「作品群」とは?

関連ニュース

懐かしの名作ぞろい! 80年代に生まれたおすすめ傑作映画10選 - 06月06日(土)23:10  mnewsplus

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『トップガン』、そして『E.T.』などの多くの名作が、80年代に生まれました。  1980年代はアメリカ映画業界にとって、非常に重要な時代でした。なぜなら、多くの人々の記憶に残る数多くの大ヒット作が大手映画スタジオの手によってつくれたからです。  それまでの時代の作品群と異なることとしては、ビデオフィルターやキーイング(画面から人物だけを抜き出すような…)、画面分割、トランジション(カットとカットをつなぐときの切り替え効果)の映像効果もさらに駆使するようになり、これ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ピクサー」がゲイカップルを主役にした短編作品『Out』を製作 - 06月01日(月)19:00 

米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。ピクサー史上初となる“LGBTQを主人公にした物語”に大きな注目が集まっている。ストリーミングサイト「Disney+」を通して配信されたこの作品は、主人公グレッグのカミングアウトをテーマにした内容。公式サイトによると「小さな愛犬と、少しの魔法で、グレッグは隠すものなど何も無いことに気づく」と紹介されている。 この投稿をInstagramで見る Pixar(@pixar)がシェアした投稿 - 2020年 5月月21日午前7時15分PDT © pixar/Instagramまた同作品は若手クリエーターの養成を目的に2018年から始まった新たなプログラム「スパークショーツ」の7作目ということも付け足しておくべきだろう。各アーティストの個性をいかした作品群は以前から高い評価を受けているが、今作もピクサーにとって重要な作品になることは間違いなさそう。残念ながら現時点で日本への配信は行っていないが、「Disney+」は6月11日から日本でのサービスを開始することを発表。配信コンテンツは本国と同じだというので、もう少しで観ることができるかも。スパークショーツのうち『Purl』   『Smash an...more
カテゴリー:

愛媛の「大正ロマン館」動画で絵本読み聞かせ 高畠華宵の世界、色鮮やかに - 05月29日(金)13:34 

 愛媛県宇和島市出身の画家、高畠華宵(たかばたけかしょう)(1888~1966年)の画業を伝える「高畠華宵大正ロマン館」(東温市下林)は、華宵が手がけた絵本を読み聞かせ動画にして公開を始めた。子供も大人も自宅で楽しめる。華麗な美人像、モダンガールなど“大正ロマン”を代表する作品群で知られる華宵だが、
カテゴリー:

集英社クオータリー『kotoba』第40号 6月5日発売! - 05月26日(火)14:00 

[集英社クオータリー]コトバ『kotoba』第40号、6月5日発売!特集 スティーヴン・キング1974年に長編小説『キャリー』でデビューして以来、現在に至るまで精力的に執筆を続けるスティーヴン・キング。ホラーからリアリズム小説まで、ジャンルを超えた膨大な作品群は、活字だけでなく映画でも、世界中の人々を魅了し続けている。旺盛な創作力の背景、極めて映画的と評されるその作品性、作中で描かれる現代アメリカの風景など、モダンホラーの巨人の全貌にせまる。【特集内容】スティーヴン・キング【特集構成】PartI 私とキング 私のキング浦沢直樹 世界を壊し、創造し続ける小説家綿矢りさ この世界を引き受ける書き手養老孟司 ホラーの愉悦と恐怖の構造永井 豪 〝強迫観念〟の名人野口悠紀雄 私がキング作品を映画で観ない理由森見登美彦 キングに圧倒された作家の回想風間賢二 スティーヴン・キング全著作解説PartII キングを新しい視点で読む町山智浩 キングと父になること茂木健一郎 人間を映す鏡としての恐怖白石 朗 キングの最前線を読む森本あんり 『キャリー』にみるアメリカ的キリスト教の特異性風間賢二 神は残酷だ! 自然主義文学としてのキング・ワールド萩原健太 1960年の夏を求める旅――スティーヴン・キングと音楽島田裕巳 敬虔な母親と、悪魔の娘速水健朗 現代アメリカのフォークロア永嶋俊一郎 「四つ眼」のスティ...more
カテゴリー:

学生限定立体アートコンペの募集告知ポスターを募集「AACポスターコンペ2020」結果発表! - 05月25日(月)15:30 

株式会社アーバネットコーポレーションは自社開発したマンションのエントランスホールに、彫刻や絵画などの芸術作品を展示し、アートと日常生活の出会い、そしてアートと建築の出会いをプロデュースしてきました。そうした取り組みの一環として、2001年より若手アーティストの発掘・支援・育成を目的として、マンションのエントランスホールに常設展示する立体アート作品を学生限定で募集する「ART MEETS ARCHITECTURE COMPETITION」(AAC)を開催しています。今年20回目を迎えるAACでは、募集告知ポスターのデザインを同じく学生の皆さんから募集し、2020年3月31日の審査会にて最優秀賞1点、入選6点を選出いたしました。最優秀賞作品は審査員との打ち合わせの上ブラッシュアップされ本日、審査結果とともに公開いたします。結果は以下の通りです。◆学生限定・AACポスターコンペ2020 結果最優秀賞(1点):「空間に産む」      藤田理紗子(女子美術大学)入選(6点):「空に浮かぶ飛行機雲」  細谷大樹(仙台城南高等学校)「黄脳」         田中良太(創造社デザイン専門学校)「no awareness」    織田可久瑠(横浜国立大学)「試行錯誤」       西内寛大(札幌市立大学)「Illuminate The World」 林 蘭里(愛知県立芸術大学)「飛び出せ」    ...more
カテゴリー:

カンヌ映画祭 河瀬直美さんら日本人監督3作品に「良作」 パルムドール選出見送り - 06月04日(木)10:53 

 世界三大映画祭の一つ「カンヌ国際映画祭」は3日夜(日本時間4日未明)、河瀬直美監督の「朝が来る」(10月23日公開)、深田晃司監督の「本気のしるし」、宮崎吾朗監督の「アーヤと魔女」を映画祭の公式作品群「カンヌ2020」に選んだと発表した。
カテゴリー:

プリンス、不朽の名作『レインボー・チルドレン』ほかライヴ映像付き豪華5枚組をリリース - 05月30日(土)11:35 

プリンスのカタログ・リリース・プロジェクト<LOVE 4EVER>第5弾がリリース。今回発売されるのは2001~2002年に発表された作品群で、これまで入手困難だったアルバムが約20年の時を経て遂に再発となる。20...
カテゴリー:

世界の人々を魅了!アイヌの歴史を継ぐ木彫家・貝澤徹、迷いと格闘の日々に密着『情熱大陸』 - 05月27日(水)11:37 

5月31日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、アイヌの木彫家・貝澤徹に密着する。いま注目を集めている先住民アイヌ。いわゆる「アイヌ新法」の成立だけでなく、直木賞受賞作『熱源』や漫画『ゴールデンカムイ』により、多くの人がその文化の多様さや親しみやすさ、そして自然との共存を模索するその精神性に魅せられている。北海道、日高地方平取町に位置する二風谷でコツコツと木を彫り続ける貝澤は、そんなアイヌの歴史を継ぐ1人。家業として子熊の世話と典型的な土産物の制作に励んでいた貝澤の人生は、曽祖父ウトレントクの作品や、アメリカンポリス姿とハーレイ・ダヴィッドソンで貝澤の前に現れた木彫家・藤戸竹喜ら、独創的な先人との出会いを機に変化し始める。以降、それまで正面から取り組むことのなかった自らのアイデンティティと向き合い始めた貝澤は、伝統工芸技術を駆使しつつ民族や故郷に対する愛着と葛藤を現代的な感性で表現する、伝統と革新のハイブリッドな表現者へと進化してきた。技術的洗練と精神性の融合から生まれたその作品群は、今や大英博物館だけでなく、カナダ、スコットランド、アメリカなど世界各地で人々を魅了している。しかしながら、マイケル・ジャクソンやクイーン、イーグルスを愛し、冗談好きな貝澤は、「僕、アイヌ語わからないんです」と人懐っこい笑顔と独特の笑い声を上げながら、あっけらかんと言う。また、...more
カテゴリー:

医師「なろう小説が若者にウケてるのは、若者がストレスに弱すぎて都合の良い物語しか受け入れないから。」 - 05月25日(月)19:35  poverty

なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか? 徹底的にストレスのない物語を求めて 津田 彷徨医師、作家 小説家になろう」に投稿されている小説作品群は、一般的に『なろう系』などと呼ばれています。 一般的な認識における『なろう系』作品はどの作品もまるで金太郎飴のように、 “平凡”な主人公が“異世界転生”をして文明度の劣る世界で“現代知識”をひけらかし“ハーレムを築く”という、 非常に明確な「願望充足型」作品の一ジャンルとしてみなされる事が多いとされています。 つまり、「読んでいて気持ちよくなれる」ことに重...
»続きを読む
カテゴリー:

【あの人気俳優のブレイク前夜】第5弾:高橋一生 - 05月24日(日)16:33 

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で楽しめるあの人気俳優のブレイク前夜。第5弾は、俳優・高橋一生をフィーチャーする。高橋一生のキャリアは長い。あの大ヒットアニメ映画『耳をすませば』(1995年公開)の天沢聖司の声が高橋一生だったことは今でこそ多くの人の知るところだけれど、彼の名前がメディアを賑わせるようになるのは、それから20年を過ぎた頃から。きっかけは、『民王』(テレビ朝日系)のツンデレ秘書・貝原茂平だったと思う。有能だけど、どこか可愛らしさのある貝原は、スピンオフまで制作されるほど視聴者から愛され、演じた高橋一生も人気沸騰。その後、2017年に『カルテット』(TBS系)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)で、人気も実力も兼ね備えた俳優として評価を定着させた。今回は、パラビの中から高橋一生の過去作品を発掘。宮藤官九郎が脚本を務め、カルト的な人気を集めた90年代のあの作品から、これぞ高橋一生という存在感を見せたタブー破りのあの作品まで。高橋一生らしいクセのあるラインナップとなっている。『夜のせんせい』(2014年/TBS系)本作は、定時制高校を舞台に、元スナックのママである38歳の新米教師・夜野桜(観月ありさ)と、スネにキズだらけの生徒たちが織りなすハートフル学園コメディだ。高橋一生は、生徒のひとりである歌舞伎町のホスト・山田一郎を演じている。本作の愛でるべきポイ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「作品群」の画像

もっと見る

「作品群」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる