「使用率」とは?

関連ニュース

「腹が減るとAIすらもポンコツ化する」スニッカーズが証明 - 05月16日(木)06:00 

“空腹”とはなんと煩わしいものだろうか。お腹が空くとイライラしたり、集中できなくなったり……「腹が減っては戦ができぬ」という言葉があるように、空腹は人類最大の敵。そして、これはAIにとっても同じなようだ。「いやいや、機械には関係ないでしょ?」と思ったそこのあなた、4月にスニッカーズが発表したキャンペーン動画をご覧あれ。© Mirum/Youtube「スニッカーズ(Snickers)」ではなく「スニーカー(Sneakers)」を食べる人、「砂漠(Desert)」ではなく「デザート(Dessert)」の中を歩くラクダ……。空腹で集中力を失ったユーザーのタイプミスにより、AIが生成する画像も奇想天外なものに。決め台詞は「Don’t AI When You Are Hungry(空腹の時は、AIを使わないで)」。人間の指示を的確にこなすAIだが、空腹によって我々がポンコツと化してしまえば、同じくポンコツな作業しかできなくなってしまうのだ。ちなみに、キャンペーンが展開されるブラジルは、世界で4番目の使用率を誇るAI大国。現地のスニッカーズファンたちは「チョコレートでお腹いっぱいになんてならない」とボヤきながらも、Instagramに続々と上がるタイプミス動画には毎度爆笑の絵文字で反応している。話題性...more
カテゴリー:

【芸能】指原莉乃、去年まで彼氏がいたと暴露! 破局の原因は女性専用風俗通い? - 05月03日(金)09:40  mnewsplus

「去年、付き合っていた人とこれ、よく遊んでいたんです」「もしやってる最中に泣いたらごめんなさい」 聞かれてもいないのに、自ら元カレとの思い出を語り始めたのは、4月1日放送の『ラヴィット!』(TBS系)にゲスト出演した指原莉乃だ。 この日の『ラヴィット!』(TBS系)で彼女は「オススメのビックリしたもの」として、ニンテンドースイッチの人気ゲーム『オーバークック 王国のフルコース』を紹介した。 「指原いわく、普段は温厚な元カレが、このゲームを一緒にやっているときだけは、すごく怖くてビックリしたとのこと...
»続きを読む
カテゴリー:

2028年までに企業の75%がAIコードアシスタントを利用 ガートナー - 04月30日(火)08:00 

Gartnerは「ソフトウェアエンジニアのAIコードアシスタント使用率」に関する予測を発表した。それによると「2028年までには、企業の75%がAIコードアシスタントを利用するようになる」という。
カテゴリー:

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2024年 コスメ積極投資タイプの実態と今後のニーズについて調査結果を発表 - 05月09日(木)10:30 

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、2024年 コスメ積極投資タイプの実態と今後のニーズについて調査を実施、その結果を発表した。【調査結果】◆今回、化粧品にお金をかけている女性の意識・美容行動の実態を探るべく、『スキンケアおよびメイクアップを週1回以上行っており、現在使用している化粧品(スキンケア)の総額が2万円以上の20~70代の女性』=『コスメ積極投資タイプ』1,236人を対象にアンケート調査を実施した。◆その結果、調査対象者であるコスメ積極投資タイプの年代別の構成比は、50代が24.2%で最も多く、次いで40代、60代の順に出現率が高くなっている。◆コスメ積極投資タイプが化粧品を知るきっかけの情報源としては、「家族・友人」「化粧品専門店・コスメカウンターの店員・美容部員」「商品・ブランドやメーカーのWEBサイト」などが上位にあがった。一方、20~30代は「SNS(Instagram)」が最も多い。◆コスメ積極投資タイプはスキンケアを選ぶ際、「満足できる効果実感」や「悩みを解決できること」を重視しているほか、「使い心地」や「テクスチャー」についても一般女性よりも重視している傾向が強い。また、「安心・安全」であることの判断基準についても、一般女性が「無香料」や「無着色」、「敏感肌でも使える」ことを重視しているのに対して、コ...more
カテゴリー:

アメリカ、大麻の規制緩和へ。「危険レベル」の分類を下げる方向【米報道】 - 05月01日(水)14:00 

イメージ写真【こちらもおすすめ】大麻使用率、ついにタバコを上回る アメリカアメリカの麻薬取締局が、大麻を乱用の危険性などが最も高いとされる「1類」薬物のリストから除外する方向で動いている、とAP通信やNew York Timesなどが4月30日に報じた。今や、アメリカで大麻は広く使用されており、実際に人を殺す可能性のある薬物の危険性と混同するのをやめるよう、活動家たちが訴えを続けていた。大麻はアメリカの24の州で、嗜好用としても合法化されているが、「乱用の可能性が高く、重度の心理的・身体的依存を引き起こす可能性がある」とされ、麻薬取締局によって長い間「1類」に分類されてきた。しかし、大麻使用による障害は稀であり、過剰摂取で死亡した人はいない。一方、モルヒネを原料とする合成オピオイドであるヘロインの過剰摂取は、毎年1万4000人以上のアメリカ人の命を奪っている。また「1類」薬物は、「現在認められている医療用途がない」薬物だとされているが、大麻は現在、38の州でガンやHIV/AIDS、多発性硬化症など多くの病気の症状を治療するために医療使用が認められている。3月には、カマラ・ハリス副大統領が大麻の分類をできるだけ早く移行するよう連邦政府に呼びかけ、「大麻を吸ったからといって、誰かが刑務所に行くべきではない」と述べたばかり。AP通信の報道によると、大麻は現在の「1類」から「3類」に引き下...more
カテゴリー:

こんなの見てる