「個人投資家」とは?

関連ニュース

東京の感染者243人。岩田教授「完全に第二波突入です」ツイート - 07月10日(金)18:36 

東京都は10日、新型コロナウイルスの感染者を新たに243人確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては、9日の224人を上回って最多を更新。2日連続で200人を超えるのは初めてとなる。 神戸大・岩田教授が「東京は完全に第二波突入です」とツイート 東京都で新型コロナウイルス感染者の増加が止まらない。7月2日に100人を超えて以降、8日に100人を下回ったものの、連日3桁の数字が並んでいる。 そんな中、ことし2月にクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号の船内の様子を「悶絶するくらい恐ろしい」と述べた動画をYouTubeにアップし、大きな論争を巻き起こした神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎氏が10日、自身のツイッターで「東京は完全に第二波突入です」とツイートした。 東京は完全に第二波突入です。できれば第二波の発生は回避したかったのだが、、、 https://t.co/PEy8vHzLLn — 岩田健太郎 Kentaro Iwata (@georgebest1969) July 10, 2020 テレビの情報番組に出演している専門家や医師たちは、「第2波がきた」とは誰も明確にはコメントしていない。それだけに、自身のツイッター上とはいえ、感染症のスペシャリストである岩田教授が「東京は完全に第二波突入」と言い切ったことに重みがありそうだ。 また、岩田教授は東京都の感染者数が10日は243...more
カテゴリー:

個人投資家、ピーク時には株式市場の4分の1占め.. - 07月10日(金)14:21 

個人投資家、ピーク時には株式市場の4分の1占める-シタデル
カテゴリー:

プロの為替ディーラーも絶賛! リスクを抑えて年10%のパフォーマンス! - 07月10日(金)08:29 

 コロナショックはFX投資家の明暗を大きく分けた。これほどの急激な暴落があると、予想以上の損失となった人も多かっただろう。事実、店頭FXの取引情報によると、3月だけで個人投資家は1826億円以上もの損失を被ったという。 […]
カテゴリー:

スポーツビジネス領域PR・採用のHALF TIME、北島康介氏、井上康生氏などから資金調達 - 07月09日(木)16:39 

スポーツビジネスのPR・採用プラットフォーム「HALF TIME」(ハーフタイム)運営のHALF TIMEは7月9日、第三者割当増資および金融機関2行からの融資による総額1億円規模の資金調達を発表した。6月30日時点の引受先は、北島康介氏、野村忠宏氏、井上康生氏、太田雄貴氏をはじめとする23名の個人投資家、2社の事業会社。 今回の資金調達はシリーズAラウンドとなり、これまでシードおよびアーリーステージでは第三者割当増資を行っておらず、同社初の第三者割当増資による資金調達となる。 今回の資金調達により、オンライン事業の拡大と海外事業の立ち上げによる事業拡大を目指し、Webサービスでは一層のUI/UXの改善、新機能の追加開発、顧客・ユーザー獲得のマーケティングに注力。海外事業では特にアジアを重点市場と位置付けているという。また、今後シリーズBラウンド以降も積極的に資金調達を実施し、同社ミッションの実現に向け迅速に事業を展開するとした。 HALF TIMEは2017年8月設立のスタートアップ企業で、スポーツビジネス・プラットフォーム「HALF TIME」を運営。同プラットフォームでは、ビジネスパーソン向けのスポーツビジネス専門メディアと、法人向けの採用およびPR・ブランディングサービスを提供している。 また、スポーツビジネスカンファレンス「HALF TIMEカンファレンス」を継続開催し、...more
カテゴリー:

個人が非上場スタートアップに投資できる「CAMPFIRE Angels」、先行登録を受付開始 - 07月09日(木)12:50 

CAMPFIRE傘下のDANベンチャーキャピタルは7月9日、株式投資型クラウドファンディング運営サイト「CAMPFIRE Angels」(キャンプファイヤー エンジェルス)を発表した。従来運営サイトをリニューアルオープンしたもので、2020年8月17日から提供を開始する。 また、7月9日から資金調達を希望する事業会社の募集受付開始と同時に、スタートアップはじめ非上場会社への株式投資を検討されている投資希望者を対象にした、先行登録を開始する。資金調達を希望する事業会社の募集受付ページ、または投資希望者を対象とした先行登録ページにおいて登録が可能。 AMPFIRE Angelsは、非上場会社がサイト上で自社株式の募集を行うことで、個人支援者(エンジェル投資家)から少額ずつ資金調達できる株式投資型クラウドファンディングサービス。登録投資家は、プロによる厳正な審査を通過した未上場株式に投資でき、スマホからスタートアップの株主になれる。 日本では、2020年4月施行の改正税法で「エンジェル税制」を拡充。認定業者を通じた株式投資型クラウドファンディングによる投資について、一定の要件を満たす場合、投資家は投資金額の全額または一部を所得から控除できるようになった。なお、DANはエンジェル税制における認定業者として登録されている。 AMPFIRE Angelsは、DANが金融商品取引法に基づき運営...more
カテゴリー:

個人投資家、ピーク時には株式市場の4分の1占め.. - 07月10日(金)16:16 

個人投資家、ピーク時には株式市場の4分の1占める-シタデル
カテゴリー:

コロワイドの提案(セントラルキッチン導入)退けた大戸屋、再建になおも立ちふさがる“究極のジレンマ” - 07月10日(金)13:49  newsplus

「調理方針刷新」だけでなかったコロワイドの真の狙い  こうした状況に対してコロワイド側はセントラルキッチン方式の導入を求めたが、大戸屋は店内調理にこだわり、対立が深まったとされる。だが、調理方針を巡る対立はおそらく表面的なものである可能性が高い。  大戸屋の窪田健一社長はすでにカット野菜の導入に言及しており、店内調理の一部を見直す方針を示している。カット野菜の導入は労働環境改善が目的ということだが、これはコロワイドとの協議の中で出てきた方針と思われる。つまり大戸屋側は創業以来の方針であった店内...
»続きを読む
カテゴリー:

国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較 - 07月09日(木)19:10 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント 1. Coincheck 2. GMOコイン 3. DMM Bitcoin 4. bitflyer 5. TAOTAO 6. SBI VCトレード 7. ディーカレット 仮想通貨取引所の特徴を理解して利用すること >国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。 日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。 ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。 1. Coincheck 最初は日本でも老舗の仮想通貨取引所であるCoincheckです。Coincheckは2018年に起きた仮想通貨ネム(XEM)のハッキング事件の後、マネックスグループ...more
カテゴリー:

未公開株投資のメリット・デメリットは?投資の際の注意点も - 07月09日(木)15:21 

「株式投資」と言えば、一般的に証券取引所に上場している企業の株式に対する投資を指します。それに対して、上場していない企業の株式に投資を行う投資手法は「未公開株投資」と言い、今後の成長性やリターンへの期待から人気があります。しかし、未公開株の入手方法は限られており、流動性も極端に低いなどのリスクに注意を払う必要があります。 この記事では、投資初心者の方向けに未公開株投資の特徴、メリット・デメリット、始める際の注意点などについて詳しく解説するので、ご参考ください。 目次 未公開株投資とは 1-1.非上場企業の成長性に期待する投資 1-2.ハイリスク・ハイリターン 1-3.未公開株を入手する方法は? 未公開株投資のメリット 2-1.将来性のある企業に投資ができる 2-2.上場時には大きな利益を期待できる 2-3.株式を安く入手できる 未公開株投資のデメリット 3-1.取引に時間がかかる 3-2.流動性が低い・現金化が難しい 3-3.個人が投資できる金額は大きくない 未公開株投資の注意点 4-1.未公開株を評価するには専門知識が必要 4-2.詐欺案件もある 4-3.公開株に比べてルールが変わりやすい まとめ 1 未公開株投資とは 未公開株投資では、株式市場に上場していない、非上場企業の株式に対して投資を行います。一般的に株式市場に企業が上場するのは資金調達や企業のブランディングが目的で...more
カテゴリー:

官邸SNS運営からTVニュース買い切りも。日本を牛耳る電通の正体 - 07月07日(火)20:19 

毎日新聞が3日、「首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり」と題した記事を公開しました。以前からそのような噂は出ていたものの、首相官邸のSNSの運営に大手広告代理店「電通」の社員が一部関わっていたことが大手紙で報じられたことに衝撃が走っています。コンサルタントの今市太郎さんは自身のメルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』で、電通と官邸の蜜月を疑いつつ、意外にも知られていないテレビ番組と電通の「買い切り枠」という暗部についても暴露しています。 首相官邸のSNS運営を電通マンが担当? 安倍「謀略志向」政権の中身がまた露呈 つい先日、持続化給付金の支給に関するアウトソーシングの業務委託を、電通などが引き受けているのは業者採用要件から考えても全くおかしいという内容のメルマガを配信させていただいたばかりですが、今度は毎日新聞が首相官邸のSNS運用を担う内閣官房広報調査員のうちの1人を、またしても電通から受け入れていると報じ、安倍政権のネット情報発信に関して電通が深く関わっていることが明るみに出ました。 前々から、首相官邸が電通を使ってSNSによるコミュニケーションコントロールをしているという噂は常にあったわけですが、一応公募の形をとっているものの、すでに前任者にも電通の出身者がおり、電通枠が常態化していることは、どうやら間違いのない状況のようです。 妙に経...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「個人投資家」の画像

もっと見る

「個人投資家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる