「休業要請」とは?

関連ニュース

【休業協力店舗等緊急支援金】 茨城県の休業要請.. - 09月24日(木)19:15 

【休業協力店舗等緊急支援金】 茨城県の休業要請に応じて、休業や営業時間の短縮などを行った事業者の皆様へ、市から支援金(一律10万円)を給付します。 お忘れのないよう、お早めに申請をお願いいたします。 ▼申請期限/10月30日(金) #水戸
カテゴリー:

【Bizクリニック】日頃の人事労務管理が危機状況で生きる - 09月22日(火)05:00 

 危機状況下では、従業員の安全を図るために「勤務させない」という判断をしなければならないケースが多く出てくる。休業要請や給与カットの対応にも迫られる。売り上げが落ち込み、従業員の雇用を維持するのが難しくなったら、やむを得ず人員整理もあるだろう。この中で賃金カットは、従業員の生活に与える影響が大きい。
カテゴリー:

【調査】コロナ禍で「精神疾患が増加」 医師の4割指摘 - 09月20日(日)16:06  newsplus

 新型コロナウイルス禍での生活環境変化の影響で増えた疾患について、民間企業が全国の医師に尋ねた結果、回答した561人のうち4割近くが「精神疾患」を挙げ、最多だったことが20日分かった。感染者の後遺症と思われるメンタル面の症状では「悪夢を見る」「うつ状態」「常にコロナにおびえている精神状態」などが多かった。  調査は東京の医療情報提供サービス会社「eヘルスケア」が8月にインターネットで実施。外出自粛や休業要請による生活環境変化を受け、患者が増えたり、症状が悪化したりした疾患を複数回答で尋ねると、「不安障...
»続きを読む
カテゴリー:

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所にコロナ関連支援業務を出張費無料で対応します。大阪府松原市独自の新型コロナ関連給付金等申請サポート補助金により行政書士費用の半額(上限15,000円)が補助されます。 - 09月17日(木)17:00 

行政書士法人ひとみ綜合法務事務所が本店を置く、大阪府松原市より大阪府行政書士会に支援要請があったことから、松原市内の事業者、松原市民の方々を対象とした新型コロナウィルスに係る国・大阪府・大阪市等が行う支援制度の申請サポート(申請代行業務)を開始しました(2020/9/17よりサービス対応)。行政書士の申請代行費用の補助として、松原市からは『松原市新型コロナウィルス感染症関連給付金等申請サポート事業補助金』が支給されます。本補助金により、行政書士費用の半額(上限15,000円)が松原市から依頼者へ補助されます。これまでも行政書士法人ひとみ綜合法務事務所は、持続化給付金、大阪府休業要請外支援金、家賃支援給付金を中心とするコロナ支援サポートを大阪府下については基本的に出張費無料(通常は有料)でお客様の事業所まで出向き、書類収集やコピー印刷なども対応が困難なお客様の手足となってお手伝いして参りました。大阪府下には、地元に根付いて堅実に商売、事業をされてきて、インターネットと無縁のお客様も決して少なくなく、パソコンもスマホも操作できない、情報も入ってこないお客様が沢山いることを実感しています。給付金詐欺の横行とは正反対に、申請さえすれば持続化給付金100万円を正当に受けることができるのに、それを知らない方もいらっしゃいます。また、家賃支援給付金に至っては、申請すればもらえるとわかっていても、...more
カテゴリー:

【日刊ゲンダイ】 そば、ラーメン・・コロナ倒産急増で日本から個人店が消える 「飲食店のビジネスモデルが壊れた、外食をしなくなった」 - 09月15日(火)15:30  newsplus

東京商工リサーチが14日発表した1~8月累計の「飲食業」の倒産件数(負債額1000万円以上)は、 前年同期比13・2%増の583件と、2011年を抜き、過去最多となった。 新型コロナウイルスの流行で居酒屋だけでなく、そば、うどん、ラーメン店など庶民店の倒産が急増した。 このペースでいくと、年間最多を記録した11年の800件を大幅に上回る。 業種別に見ると日本料理、中華料理、ラーメン、焼き肉などの「専門料理店」が最多で152件(前年同期133件)。 「酒場、ビアホール」は114件(同83件)だ...
»続きを読む
カテゴリー:

政治家「全国初の条例考えた😤コロナ感染者が自粛要請に従わず他人に感染させたら5万円以下の過料」 - 09月23日(水)09:20  poverty

新型コロナ罰則付き、都民ファ条例案で物議 「感染させたら過料」条文粗く他会派冷ややか 2020年09月23日 05時50分  新型コロナウイルス感染症対策として、東京都議会(定数127)の最大会派・都民ファーストの会(50人)が検討する罰則付き条例案が、物議を醸している。 国会で強制力を持った法改正の議論が進まない中、感染者の行動制限や店舗への休業要請などに実効性を持たせることを狙うが、人権や営業の自由を制約することになり、異論は少なくない。 年内の議員提案を目指すが、条文に粗さが目立つこともあって成立...
»続きを読む
カテゴリー:

キャバクラもマスク定着 山梨で休業要請の個別解除進む - 09月21日(月)16:05 

 「夜の街」と呼ばれる、接待を伴う飲食店の新型コロナウイルス感染対策が山梨県内で進んできた。業界団体の山梨県社交飲食業生活衛生同業組合の鴻上(こうがみ)貴史副理事長が社長を務める甲府市中央のキャバクラ「クラブ ヴォーグ」を訪ねると、マスクやフェースシールドを着けた女性キャストたちが出迎えてくれた。
カテゴリー:

宮城の休業協力金申請、1万3721件 想定の半分以下 - 09月19日(土)11:05 

宮城県は18日の県議会経済商工観光常任委員会で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請に応じた事業者に原則30万円を支給する協力金の申請件数が、想定の5割以下の1万3721件(県負担分約27億円
カテゴリー:

支援あまりに手薄 スナックママ - 09月16日(水)08:31 

福井県内カラオケ喫茶での新型コロナウイルスの感染拡大や、それに伴う福井・丹南地域の店舗を対象にした県による昼間の休業要請(8月28日〜9月10日)は、福井市の繁華街「...
カテゴリー:

自業自得?コロナ給付金「不正受給」企業や個人を待ち受ける運命とは - 09月14日(月)21:09 

沖縄タイムス社(那覇市)の40代男性社員が、新型コロナウイルスに関する持続化給付金などを虚偽申請し、計180万円を不正受給していたことが明らかになりました。同社社長が謝罪しましたが、このような不正受給をしているケースは少なくないといいます。今回の無料メルマガ『採用から退社まで! 正しい労務管理で、運命の出会いを引き寄せろ』では、著者で社会保険労務士の飯田弘和さんが、この不正受給問題を取り上げ、今後多くの事例が出てくるのではと懸念しています。 早晩バレる「不正受給」をめぐる怪しい相談例 最近気になるニュースとして、持続化給付金の不正受給があります。今後は、持続化給付金だけでなく、雇用調整助成金や新型コロナウィルス感染対応休業支援金・給付金についても、不正受給の問題が生じるでしょう。東京都の感染拡大防止協力金なども同様です。 わたしの元にも、かなり怪しい内容の相談がいくつもありました。わたしは、今までお付き合いのない方からの助成金等のご相談については、一切、受けないようにしています。 わたしが受けた怪しい相談例をいくつか挙げてみます。 事業の実態がないと思われるような個人事業主を称する者からの持続化給付金申請の相談。 従業員(雇用契約)ではなく、業務委託契約者や奥さん等の同居の親族を対象とした雇用調整助成金申請。 在宅勤務を命じておきながら、休業手当給付と偽って、雇用調整助成金申請を行...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「休業要請」の画像

もっと見る

「休業要請」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる