「住宅宿泊事業法」とは?

関連ニュース

民泊、ビジネス色強く 解禁1年、文化交流はどこへ - 07月15日(月)11:30 

 民泊を解禁した住宅宿泊事業法の施行から1年が過ぎた。家主自ら接客に当たるアットホームな物件が好評な一方で、企業などの法人が運営する物件がほぼ半数まで増加し、ビジネス色が強まっている。日本の生活体験や文化交流といった意義が薄れる懸念もある。
カテゴリー:

民泊は増えていないーーホテル旅館業界が守った「既得権益」と、私たち個人が失った「選択肢」 - 06月29日(土)06:00 

 民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されてから、この6月でちょうど1年が経過した。新法の下で届出された民泊数は1万7301件(6月7日時点)。施行時点と比べて7.8倍増加したことで「民泊急増」とのコメント…
カテゴリー:

株式会社クリップスが業界トップシェアのサイトコントローラー「ねっぱん!」の後継サービス「ねっぱん!++」の提供を開始(https://www.neppan.com/) - 07月01日(月)11:00 

株式会社クリップス(新潟県新潟市、代表取締役 阿部広則)が提供する業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」は2019年6月30日にサービスを終了し、後継サービスとなる「ねっぱん!++(プラスプラス)」(https://www.neppan.com/)を2019年7月1日より提供開始しました。【ねっぱん!++の概要】「ねっぱん!++」は、2019年5月末日時点で8700軒以上の施設で稼働している宿泊施設向けのサービスで、複数の宿泊予約サイトの在庫・料金・予約情報を一括管理できる業界トップシェアのクラウド型サイトコントローラー「ねっぱん!」の後継サービスです。宿泊施設が各サイトの管理画面を開いて部屋と料金の登録にかけている労力を少しでも軽減することで、より魅力的なプラン作成など集客のために割く時間を増やすことが可能となります。当社では、「ねっぱん!++」を提供することで、住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行、旅館業法の規制緩和、インバウンド需要の高まりによる宿泊施設の増加などを背景として宿泊業界の競争激化が見込まれる中、宿泊施設の販売機会拡大と業務効率向上にこれまで以上に貢献できるものと考えております。【ねっぱん!++8つの新機能とサービス】(1) ノーショー対策現地決済しか対応していない予約サイトに対して事前決済が実現できるようになります。昨今、ノーショーや直前キャ...more
カテゴリー:

「住宅宿泊事業法」の画像

もっと見る

「住宅宿泊事業法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる