「住民同士」とは?

関連ニュース

住民同士助け合い 災害時の連携促す 宮城・亘理で「むすび塾」 - 12月02日(月)09:59 

河北新報社は1日、通算95回目の巡回ワークショップ「むすび塾」を宮城県亘理町の下茨田南集会所で開いた。東日本大震災後に町内沿岸部から移り住んだ津波被災者を含む住民らが、震災と今年10月の台風19号を踏
カテゴリー:

ライドシェアのCREW、新潟県の⼭古志地域で“住民による利用”を想定した実証実験を開始 - 11月20日(水)15:00 

MaaSプラットフォーム「CREW」を提供するAzitは11月20日、特定⾮営利活動法⼈の中越防災フロンティアと共同で、新潟県⻑岡市の⼭古志地域におけるCREWの実証実験を開始した。 CREWは”乗りたい”と”乗せたい”を繋げるモビリティのプラットフォーム。アプリで出発点と到着点を設定すると、「CREWパートナー」と呼ばれるドライバーとマッチングされ、指定した場所まで送ってもらう ことが可能。⽬的地に到着すると、ライダーとドライバーそれぞれが相互評価をする。ここ日本において自家用車を使った営業目的のいわゆるライドシェアは白タク行為となり法律で禁止されている。だが、CREWは利用者がガソリン代、システム利用料、そして任意で謝礼を支払うという仕組みのため、法律に抵触しない配車サービスとなっている。 この実証実験を通して「⾼齢者を中⼼とした⼭古志地域の住⺠の移動をサポート」することを目指すというAzitと中越防災フロンティア。Azitのこれまでの地方での取組は全て観光客による利用を想定するものだったが、今回は初の「住民向けのサービス提供」に向けての実証実験となる。 新潟県の中央に位置する⼭古志地域の⼈⼝は2019年9⽉1⽇現在、約1000⼈。Azitいわく、⼭古志地域では、2004年の新潟県中越地震をきっかけに路線バスが運休や減便され、2...more
カテゴリー:

おまえらが今いる場所を書くスレ - 11月29日(金)10:35  news

新潟)マイカー、住民同士でシェア スマホでマッチング https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASMCP00W3MCNUOHB02D.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

心もお腹も満たされる! 地元食材で安くおいしい料理提供 沖縄本島北部で広がる地域食堂 ゆんたくで住民同士につながり - 11月19日(火)17:59 

 【北部】住民が主体となった「地域食堂」の取り組みが本島北部で広がりつつある。いずれも住民同士の交流などを目的に、地域の女性たちが地場産食材を活用して手料理を安価で集落民に提供しており、高齢者を中心に「安くておいしい」「みんなと話すのが楽しい」と好評を得ている。  11日、本部町豊川公民館では、住民...
カテゴリー:

「住民同士」の画像

もっと見る

「住民同士」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる