「住宅難」とは?

関連ニュース

米アップル、カリフォルニア州の住宅難対策事業に.. - 11月06日(水)12:02 

米アップル、カリフォルニア州の住宅難対策事業に2700億円拠出
カテゴリー:

フェイスブック、シリコンバレーの住宅高騰問題で.. - 10月23日(水)08:50 

フェイスブック、シリコンバレーの住宅高騰問題で10億ドル拠出へ ハイテク企業が集まるカリフォルニア州では、住宅価格の高騰で地元の中間層による住宅難が深刻化している #フェイスブック
カテゴリー:

Facebookがカリフォルニア州の住宅問題対策に1000億円超を拠出 - 10月23日(水)11:30 

米国カリフォルニアは、州全体に広がるさまざまな問題のために深刻な住宅難に悩まされている。中でもサンフランシスコのベイエリアが特に目立っているのは、超大企業の存在と高給IT社員らが問題を増幅しているからだ。 一部の巨大IT企業がこうした問題の責任を取るべく、手ごろな住宅提供を推進する組織に資金提供することはいまや珍しくない。シアトルでは、Microsoft(マイクロソフト)とAmazon(アマゾン)が取り組みを発表している。ベイエリアでは、Googleが10億ドル(約1080億円)、10年計画を最近発表し、このたびFacebook(フェイスブック)が同様の行動に出た。 FacebookのCFOであるDavid Wehner(デビッド・ウェナー)氏の ブログ投稿で、同社は手ごろな住宅提供のために10億ドルを用意したことを発表した。「この取組みをきっかけにして2万件の新たな住宅が生まれることを期待している」と同社はコメントしている。 もちろんこれは、カリフォルニア州政府に一括で小切手が送られるという意味ではない。複数のプロジェクトに分割されている。 カリフォルニア州:2.5億ドルを、州と連携して「住居が不足」している地域で州保有の余剰土地開発を支援するために投入する。 ベイエリア:2.25億ドルの価値のあるメンロパークにあるFacebook所有地を居住地域として提供する。さらに1.5億...more
カテゴリー:

「住宅難」の画像

もっと見る

「住宅難」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる