「個人投資家」とは?

関連ニュース

日本ファルコム、ゲーム好調で上方修正 - 09月30日(水)12:22  poverty

日本ファルコム、年初来高値 ゲーム好調で上方修正 話題の株 29日の東京株式市場でゲームソフトの開発・配信を手掛ける日本ファルコム株が一時11%(153円)高の1527円まで上昇し、年初来高値をつけた。同日の取引時間中に2020年9月期の業績予想が従来見通しから上ぶれたと発表。個人投資家を中心とする買いが集まった。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO64384700Z20C20A9ENI000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

債券投資のリスクと対策方法は?金融ストラテジストが初心者向けに解説 - 09月29日(火)15:32 

債券投資には様々なリスクが伴います。債券には国債と社債がありますが、ここでは社債に投資する際のリスク、一般債のリスクと対策方法について解説します。 債券投資の場合、マーケットに大きな変化があった時にはヘッジすることがありますが、個人投資家が債券リスクを回避する方法は限られています。個人投資家が債券投資する場合は「守りに徹する」ことで、ある程度のリスクを回避することができます。一例として、格付けの低い債券は購入しない、超長期債は購入しないなど投資基準を決めて銘柄を選ぶことが挙げられます。 まずは、債券の格付けについて知っておくことが必要です。その点に触れた上で、債券投資のリスクと、個人が取れる対策について解説します。 目次 債券の格付けとは? 債券投資のリスクと対策方法 2-1.信用リスクの対策:格付けを利用 2-2.価格変動リスクの対策:超長期債を避ける 2-3.流動性リスクの対策:買ったら償還まで保有する 2-4.為替リスクの対策:高インフレ国の通貨を避ける 2-5.インフレリスクの対策:超長期債を避ける まとめ 1.債券の格付けとは? 格付けとは、企業が発行する債券について、元本および利息の支払いが償還まで発行時の約束通りなされる可能性と確実性を示した情報をいいます。一般的に、民間の格付機関が評価する「格付け」が利用され、信用度の高いものからAAA(トリプルA)、BBB(ト...more
カテゴリー:

2020年10月株主優待!個人投資家注目の20万円銘柄は? - 09月28日(月)12:20 

10月権利確定の株主優待銘柄は35銘柄しかありません。この35銘柄から10万円以上20万円以下の投資金額で、株主優待が貰える銘柄は9銘柄です。その9銘柄の中から個人投資家の注目度の高い順にご紹介いたし…
カテゴリー:

株←年5%増やせればかなり優秀+個人投資家の90%は損してる - 09月26日(土)15:58  news4vip

僕「貯金してたほうがマシでは…?」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

クラウドクレジット、機関投資家向けプライベートファンド2号運用開始 - 09月24日(木)15:08 

クラウドクレジット株式会社は9月23日、国内大手上場会社の資金を運用するプライベートファンド2号を組成し、運用を開始した。2019年2月に公表した1号ファンドと同様、オンラインプラットフォームを通じ、アジア地域の消費者に向けて貸付を行うファンドとなる。 同社は、日本に比べ銀行の貸出余力が低く資金需要が大きい国の資金需要者を対象に、日本の余剰資金をローン投資という形で融資している。グローバル規模での資金需要と供給を繋ぐことで、高い表面利回りを実現しているのが特徴。特に、経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す社会的インパクト投資に重点を置いている。 社会的インパクト投資では「日本の個人投資家と世界の信用市場をつなぐ」をコーポレートミッションに、これまで多くの国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービスを貸付型クラウドファンディングの形態で提供。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会や、低金利下の日本において期待利回りが年利約 2.5%~13.5%を提供する商品を作りだしてきた。2014年6月の創業以来から、これまでのファンド実績は累計出資金額315億1659万円に上る。 昨年スタートした機関投資家向けプライベートファンドは、個人投資家だけでなく、国内法人の資金を対象に広げ、投資家と海外の資金需要者の双方にこれまで以上の付加価値を生み出すとともに、同社の収益基盤の...more
カテゴリー:

LINE証券、サービス1年で31万口座突破。野村HDと21年にiDeCo提供開始、シナジーでシェア獲得目指す - 09月30日(水)01:02 

LINE証券株式会社は9月29日、スマホ投資サービス「LINE証券」の口座開設数がサービス開始から約1年で31万口座を突破したことを公表した。株式会社ショッパーズアイが実施したネット証券大手9社を対象としたインターネット調査では20 代投資家が選ぶ3部門で1位となり、3冠を獲得。同日に開催した戦略説明会では、野村ホールディングス(HD)株式会社と初めてサービス連携し、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の提供を21年から開始する計画を明らかにした。説明会では2022年に100万口座、営業収益100億円を達成するという目標も示され、ネット証券業界におけるシェア獲得が加速化しそうだ。 LINE証券は、LINE株式会社の金融事業子会社であるLINE Financialが野村HDと共同で設立した企業。19年8月にスマホ専門のネット証券会社として事業を開始。「新しい総合証券サービス」を理念に掲げ、19 年8月の事業開始時以来、無料通話アプリ「LINE」の強みである豊富なユーザーベースやユーザビリティの高いデザインに、野村グループの金融ビジネスのノウハウを活かし、独自のサービスメニューを提供。1 株単位で取引できる「いちかぶ(単元未満株)」、19年11 月には投資信託、20年3月からは FX取引サービス「LINE FX」、 5月から取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずかな期...more
カテゴリー:

「経営参画して欲しいと言われるレベルで募集会社に向き合う」イークラウドが実現するベンチャー投資とは? - 09月29日(火)11:25 

2020年6月にサービスを開始し、第1号案件「地元カンパニー」では300人以上から約5,000万円を集めて話題となった株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」。プロの目を通して厳選されたベンチャー企業に最短即日から投資可能で、全案件で株主間契約を結ぶことも大きな特徴です。また、運営会社であるイークラウド株式会社は、2020年8月20日にエンジェル税制の認定事業者としても認定されています。 今回、HEDGE GUIDEではイークラウド株式会社代表取締役の波多江直彦さんに、イークラウドで実現できる世界観や魅力について伺いました。株式投資型クラウドファンディングやイークラウドの利用を検討されている方は、ぜひご参考になさって下さい。 話し手:イークラウド株式会社 代表取締役 波多江 直彦氏 2006年慶應義塾大学法学部卒業後、サイバーエージェントに入社。広告代理部門、スマホメディア、オークション事業立ち上げ、子会社役員等を経て、サイバーエージェント・ベンチャーズで投資事業に従事。その後XTech Venturesにてパートナーとして、VR・SaaS・モビリティ・HRTech・シェアリングエコノミー・サブスクリプションサービス等への投資実行を担当。2018年7月にイークラウド株式会社を創業、代表取締役に就任。 目次 プロによる厳選したベンチャー企業で効果的な投資を実現 Q1.株式投...more
カテゴリー:

【元トレーダーが解説】移動平均線1本でビットコインのトレンドを把握する方法 - 09月28日(月)10:30 

これから暗号資産FXをしようと思っていても最初テクニカル分析の勉強で何からすればいいかわからない方も多いでしょう。ローソク足や移動平均線、RSIやストキャスティクス等のオシレーター等、基本的な知識をつけようと、勉強する方は多いと思います。 特に初心者にとって重要なポイントは「トレンドに沿ったトレードを行うこと」です。よく、「個人投資家は逆張りを好む」と言われますが、実は順張りトレードが一番心理的負担が少なく、資産運用として比較的利用しやすい手法です。 ここではトレンドに沿った順張りトレード手法の一つとして、移動平均線を1本だけ利用した方法をご紹介したいと思います。 目次 移動平均線とは 移動平均線を利用したトレンド判断 移動平均線を利用したシンプルな投資法 移動平均線はトレードに必須の判断材料 ①移動平均線とは 移動平均線とは設定した時間足における一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものです。集計期間が長ければ長いほど移動平均線は緩やかな動きになります。逆に集計期間が短期なほど、直近のローソク足に沿って敏感な形になります。例として下記の移動平均線をご覧ください。 こちらは、ビットコインの日足チャートに移動平均線を表示したものです。黄色が「5日単純移動平均線」で、赤色は「25日単純移動平均線」です。 このように、5日単純移動平均線はより敏感に動いており、25日...more
カテゴリー:

電動船外機の性能を向上させるPure Watercraftが約24億円調達 - 09月25日(金)19:30 

電気自動車が実用化され始めたのは10年ほど前のことだが、いまではこの技術が水上で展開される準備が整ったようだ。Pure Watercraftは、50馬力程度までのボートのニーズにおいて通常のガスエンジンから電動船外機に置き換えたいと考えている。同社は2340万ドル(約24億6700万円)を調達したばかりだ。 同社の船外機は従来のものとほぼ同じように機能し、スーツケースサイズのバッテリーパックで稼働する。もちろん乱流の音以外はとても静かだ。釣りや湖の周遊に適した3〜6mのボートに使用される船外機の代替となり得るものが、価格に関しては少し違う。 創設者でCEOのAndy Rebele(アンディ・レベレ)氏が同社を創業したのは2011年のことだが、当時はまだ時が熟していなかったのだろう。「モデルSはまだリリースされておらず、ボートを電気式にする計画は事実上資金調達が難しい状況でした」と同氏は語る。 レベレ氏は2016年に自分の資金の投入と控えめな資金調達を実施しているが「当時は腹を決めて成功を信じるしかなかった」と振り返る。 「この小さな市場が拡大していくと信じるしかありません」と同氏は続ける。「私たちはバッテリーパックのアーキテクチャー全体を開発しましたが、現時点で数百万ドル(約数億円)を投じています。しかし、私たちの投資家は、自動車やトラックほど注目されていない全く新しい運輸セクター...more
カテゴリー:

専門家が解説!Coincheckの積立サービスを活用して資産運用を行う際の注意点とおすすめの手法 - 09月24日(木)14:00 

証券会社を経て、暗号資産(仮想通貨)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 Coincheckつみたてとは? Coincheckつみたてを利用するときの注意点 暗号資産で積立を行う場合のおすすめ手法 積立は目標金額を決めて行うこと 暗号資産というプロダクトは徐々に世界でも浸透しており、元々は怪しいと思われていたものが、現在ではなくてはならないものという認識にシフトしてきています。 その動きと共に暗号資産に投資をするという動きも一般的になりつつあり、暗号資産のFXは日本でも徐々に認知され始めているのではないでしょうか。これまで法定通貨でFXを行っていた方が暗号資産FXへシフトし、その逆もしかりです。 そして現在では資産運用のための商品の一つとしてポートフォリオに組み込む動きが個人投資家、機関投資家の間で続いており、これから中長期的にどのように資産運用として投資すべきか考える投資家も多くなってきてるでしょう。 ここではそのような日本の個人投資家の強い味方にもなる自動積立システムをCoincheckが提供しているので解説していきます。 Coincheckつみたてとは? Coincheckつみたてとはその名の通り日にちを決めて自動的に暗号資産を購入してくれる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「個人投資家」の画像

もっと見る

「個人投資家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる