「体験コンテンツ」とは?

関連ニュース

テトラ・アビエーションの空飛ぶクルマ「Mk-5」が米国で予約販売を開始! - 07月29日(木)08:00 

「eVTOL」いわゆる「空飛ぶクルマ」を開発するテトラ・アビエーション株式会社は、米国時間の2021年7⽉26⽇より開催されている世界最大級の航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」において、新機種「Mk-5」を一般公開するとともに、予約販売を開始しました。 約40台の予約販売 同社は、2020年2月に米国で開催されたeVTOLの国際開発コンペ「GoFly」にてディスラプター賞を受賞し、賞金10万ドルを獲得。その後1年をかけて開発された「Mk-5」は、固定翼にある32個のローターで垂直方向へ飛行し、尾翼にある1個のローターで水平方向へ飛行します。万が一、固定翼の32個のローターのうち4個が故障しても安定した飛行ができるとのことです。 今回の「EAA AirVenture Oshkosh 2021」では、購入予約のための有料ミーティングのアポイントを獲得。2022年の引き渡しを前提に40機ほどの予約販売を開始しました。現時点では、米国でプライベートパイロットライセンスを持つ個人顧客向けに販売し、形成した顧客コミュニティと共に次世代eVTOLの開発・量産へつなげていく構えです。 なお、同社代表の中井佑氏は、日本時間7月31日22時30分からのEAARadioへ出演予定。日本からはラジオアプリ「TUNEIN」で視聴可能とのことです。 法整備や機体開発が加速中!...more
カテゴリー:

ソニー、アプリでプログラムを学ぶ「VIRTUAL KOOV」体験コンテンツを公開 - コンテストも開催 - 07月28日(水)17:17 

ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」のユーザーを対象にしたコンテスト「KOOV Challenge」のエントリーを開始。あわせて、アプリ上で仮想的なKOOVを使う体験コンテンツも公開しています。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる