBLE(所在地:東京都中央区、代表取締役:飯塚 伸之)は、企業・法人向け出張鍼灸マッサージをおこなっている『OFFICE CARE』で、シェアオフィス・レンタルオフィスの会員への健康支援サービスを2019年11月11日にサービス提供開始を発表しました。今回の提供開始したサービスにより、資金・時間的な余裕のない中小企業やベンチャー企業への健康支援が可能となります。URL:https://福利厚生-健康.com/【出張鍼灸マッサージ『OFFICE CARE』のサービス概要】『OFFICE CARE』は、企業で働く従業員、シェアオフィス・レンタルオフィスの会員への鍼灸マッサージで、”ココロとカラダの健康支援”を定期的にお届けする出張施術サービスです。■3つの特徴(1)全員国家資格者専門知識・技術をもつ国家資格者(鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士)だから出来る施術と健康指導・アドバイス。整体師などによる出張リラクゼーションのサービスもありますが、慰安的なリラクゼーション目的だけではなく、企業(会員)の健康支援の一端を担うということなら国家資格は必須です。その理由は、国家資格を取得するには、専門学校・大学にて3~4年をかけて専門知識・技術を学び、さらに国家試験に合格する必...more
カテゴリー:

バーチャル介護サービス「LifePod」、音声技術を活用して介護負担を軽減! - 11月19日(火)12:00 

高齢者が次第に社会から孤立していったり、また介護の手が足らなかったりといった課題はアメリカにもある。音声技術によってこれを解決しようと、サブスク型バーチャル介護サービスが開始されたようだ。 ボストン発のヘルステック・スタートアップ「LifePod」は、AIとスマートスピーカー、医療/介護のナレッジをかけ合わせたソリューションを提供する。高齢者やその家族の生活の質を向上させるべく、音声による介護サービスを開発。18カ月のテスト期間を経てこのほどサービス開始に至った。 ・自然な音声対話による見守り LifePodのバーチャル介護サービスでは、主に音声による見守りやリマインダーを提供する。対話によるチェックイン機能でケアプラン通りの行動ができているかを見守るとともに、声かけによって投薬を促したり水の摂取をすすめたり……など、ケアプラン遂行を支援してくれるようだ。 部屋に置かれたスマートスピーカーが、事前にスケジューリングされたルーチンに沿って応答する。支援は自然な音声対話を通して行われるので、被介護者は操作方法や音声コマンドを覚える必要がない。 また、対話と励ましによって、社会参加や家族とのやり取りを促し、被介護者の孤立を回避する。 音声対話はデータの解析で最適化され、ポータルサイトから介護者がカスタマイズすることも可能だ。こういった革新性が評価され、LifePodは「2019 ヘルステ...more
カテゴリー:

虫歯予防で健康長寿目指そう 秋田市で全国大会 - 11月17日(日)14:55 

 「第41回むし歯予防全国大会inAKITA」が16日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。県内外から医療・学校関係者ら約170人が参加。講演やシンポジウムを通じ、健康寿命の延伸に向けた虫歯…
カテゴリー:

「血糖コントロールに関する糖尿病患者と予備軍の意識調査」を発表 - 11月14日(木)11:00 

健康診断で正常値であれば糖尿病の心配はない、は間違い! 糖尿病患者さんですら誤解している!? 知っているつもりで実は知らない血糖値  本日、2019年11月14日の世界糖尿病デーにあたり、『血糖トレンド委員会』(代表世話人:東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授 西村理明 以下、当委員会)は、全国に合計2,000万人いると推計1) されている糖尿病患者さんおよび糖尿病予備群における糖尿病管理、血糖コントロールの実態を把握すべく、意識調査を実施しました。  当委員会は、血糖コントロールの重要性、および「血糖トレンド」の概念とその活用方法について、医学的、学術的および患者さん視点でわかりやすく正確な情報発信を行うこと目的とした委員会です。 調査で明らかになった、糖尿病や血糖値に関する意識や対策の実態と、知っておきたい正しい情報についてまとめます。 1) 厚生労働省『国民健康・栄養調査』平成29年 【主な調査結果】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ■糖尿病・血糖コントロールに関する知識の理解状況をみると、正答率が50%以下の項目も多数。健康診断のHbA1cが正常なら糖尿病の心配はないと考えている人は2人に1人。 ■ほとんどの人が血糖値を気にしているものの、十分な対策ができているのは半数のみ。予備群...more
カテゴリー:

【私の健康づくり大作戦355】今より「10分多く」.. - 11月14日(木)10:00 

【私の健康づくり大作戦355】今より「10分多く」元気に身体を動かすことで健康寿命を延ばすことができると言われています。運動とあわせて野菜を一皿多くとる食生活とたばこを吸っている方は、禁煙に取り組むことも大切です。健康のために、できることから始めてみませんか。
カテゴリー:

靴選びが寿命を延ばす!100歳まで歩くためには...:ガイアの夜明け - 11月19日(火)12:22 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。11月19日(火)の放送では、"健康の要"といわれる「足」を守る靴の最新事情と、各メーカーがしのぎを削る開発競争の舞台裏に迫る。瞬足の「アキレス」が、足への負担を減らした靴を開発平均寿命が延び、「人生100年時代」といわれる中、特に転倒や骨折の原因にもなる歩行能力の低下は健康寿命を縮める大きな原因とされ、中高年を中心に、年々足への意識が高まっている。そんな追い風を受け、シューズメーカーでは歩きやすい靴の開発競争が熱を帯びていた。70年以上の歴史を持つ老舗企業「アキレス」は、かつて子供向けのスニーカー「瞬足」を世に送り出し、一大旋風を巻き起こした。2003年の発売以来、累計約7000万足の売り上げを誇る子供靴の定番となったものの、他社との競争が激化。そのため現在ではアキレスの靴の売上は、ピーク時の6分の1にまで減少した。かつてはシューズが会社の成長を牽引してきたが、今ではゴムボートや車の内装などに使われる素材部門が売り上げの8割以上を占め、シューズ部門は存亡の危機にある。シューズ部門立て直しのために勝負をかけて開発しているのが、「歩いても疲れにくい」が売りの大人向けブランド「アキレス・ソルボ」だ。素材メーカーとしての強みを生かし、圧力分散・衝撃吸収に優れた...more
カテゴリー:

大阪・関西万博 サブテーマ変更へ 「いのち」焦点の3つに - 11月18日(月)13:33 

 2025年大阪・関西万博の運営主体である「日本国際博覧会協会」が、万博のサブテーマを変更する方向で最終調整していることが18日、万博関係者への取材で分かった。健康寿命を延ばし、持続可能な社会の実現を目指す趣旨だったが「説明調で分かりにくい」との指摘があり、よりメインテーマに近づけたものにする。年内に博覧会国際事務局(BIE)に提出する具体的な運営計画(登録申請書)で、新たなサブテーマを明記する見通し。
カテゴリー:

全国ワースト「短命県」脱却へ 青森市「寿命延伸フェア」開催 - 11月15日(金)08:42 

 平均寿命が全国でも短い「短命県」脱却につなげようと、青森市は14日、同市新町の男女共同参画プラザで「あおもり健康寿命延伸フェア」を開いて健康診断や健康相談を受け付け、来場者に健康情報を啓発した。
カテゴリー:

【11月14日は世界糖尿病デー】血糖管理の正しい情報発信をする「血糖トレンド委員会」を設立 - 11月14日(木)11:00 

血糖管理の正しい情報発信をする「血糖トレンド委員会」を設立 報道関係者各位 2019年11月14日 11月14日の世界糖尿病デーにあたり血糖管理の正しい情報発信をする「血糖トレンド委員会」を設立~2019年、世界最大規模の学会で「血糖トレンド」が血糖管理の目標に加えられました~ 本日、2019年11月14日の世界糖尿病デーにあたり、東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授 西村理明を代表世話人とした『血糖トレンド委員会』(以下、当委員会)を発足いたしましたので、お知らせいたします。 当委員会は、血糖コントロールの重要性、および「血糖トレンド」の概念とその活用方法について、医学的、学術的および患者さん視点で分かりやすく正確な情報発信を行うことを目的とした委員会です。 国際糖尿病連合(IDF)によると、現在、世界では4億2,500万人1)が糖尿病に罹患し、今後も患者さんの急増が懸念されることから「糖尿病パンデミック」とも呼ばれる状態となっています。 また、日本でも糖尿病有病者、および糖尿病予備群はともに約1,000万人2)、合計約2,000万人にも上ります。 生活習慣病の医療費分析でも、糖尿病が医療費の第1位3)になるなど、糖尿病の予防とコントロールは国内外において社会的な課題となっています。 そのような中、近年、血糖値の推移や変動といった「血糖トレンド」を把...more
カテゴリー:

世界初、年収が上がる食事を教えてくれるAI オープンベータテストを実施 - 11月13日(水)11:30 

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、健康意識の高いオフィスワーカー向けにワークパフォーマンス改善につながる食事をAIがアドバイスすることで、年収をアップさせるという世界初のサービス「Work Up(ワークアップ)」(公式サイト:https://lp.work-up.tech/)を、同社関連ヘルステック企業である株式会社ドットテック(代表取締役:栢 孝文、東京都渋谷区)と共同開発し、本日から11月20日(水)昼12時までの1週間限定でオープンベータテストを実施いたします。■ 「Work Up」の特長[1] 食生活の生涯収入への影響を食事ごとに金額換算で数値化します。※当社調べで世界初。特許取得済。[2] 日々のワークパフォーマンスを専用ソフトで自動測定し、見える化します。※当社調べで世界初。特許出願中。[3] ワークパフォーマンスと健康状態を「W-Score」という新しい指標となる総合スコアで表示します。※W-ScoreのWは、Work&Wellnessを表しています。[4]何をどのように食べれば良いかをAIが食材からレシピまで具体的にアドバイスします。[5]余命や健康労働年数(当社独自指標)や生涯収入金額をシミュレーションして表示します。■ AIを駆使して「Work Up」が提供するサービスの詳細(1) 【AIメソッド】利用者が行っていない食生活や生活習...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「健康寿命」の画像

もっと見る

「健康寿命」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる