「価格転嫁」とは?

関連ニュース

「価格転嫁の商習慣化」促進 日本商工会議所、賃上げ持続狙う - 07月17日(水)20:11 

 日本商工会議所は17日、中小企業の経営課題を話し合う夏季政策懇談会を東京都内で開き、賃上げの余力を確保するため「価格転嫁の商習慣化」を目指すことを確認した。大企業との価格交渉力を高めて人件費などのコスト上昇分を製品価格に反映しやすい環境をつくる。企業収益を向上させ、持続的な賃上げを実現する狙い。
カテゴリー:

【最低賃金 審議】商工会「大幅な賃上げは無理!経営が苦しいの!やめて!」 - 07月11日(木)15:04  poverty

今年度の最低賃金の引き上げは 厚労省の審議会で議論本格化 今年度の最低賃金について議論する厚生労働省の審議会は、10日から議論が本格化し、労働者側は物価の高騰などを受け大幅な引き上げを求めた一方で、企業側は大幅な引き上げには慎重な姿勢を示しました。 ことしの春闘の賃上げ率は連合の集計で5.10%と33年ぶりの高い水準となりましたが、現在、全国平均で時給1004円となっている最低賃金は、今年度どこまで引き上げるか、その目安が厚生労働省の審議会で議論されています。 10日に開かれた2回目の審議会で、労働者...
»続きを読む
カテゴリー:

2024年春闘賃上げ率は4.98%で過去最高 佐賀県内企業 - 07月10日(水)23:06 

2024年春闘は大企業での満額回答が相次ぎ、引き上げ機運は中小企業が多い佐賀県内の企業にも波及、賃上げ率は4・98%で過去最高となっている。一方で、原資の乏しさや価格転嫁の難しさから、賃金への反映が難しく、頭を悩ませる企業もある。 県内を中心に展開するスーパーモリナガ(堤浩一社長)では、定期昇給を含め、例年の倍以上になる約1万6千円引き上げ、今春から初任給も2万円以上高い21万500円にした。さらに来年から、稼ぎ時の元日から3日まで全店休みにするという。
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2024年) 2023年度の化粧品受託製造市場は前年度比104.2%の3,456億円 - 07月05日(金)11:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の化粧品受託製造市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2023年度の化粧品受託製造市場(事業者売上高ベース)は前年度比104.2%の3,456億円となった。2023年度は新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが5類に移行したことを背景に、マスク着用の機会が減少することで化粧品需要の回復が期待されたものの、想定したほど店頭での化粧品販売に結びついていない側面も見受けられた。2023年度の受託案件数は総じて緩やかな動きで推移することとなった。一方、原材料や容器・包装資材、光熱費、物流人件費等の高騰を受けて、化粧品受託製造企業はクライアント(化粧品ブランドメーカーや異業種参入企業)に対して受託価格の改訂交渉を積極的に行う動きが活発化した。価格転嫁分は化粧品受託製造企業の売上高に上乗せされ、化粧品受託製造市場規模は前年度を上回る結果となった。2.注目トピック~韓国製化粧品の輸入量増加による日本製化粧品の生産量への影響韓国から日本国内への化粧品輸入が急増している。財務省の貿易統計によると、2016年以降急増している韓国から日本への化粧品輸入金額は2022年は775億2,100万円(前年比124.9%)となり、国別でフランスから日本への輸入金額を抜いた。さらに、直近の2023年の化粧品輸入実績でも...more
カテゴリー:

【経済】日銀短観 大企業製造業の景気判断 +13ポイント 2期ぶり改善 - 07月01日(月)11:35  newsplus

日銀は短観=企業短期経済観測調査を発表し、大企業の製造業の景気判断を示す指数は価格転嫁の進展や半導体の生産の回復を背景にプラス13ポイントとなり、2期ぶりに改善しました。一方、大企業の非製造業の指数はプラス33ポイントでしたが、前回調査を1ポイント下回り16期ぶりに悪化しました。 日銀の短観は国内の企業9000社余りに3か月ごとに景気の現状などを尋ねる調査で、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた指数で景気を判断します。 今回の調査は6月下旬までのおよそ1か月間行われ...
»続きを読む
カテゴリー:

最低賃金、政府目標「1500円」に中小企業が警戒感…「価格転嫁も進まない中で負担重い」 - 07月13日(土)13:56  newsplus

 最低賃金(時給)を巡る議論の本格化に伴い、中小企業がその行方を注視している。昨年、最低賃金は初めて全国平均で1000円を超え、政府は早期の1500円達成に意欲を見せる。ただ、大手企業に比べて賃上げ余力の乏しい中小には負担が重く、警戒感を強めている。(石黒慎祐)  「価格転嫁も進まない中で、さらなる賃上げは厳しい。中小企業の業績を十分踏まえた最低賃金の議論をしてほしい」  神奈川県内で住宅用ガス設備販売会社を経営する50歳代男性は、危機感を募らせる。同社の従業員数は30~50人。人数...
»続きを読む
カテゴリー:

最低賃金引き上げ、企業側が必死の抵抗……「零細企業は賃金上昇を価格転嫁できずにいる」苦境訴え - 07月11日(木)02:41  news

最低賃金引き上げ、労使に溝 労務費の価格転嫁進まず https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA102L30Q4A710C2000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

物価高倒産、半期最多の484件 「建設業」「製造業」は100件超 コスト増に価格転嫁追い付かず(帝国データバンク) - 07月08日(月)10:00 

 燃料や原材料などの「仕入価格の上昇」により収益が維持できず倒産した「物価高」倒産は、2024年上半期に484件と、半期ベースで過去最多を更新した。前年同期(375件)を約3割上回っており、現状のペー
カテゴリー:

「価格転嫁」「適正時価」推進に専門家伴走 佐賀県新規事業 収益UP→賃上げの好循環を - 07月02日(火)23:07 

佐賀県は本年度、下請けの中小企業がコスト上昇分を価格転嫁できるよう、発注側との価格交渉を専門家が伴走支援するプロジェクトをスタートする。合わせて、優れた商品にふさわしい「適正な時価」を付ける研究事業にも着手。中小企業の収益をアップさせることで賃上げの原資確保につなげ、県内経済の好循環を実現する狙い。 中小企業は納入先の大手企業に対し、原材料価格やエネルギーコスト、労務費の上昇分を取引価格に転嫁する交渉がうまくいかず、賃上げが進まない実情がある。
カテゴリー:

【下請法違反】トヨタ系、下請け50社に金型を無償で長期保管させる…最大30年・被害総額は数億円の可能性 - 06月30日(日)14:33  seijinewsplus

 自動車部品の大量生産に必要な金型を下請け業者に無償で長期間保管させたなどとして、公正取引委員会が近く、トヨタ自動車系列の車体製造会社の下請法違反(利益提供要請の禁止など)を認定し、再発防止を求める勧告を行う方針を固めたことがわかった。保管の強要は全国約50社の下請け業者に及ぶとみられる。トヨタ側は違反を認め、被害相当額を業者側に全額支払う見通しだ。 ソース: https://news.yahoo.co.jp/articles/7237b597507d8d6ccaed618d102d2d419923c962 (https://www.yomiuri.co.jp/national/20240629-OYT1T50196/...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる