「住民同士」とは?

関連ニュース

震災復興、地域の魅力発信 福島・浪江町に道の駅 - 08月01日(土)11:50 

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で大きな被害を受けた福島県浪江町に1日、復興のシンボルとして地域振興の役割を担う「道の駅なみえ」がオープンした。住民同士をつなぐ交流施設や飲食店などを備えるとともに、被災経験や復興の現状、町の魅力を発信する場にもなる。
カテゴリー:

【与論島コロナ】5000人の島、募る疑心。あの時、あの場所、自分は…。SNSで飛び交う感染者名「知っている人ばかり」 - 07月26日(日)12:48  newsplus

https://373news.com/_news/?storyid=123262 新型コロナウイルスの感染者が25日、新たに6人確認された与論町。 わずか4日間で計29人にまで拡大し、住民同士の結びつきが強い人口約5000人の平穏な島の日常は一変した。 感染者情報が会員制交流サイト(SNS)で飛び交い「自分も濃厚接触者では」とおびえる人も。 島民間に不安が渦巻く中、飲食店などの休業が相次ぎ観光客も困惑している。 「陽性だった人や検査を受けた人の名前が一日に何度も送られてくる」。 40代の会社員女性はメッセージの通知音が鳴るスマー...
»続きを読む
カテゴリー:

自宅の屋上でくつろいでいたらお隣さんから苦情がきた!やはり謝るべきなの? - 07月18日(土)06:00 

お隣さんについて、あるママからこんな投稿がありました。 『自宅の屋上でくつろいでいたら、隣の家から苦情がきた。パラソルとローチェアを置いて、旦那とおしゃべりしていただけなのに。わざわざチャイムを鳴らして言いにきたんだけれど、謝ることないよね?』 旦那さんと屋上でおしゃべりをしてくつろいでいたら、お隣さんから苦情がきたそうです。謝るべきか対応に苦慮していますが、他のママたちからはどんなアドバイスが寄せられたのでしょうか。 屋上でおしゃべりするのは自由。謝らなくてもいいよ! 『きっとうらやましいんだね。謝ることはないよ!』 『敷地内なんだから自由だよね。謝らなくてよい』 投稿者さんが旦那さんと一緒にいたのは、投稿者さんの家の屋上です。自分たちの敷地内でくつろいでいただけであれば、謝る必要はないとの意見が寄せられています。 今後のことも考えて謝ってしまおう 『そこは「すみません」と謝ろう』 『とりあえず穏便に済ますために「すみません」と言う』 今後もお隣さんとの付き合いはあるでしょうから、ここはひとまず謝った方がいいかもしれません。もし今後も屋上を使うことがあれば、声を小さくするなどお隣さんへの配慮をするといいのではないでしょうか。 人の話し声は意外と響く。周りへの気配りも大切 『外の声はうるさいよね』 『周りが静かだったなら話し声が響いたとか?』 『話し声はうるさいよ。大声で騒いで...more
カテゴリー:

自治会「障害者だから班長になれない?なら証明書を書け。他の住民に見せて紹介するから」  障害の記載をを強要、男性は自殺 - 07月31日(金)12:45  poverty

「おかねのけいさんできません」男性自殺 障害の記載「自治会が強要」 毎日新聞 2020年7月31日 10時36分(最終更新 7月31日 12時22分)  知的・精神障害がある男性(当時36歳)が自治会の役員らに障害者であることを記した書面を書くよう強要され、自殺したとして、男性の両親が自治会と役員らに計2500万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。 両親によると、男性は「おかねのけいさんはできません」などと障害の影響についても詳しく書かされ、他の住民にも見せると告げられた翌日に自殺していた。31日に第1回口頭弁論があ...
»続きを読む
カテゴリー:

コロナ拡大 5000人の島、募る疑心 あの時、あの場所、自分は… SNSで飛び交う感染者名「知っている人ばかり」 鹿児島・与論町   - 07月26日(日)11:00 

 新型コロナウイルスの感染者が25日、新たに6人確認された与論町。わずか4日間で計29人にまで拡大し、住民同士の結びつきが強い人口約5000人の平穏な島の日常は一変した。感染者情報が会員制交流サイト(SNS)で飛び交い「自分も濃厚接触者では」とおびえる人も。島民間に不安が渦巻く中、飲食店などの休業が相次ぎ観光客も困惑している。
カテゴリー:

スマートタウン「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)つくば研究学園」 「住まいのまちなみ賞」受賞 - 07月17日(金)18:06 

2020年7月17日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5 スマートタウン「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)つくば研究学園」 「住まいのまちなみ賞」受賞  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)が開発した茨城県つくば市のスマートタウン「SMA×ECO CITY(スマ・エコ シティ)つくば研究学園」の維持管理・運営を行っている「スマ・エコ シティつくば研究学園団地管理組合法人」は、国土交通省まちづくり月間行事の一環である「第15回 住まいのまちなみコンクール」(主催:まちづくり月間全国的行事実行委員会、一般財団法人住宅生産振興財団、一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会)において、「住まいのまちなみ賞」を受賞しました。 ■「SMA×ECO CITYつくば研究学園」について  「SMA×ECO CITYつくば研究学園」は、全戸建住宅(175戸)に家庭用リチウムイオン蓄電池や燃料電池、太陽光発電システム、LED照明、HEMS(※1)を設置し、街全体でネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを目指した環境配慮型戸建住宅地です。  当分譲住宅地は、2013年12月にまちびらきを行い、2014年4月に住民がまちの共用施設を維持管理・運営する「スマ・エコ シティつくば研究学園団地管理組合法人(※2)」や、コミュニ...more
カテゴリー:

「住民同士」の画像

もっと見る

「住民同士」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる