「体温検知」とは?

関連ニュース

千葉市動物公園、6月1日再開へ準備着々 体温検知機、手すりに間隔の印 - 05月30日(土)13:59 

 新型コロナウイルスの感染拡大による国の緊急事態宣言を受け、臨時休園していた千葉市動物公園が6月1日、約2カ月ぶりに再開する。毎年多くの来園客が訪れる市内の人気スポットで、「3密」などの感染リスクを減らすさまざまな対策を取っている。
カテゴリー:

ザイン---AI顔認証・体温検知ソリューションの販売を開始 - 最新株式ニュース - 05月27日(水)13:18 

<6769>  ザイン  1049  +100設置・移動が簡単で多人数同時検温・マスク検出可能な黒体内蔵サイネージ型AI顔認証・体温検知ソリューションの販売を開始と発表。学校やオフィスビル、商業施設、工場等の入り口での利用に適しており、経済活動再開が進む一方で、第2波への警戒が根強く、同システムの需要拡大が期待されよう。
カテゴリー:

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も - 05月26日(火)17:16 

伊藤忠テクノソリューションズは、スタートアップ企業のIdeinと共同で汎用的なIoTデバイスを用いた「体温検知AIデバイス」の販売を開始した。最小50デバイスからの販売で、初年度で200社への提供を目指す。
カテゴリー:

伊藤忠、ラズパイ活用の体温検知デバイスを発売 AIによる顔認識も - 05月25日(月)18:05 

伊藤忠テクノソリューションズとスタートアップのIdeinは5月22日、「Raspberry Pi」を活用した体温検知デバイスを発売した。企業の受付や物流施設の出入り口などに設置すると、AIが発熱の疑いのある人を自動検知する。新型コロナの感染拡大防止などに役立てる。
カテゴリー:

青森の通信端末企業が非接触体温検知システム開発 - 05月24日(日)06:05 

通信端末・システム開発販売業のフォルテ(青森市)は、新型コロナウイルス対策として、非接触型体温検知システムを開発した。居眠り運転などを察知してドライバーに注意を促す人工知能(AI)カメラの仕組みを応用
カテゴリー:

映像エッジAIプラットフォーム「EDGEMATRIX」のサービスを提供開始 - 05月28日(木)16:45 

2020年5月28日 EDGEMATRIX株式会社 株式会社NTTドコモ    EDGEMATRIX(エッジマトリクス)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋、以下、EDGEMATRIX社)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下、ドコモ)は、簡単にエッジAIを利用できる環境の提供をめざし、2019年8月に出資および業務提携に合意*¹し、映像エッジAIソリューションの企画検討に取り組んでまいりました。このたび、EDGEMATRIX社が、現場(エッジ)でカメラ映像などをAI処理する「エッジAI」を簡単に導入、管理できる映像エッジAIプラットフォーム「EDGEMATRIX™(エッジマトリクス)」*²の提供を2020年5月28日(木)から開始します。    今回提供開始する「EDGEMATRIX」は、屋内外に設置する多数のエッジAIデバイス「Edge AI Box」に対し、設置場所の管理や稼働状況の監視のほか、遠隔操作が可能です。また、エッジAIデバイスで取得する映像データをリアルタイムに閲覧することができるほか、AIによる映像解析で何らかの危険や異常を検知した際に、メールなどでアラート通知することができます。  さらに「EDGEMATRIX」は、本プラットフォーム上で利用するAIアプリの購入ができる...more
カテゴリー:

革新的なコミュニケーションロボ「Kebbi Air」が日本上陸!法人向け販売が来月スタート - 05月27日(水)08:00 

NUWAロボティクスJAPAN株式会社が、革新的なコミュニケーションロボット「Kebbi Air」を6月1日に発売する。主に法人向けの販売が予定され、価格はおよそ15万円。 また、「Kebbi Air」と連動し、教育や医療などのさまざまなシーンに対応するソリューションの開発も進められている。 「Kebbi Air」の概要 「Kebbi Air」は、多くの機能を搭載したコミュニケーションロボットだ。昨年に同名のロボットが台湾で発売されており、同国では約6,000台の販売実績(2020年3月まで)を誇る。今回の日本での発売にあたっては国内市場向けの修正が施され、日本語・英語・中国語の多言語に対応した。 主要な機能として音声・画像認識やチャットボットなどに対応するほか、タッチセンサーや人感知センサーなどの多くのセンサーも搭載。 販売は主として法人向けで、「NUWAビジネスパートナープログラム」に参加予定の代理店経由となる。発売日は6月1日で、定価は14万8,000円(税別)。なお、各種ライセンスフィーやファームウェアアップデートなどのサポート費用として、月額1,500円(税別)が別途必要。 各種ソリューションも開発中 そして、前述の「NUWAビジネスパートナープログラム」に参加予定の企業により、「Kebbi Air」と連動する各種ソリューションも開発中。教育や医療などの多様なシーンへの対...more
カテゴリー:

JCV、顔認証&体温検知デバイスに5.5インチの小型モデル「SenseThunder-Mini」 | IT Leaders - 05月26日(火)10:00 

日本コンピュータビジョン(JCV)は2020年5月25日、顔認証と体温検知を同時に行うデバイスに、新しいラインアップとして、5.5インチとコンパクトなモデル「SenseThunder-Mini」を追加した。価格は、要問い合わせ。
カテゴリー:

ロンドン・ヒースロー空港、サーモグラフィー検査を試験的に実施 体温検知で新型コロナのリスク低減 - 05月25日(月)06:35 

ロンドン・ヒースロー空港は、5月21日から、ターミナル2の入国エリアで、体温検知の技術を用いたスクリーニング検査を試験的に実施している。 空港に到着した乗客の体温の異常を、サーモグラフィーカメラを通じて検知することで、新 […] 投稿 ロンドン・ヒースロー空港、サーモグラフィー検査を試験的に実施 体温検知で新型コロナのリスク低減 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

CTC、ラズパイを利用した小型の非接触体温検知デバイスを販売、顔認識で顔部分の表面温度を計測 | IT Leaders - 05月22日(金)13:36 

伊藤忠テクノソリューションズは2020年5月22日、汎用IoTデバイス(Raspberry Pi)を利用した体温検知デバイスを発表した。同日販売を開始した。企業の受付や物流施設の出入口など、人が出入りする場所に設置することによって、発熱の疑いのある人をスクリーニングできる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「体温検知」の画像

もっと見る

「体温検知」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる