「佐賀大学」とは?

関連ニュース

B型・C型肝炎の治療成績や助成制度、よく知るケアマネジャーほど、ウイルス検査や治療を勧める - 06月17日(月)12:10 

[株式会社インターネットインフィニティー] 本調査は、佐賀大学医学部附属病院肝疾患センター長・特任教授 江口有一郎先生のご監修のもとに実施されました。 ■調査概要 調査名:CMNRメディカル(第6回) 「ウイルス性肝炎のご利用者に関するアンケート」 ...
カテゴリー:

糖尿病と腎臓病の正しい知識や予防法学ぶ - 06月15日(土)22:26 

佐賀新聞社は15日、伊万里市の前田病院と共催で、健康セミナー「社員と家族のために知ってほしい糖尿病・腎臓病のはなし」を佐賀市の同社で開いた。佐賀大学医学部附属病院の安西慶三副病院長らが、病気に対する正しい知識や予防法などを説明し、約150人が熱心に耳を傾けた。 第1部で講演した安西氏は、県内の糖尿病患者数は約13万人いると指摘した。糖尿病はインスリンの分泌が少なくなって血液中の糖が肝臓や筋肉などに行き渡らず、高血糖になる病気。糖尿病によって全身に合併症が引き起こる危険性を説明した。
カテゴリー:

ロータリー奨学生、馬さんが市長表敬 韓国出身の佐大3年生 - 06月12日(水)21:15 

日本のロータリークラブ(RC)が運営する奨学金制度を活用し、韓国から佐賀大学に留学中の馬禎珠(マジョンジュ)さん(22)が7日、小城市の江里口秀次市長を表敬訪問した。 馬さんは釜山出身で、佐賀大農学部の3年生。世話役の牛津ロータリークラブ(谷上守会長)の役員と一緒にあいさつに訪れた。 将来は日本の企業で働こうと、佐賀大に留学した馬さん。佐賀空港とJR佐賀駅で韓国人旅行者の通訳もしている。江里口市長から「目標に向かって頑張って」と励まされた馬さんは「日本と韓国は近く、もっと仲良くなってほしい。
カテゴリー:

コンテンツ開発を佐賀で 産学官で拠点づくり 「地方で制作」モデルケースに - 06月11日(火)12:00 

佐賀県内のIT系企業など4者が、MR(複合現実)をはじめとする最先端技術を生かした次世代コンテンツの開発拠点を佐賀大学内に立ち上げる。佐賀大、佐賀市と産学官で協力し、都市部に一極集中しているコンテンツ制作業務を佐賀で請け負うモデルをつくり、人材育成や地元雇用の受け皿づくりも狙う。7月からの稼働を前に27日、MRの最新技術などを紹介するオープニングイベントを開く。 開発拠点は、研究、開発、共創の英語の頭文字から「redeco(リデコ)」と名付けた。
カテゴリー:

「県民ロックの日」で啓発 自転車や車「鍵掛け徹底を」 - 06月10日(月)21:10 

県警は6月9日を自転車や車、家の鍵掛けを呼び掛ける「県民ロックの日」とし3~10日まで、県内の大型商業施設や学校など各地でチラシなどを配布し、啓発活動を行った。 このうち、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスでは7日、警察官や佐賀大生のボランティアら12人が参加し施錠を呼び掛けた。「鍵掛けは防犯の基本です」と書かれたのぼり旗を掲げ、「自転車から離れるときは必ず鍵を掛けてください」などと声を掛けながら、駐輪場にいる学生らに自転車防犯チラシやワイヤー錠200個を配布した。
カテゴリー:

佐賀大有田キャンパス 公開講座開講  - 06月17日(月)07:00 

佐賀大学有田キャンパスの本年度公開講座が11日夕、有田町の同キャンパスで開講した。芸術地域デザイン学部で日本画講師を務める近藤恵介さんが、絵画作品の理解を深めるために有効な模写について解説し、受講生が実際に挑戦した。 近藤さんは「欧州では塊を面でとらえる絵画が発展したが、日本画は墨で描線を描く骨描きがあり、線が重要視されている」と描き方の違いを紹介。絵画の基本的な勉強方法の一つである模写について「どのような経緯、時間軸で仕上げたかを逆算しながら読み解く行為。
カテゴリー:

<令和に挑む 県内若手経営者(1・後編)>松尾建設・松尾哲吾社長(47歳) - 06月13日(木)10:32 

■人材確保が難しくなっている中、採用活動で取り組んでいることはあるか。 社員には二つのことを伝えている。まず「お客さまの夢を共有してください」。お客さまが何をしたいのか理解していないとずれてしまう。それと「ライバルを持ってください」。競い合えるライバルを社の内外に持って、自分を成長させてほしい。 新入社員確保に当たり、学生たちにはインターンシップで仕事を体験してもらっている。佐賀大学でブースを設けたり、出前講座をしたり、ラッピングバスを走らせたりしている。■新人研修や社員教育の工夫は。
カテゴリー:

防災と災害弱者支援をテーマ NPO難病ネット、16日に講演会 - 06月11日(火)20:55 

認定NPO法人佐賀県難病支援ネットワークは16日、防災をテーマにした講演会を佐賀市神野東の県駅北館で開く。災害弱者の支援アプリを開発している佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センターの担当者が、取り組みの状況や導入による効果などを解説する。 センター長の阪本雄一郎教授と副センター長の三池徹助教が、「災害弱者に優しい安全安心なまちづくりを目指して」と題して話す。
カテゴリー:

汚染水浄化へ吸着剤 佐賀大グループが開発 - 06月11日(火)08:15 

粘土鉱物を原料に、河川や海などの汚染を浄化する新しい吸着剤を佐賀大学教育学部の角縁進教授(鉱物学)らの研究グループが開発した。既存の吸着材より安価で、全て天然素材であるため環境にも優しいという。福島第1原発事故の汚染水処理への活用が期待できるほか、東南アジアの開発途上国などで問題になっている河川の重金属汚染の浄化も視野に入れている。 福島第1原発事故の汚染水を浄化する除去剤には、汚染原因となっている物質のセシウムを吸着する鉱物のゼオライトなどが利用されている。
カテゴリー:

創業100年の町工場と佐賀大学の共同開発!産後ママの痛みを予防する、腱鞘炎手首サポーター i-II - 06月10日(月)12:30 

[クラファン株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/15611/23/resize/d15611-23-433567-0.jpg ] 産後腱鞘炎とは?  赤ちゃんの日々のお世話、抱っこや、授乳、オムツ交換で赤ちゃんのお尻を持ち上げたり、沐浴で赤ちゃんの頭を支...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「佐賀大学」の画像

もっと見る

「佐賀大学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる