「修復工事」とは?

関連ニュース

国宝「光浄院客殿」伝統的技法による修復工事が初公開 大津 - 08月17日(土)12:55 

大津市の三井寺にある国宝の建物の修復工事の様子が公開され、訪れた人たちが薄く割った板を屋根に重ねる伝統技法の「こけらぶき」と呼ばれるふき替え作業を見学しました。
カテゴリー:

明治神宮 「ご神体」を戻す儀式 本殿の修復工事.. - 08月11日(日)01:49 

明治神宮 「ご神体」を戻す儀式 本殿の修復工事終え 
カテゴリー:

6月に破壊された「新宿の目」の修復工事が完了し.. - 08月10日(土)10:09 

6月に破壊された「新宿の目」の修復工事が完了しました
カテゴリー:

清代の住宅、台南市「陳世興宅」の修復工事がスタート - 07月30日(火)00:00 

台湾南部・台南市が市の文化財に指定している「陳世興宅」の修復工事を始めるにあたり、29日には古来からのしきたりに則って、線香を焚いて着工を祝うと共に「陳世興宅」の四方のレンガや壁などを金槌で叩いて一周する儀式が執り行われた。   「陳世興宅」は台南市中西区忠義路の路地にある。周辺には国が指定する文化財である赤崁楼、祀典武廟、大天后宮のほか、台南市の文化財である萬福庵照牆もあるなど、ここは台南文化の中心的な区域で伝統的な「閩式建築」(中国大陸・福建省の建築様式)の特色と風格が保たれている。   「陳世興宅」は台湾に現存するもっとも古い住宅建築の一つで、推定では乾隆15年(1750年)に建てられたものとされる。建築面積は350坪以上で、「正廳」(正面の大広間)の高さは6.4mに及ぶ。構造的な特色としては、台南地区特有の様々な形式の「鉄剪刀壁鎖」を残した山型の壁が挙げられる。「鉄剪刀壁鎖」は壁と内側の梁を固定しておくためのもの。壁に埋め込まれた鉄製のハサミのようなデザインになっているもののほか、ここには「S字型」、「T字型」、「X字型」のものも残っている。また、重さを支える壁に使われたレンガの「顔只磚」、屋根瓦の様式、木枠の中は藁と石灰・粘土・砂を混ぜ合わせた土で作った壁、そして広い軒の下に敷かれた花崗岩の石段など、いずれも台湾の住宅建築としてはまれな例だという。 &...more
カテゴリー:

明治神宮 改修終了、御神体を本殿へ戻す - 08月11日(日)05:19 

 東京の明治神宮で行われている創立100年に向けた大規模な改修工事がほぼ終了し、御神体を仮殿から本殿に戻す「本殿遷座祭」が行われました。  薄明かりのなか、集まった大勢の神職ら。東京の明治神宮では、2020年の創立100年に向けて、およそ60年ぶりとなる大規模な改修工事が行われています。  このため、御神体も本殿から仮殿へ、一時的に移されていましたが、本殿の修復工事が完了し、10日、御神体を本殿に戻す「遷座祭」が行われました。暗がりのなかを白い布で囲まれた明治天皇と昭憲皇太后の御神体がゆっくりと本殿へ運ばれました。  12日の、「奉幣の儀」と呼ばれる儀式を終えると始まる仮殿の解体工事をもって、明治神宮の修復工事は終了します。(11日02:27)
カテゴリー:

明治神宮 ご祭神お引っ越し - 08月10日(土)21:12 

 来年11月に鎮座100年を迎える明治神宮(東京・代々木)で10日夜、本殿の修復工事完了に伴い、ご祭神が仮の社殿から本殿へと遷る本殿遷座祭(せんざさい)が始まった。この日は天皇陛下の勅使が差遣(さけん)され、明かりを消した中で、ご祭神を遷す「遷御(せんぎょ)の儀」が厳かに執り行われた。
カテゴリー:

壊された「新宿の目」に光戻る  - 08月09日(金)13:25 

2019年6月、何者かに破壊された「新宿の目」の修復工事が終わり、9日、オブジェに光がともされた。  新宿のランドマークの1つ、新宿駅西口地下広場にある「新宿の目」に、9日、新しいガラスが取りつけられ
カテゴリー:

「修復工事」の画像

もっと見る

「修復工事」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる