「佐賀大学」とは?

関連ニュース

佐賀大美術館で草花や自然語り合う - 04月17日(水)21:05 

自然の草花を生けることについて幅広い世代の人たちが語り合うトークライブが14日、佐賀市の佐賀大学美術館であった。生ける時の思いや表現の仕方などを意見交換しながら魅力を確認した。 「野の花教室」の柴田三枝子さん(吉野ヶ里町)が開いている展示会の一環で実施した。作品の花を生ける器を提供している佐賀大名誉教授で陶芸家の宮尾正隆さんは「自然はそれぞれの個性が集まったバランスが美しい。それぞれの経験や感覚で生けてもらえれば」と呼び掛けた。
カテゴリー:

佐賀大図書館に企業PRエリア 地元定着率向上目指す - 04月16日(火)10:45 

佐賀大学は、学生の地元定着率の向上を目指すため、付属図書館内に会社情報提供エリアを開設した。企業ボードを設置し、企業概要やインターンシップ情報などを発信できる。利用企業枠は全10枠で、9枠分を募集している。 会社情報提供エリアは図書館1階東側。企業による情報発信のほか、館長の許可が得られれば隣接する談話スペースで、パンフレット配布や、教員との共同研究など打ち合わせにも利用できる。利用第1号は松尾建設(佐賀市)で、大学と同社の関係者が出席し3月に除幕式を行った。
カテゴリー:

佐大生に新聞試読紙配布 県支部公正取引協議会 - 04月13日(土)11:30 

佐賀新聞や全国紙など新聞6社でつくる佐賀県支部新聞公正取引協議会は12日、学生に新聞に親しんでもらおうと佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスで試読紙を配った。 日本新聞協会が定める毎年4月6~12日の「春の新聞週間」に合わせて実施した。同協議会のメンバー約15人と学生2人は「新聞どうですか」と声を掛けながら、2紙が入った袋を学生に手渡した。この日は佐賀、朝日、毎日、読売、日本経済、西日本の6新聞社の試読紙計900部を配布した。
カテゴリー:

若者の協力求め、佐賀大学で献血 赤十字血液センター - 04月10日(水)10:30 

佐賀県赤十字血液センターは8、9日の両日、佐賀市の佐賀大学本庄キャンパスで学内献血を行った。献血者が少ない10~20代の協力者を増やし、病気の治療などで使用する血液製剤の確保につなげる。11、12の両日も実施する。 血液センター職員のほか、県内のライオンズクラブ会員や佐賀大学生らでつくるボランティア団体・県学生献血推進協議会「ちっち」のメンバーが「献血にご協力を」と呼び掛けながら、啓発グッズを手渡した。
カテゴリー:

産後腱鞘炎予防に力 赤ちゃんに体近づけ抱っこ - 04月09日(火)09:40 

産後1カ月ごろの母親に急増する「産後腱鞘(けんしょう)炎」について研究を続けている佐賀大学医学部看護学科の佐藤珠美教授(59)が、ストレッチなど予防法の周知に力を入れている。放っておくと長引いたり、仕事に復帰した際に悪化したりするケースもあり「育児の負担軽減にもつながるので、多くの人に知ってほしい」と呼び掛ける。 「自分の体を赤ちゃんに近づけて抱っこするのを意識して」。3月中旬、佐賀大で初めて開いた産後腱鞘炎予防のための講座。
カテゴリー:

NTTドコモが佐賀県で地方創生セミナーを実施 - 04月16日(火)16:01 

2019年4月16日 NTTドコモ NTTドコモが佐賀県で地方創生セミナーを実施 NTTドコモは、4月11日に佐賀県佐賀市において、「地方創生セミナーin佐賀」を開催いたしました。  ドコモでは、「地方創生セミナー」として地方創生関連ソリューションの展示と「キャッシュレス・交通・一次産業・健康福祉」など、地方創生に関わる各テーマについて、ドコモのICT(情報通信技術)に関する講演を全国各地で開催しています。  また、外部講師を招いて、開催地のトピックスに沿った地方創生に関する講演をいただき、ドコモの推進する「地方創生」の取り組みを多方面からご紹介しています。  今回の佐賀セミナーにおいては、基調講演として、総務省情報流通行政局 情報通信政策課 寺村企画官からSociety5.0時代における地方創生の動向に関する講演と、佐賀大学 平山招聘教授から佐賀県における地方創生とその可能性についてご講演いただきました。  また、パネル展示ブースでは、Web会議やペーパレス会議にも活用できる、高音質・高セキュリティなクラウド型Web会議サービス「sMeeting」や、人工知能(AI)が最適なルート計算・車両配備をし、効率の良い運行を実現する「AI運行バス」等ご紹介し、大変ご好評をいただきました。 当日の開催概要については、以下をご確認ください。 【開催概要】  日時:201...more
カテゴリー:

〈平成この日、〉ネットコム推進協創立=平成10年4月15日(21年前〉産官学連携、高度情報化へ - 04月14日(日)07:00 

県内の情報通信網づくりの推進母体となる「NetCom(ネットコム)さが推進協議会」の創立総会が15日に開かれた。産学官が連携を組み、県内が高度情報化に対応する先駆けとなった。 協議会は県補助金を基に民間主導で事業を展開。県商工会議所連合会、県ケーブルテレビ協議会、佐賀大学、コンピューター通信事業者などが加わった。ケーブルテレビ局のネットワーク化による高速情報通信網の整備、インターネットを使った電子マネーによる商取引の実験などを進めた。
カテゴリー:

腰が持ち上がる!?腰痛を撃退する夢の装具:WBS - 04月10日(水)19:17 

パソコン相手に長時間座りっぱなし、運動不足になりがちな現代。腰痛に悩まされている人も多いだろう。そんな腰痛持ちの人にとって救世主になるかもしれない商品が誕生した。開発したのは、自身も腰痛持ちという佐賀大学理工学部の中山功一准教授。こちらの装具を着けて椅子に座ると、腰への負担が軽くなるというもの。早速、北村まあさキャスターも装具を着けて椅子に座ってみると、「何これ! 腰が持ち上がるような感じです」と驚きを隠せない。中山准教授によると、「座圧軽減装具なのでお尻への圧力が軽くなる」という。実際に座圧計で測ってみた。まずは何もつけない状態で座ると、お尻の中心、2点が赤くなっている。圧力がかかっている赤い箇所は、ちょうどお尻の骨にあたる部分とのこと。そして開発品を装着して座ってみると、お尻ではなくパイプ部分が赤くなっているのがわかる。これは、お尻が浮いているような状態になっているということ。さらに、装着しても苦しさは感じないという。中山准教授は、「(装具を)着けたままご飯を食べても平気」と太鼓判を押す。パイプ部分は回して長さを調節することが可能なので、自分に合ったサイズに変えることができる。装具を着けて歩くのは目立つし抵抗がある......という人は、このようにジャケットを羽織ってしまえば少なくともパイプ部分は隠せる。ただ、様々な椅子で試したところ、トイレに行くときだけは外さないといけないそ...more
カテゴリー:

白日会展、佐賀大出身作家が躍進推挙▽作品P3点、顔P3人分 - 04月09日(火)11:00 

新しい写実表現を追求している「白日会(はくじつかい)」第95回記念展の絵画部門で、佐賀大学出身作家が躍進した。卒業生の松本実桜さん(27)=神奈川県=が、準会員の最高賞「富田賞」に輝いたのをはじめ、会友の藤井佳奈さん(25)=熊本県=が9点選ばれた法人寄託賞の一つ「アートもりもと賞」を受賞した。一般の部でも大学院2年の植野綾さん(23)が、みずみずしい感性を生かして女性の内面まで描き出し2度目の入選を果たした。 今回の受賞で会員に推挙された松本さんは唐津市出身で、佐賀大―同大学院修了。
カテゴリー:

みんなの掲示板 7日 - 04月06日(土)21:28 

【きょうの催し】吉野ヶ里夢ロマン軽トラ市(神埼市郡の吉野ケ里歴史公園東口駐車場)◆菜生バレエスタジオ 4thコンサート(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)◆第17回ストリングフェスタ(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)◆第9回トヨタ紡織九州杯県春季総合ハンドボール選手権大会(14日まで、神埼市神埼町のトヨタ紡織九州クレインアリーナなど) 【巡回車】 (8日) ◆胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制) ◆献血車 10~16時半=佐賀市・佐賀大学 ※検診について…
カテゴリー:

もっと見る

「佐賀大学」の画像

もっと見る

「佐賀大学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる