「伝記作家」とは?

関連ニュース

第3次世界大戦の勃発、異常気象と大規模な自然災害の発生、著名な指導者の相次ぐ死。ノストラダムスが予言した“2024年の大異変” - 04月28日(日)10:00 

「1999年7月の人類の滅亡」を予言したとされるフランスの占星術師・ノストラダムス。彼の遺した「予言集」にはさまざまな解釈が存在しますが、そこでは2024年に起こる出来事にも触れられていることをご存知でしょうか。今回のメルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』では国際政治経済学者の浜田さんが、そんな中から「3つの極めて凄まじい出来事」を紹介。現代の国際情勢を見越していたとしか思えぬとある予言に関しては、「驚かざるを得ない」との率直な感情を記しています。 ※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:ノストラダムスの大予言:驚愕の2024年!異常気象と大規模な自然災害、著名な指導者が相次いで死亡… ノストラダムスの大予言:驚愕の2024年!異常気象と大規模な自然災害、著名な指導者が相次いで死亡… ぶっちゃけ、「ノストラダムスの大予言」と言えば、かつて日本でも大ベストセラーになりましたが、このところはあまり引用されることも少なくなっていました。 しかし、どっこい、このフランス生まれの占星術師の予言は今でも異彩を放っているのです。 1555年に出版された「大予言」は942の詩篇で構成されています。 その中にはナポレオンやヒトラーの台頭や第一次、第二次世界大戦の勃発、はたまた広島、長崎への原爆の投下など、後に実現する予言が数多く含まれていました。 とはいえ、彼...more
カテゴリー:

こんなの見てる