「仮想通貨取引サービス」とは?

関連ニュース

仮想通貨初心者にも使いやすい高機能取引ツールを備える取引所、bitFlyerとGMOコインを徹底分析 - 07月10日(金)13:46 

仮想通貨(暗号資産)市場は株式・外国為替取引市場などに比べて急騰・急落が度々起こることもあり、ボラティリティを狙ったトレーディングの人気が高まっています。トレーダーのニーズに対応するために、多くの仮想通貨取引所は独自の「高機能取引ツール」を開発しています。 投資初心者にとってトレーディングは難しいイメージがあるかもしれませんが、ショートポジション(空売り)で下落相場でも利益を上げることができる信用取引は覚えておくべき手法です。そして、高機能取引ツールは未経験者にも使いやすいよう設計されています。 ここでは2014年創業でビットコイン取引量国内No.1の仮想通貨取引所bitFlyerと、2017年にスタートしたGMOコインの高機能取引ツールについて解説していきます。 目次 仮想通貨FX(証拠金取引)とは? 仮想通貨取引所の高機能取引ツールとは? ビットコイン取引量No.1、bitFlyerの「bitFlyer Lightning」 3-1. 現物・FX・先物取引が可能 3-2. 一つの画面内で様々な取引が可能 3-3. 初心者も簡単、チャートで価格を指定して注文可能 DMMグループの金融ノウハウが活かされているDMM Bitcoin 4-1.16種類の通貨ペアに対応しているレバレッジ取引 4-2.ストリーミング・スピード注文などのトレーディング機能 4-3.カスタム可能なPC版取引...more
カテゴリー:

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選 - 07月01日(水)16:53 

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。 注意すべきことは、ある仮想通貨取引所が特定のアルトコインを取り扱っていると思っても、「レバレッジ取引」しか利用できないケースもあることです。レバレッジ取引というのは、資産価格の変動に賭けて決済時に現金をやりとりするものです(差金決済と言います)。そうした場合、目的のアルトコインの現物資産を所有して自分の手元のウォレットや他の取引所に送金することはできません。 ここではHEDGE GUIDE編集部がおすすめするアルトコインを豊富に取り扱っている仮想通貨取引所について、ピックアップします。現物とレバレッジ取引とで取扱通貨が異なる企業もありますので、ぜひ参考にしてみてください。 目次 アルトコインを豊富に取り扱っている仮想通貨取引所・販売所4選 1. 現物取引のみ!国内最多12種類の仮想通貨を取り扱うCoincheck 2. アルトコインのレバレッジ取引銘柄なら国内最多!DMM Bitcoin 3. 現物取引で9種類の仮想通貨を取り扱うbitFlyer 4. 7種類の現物、5種類のレバレッジ取引を備え...more
カテゴリー:

【2020年度決定版】bitFlyerで仮想通貨投資を始める方法:スマホで口座開設編 - 06月29日(月)18:26 

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップは仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。 数ある仮想通貨取引サービスの中、国内利用率が最も高いサービスを提供しているのが「bitFlyer」です。そこでここでは、スマホでbitFlyerの口座を開設する方法についてご説明します。なお、bitFlyerを利用できるのは「日本国内に居住する20歳以上の方」のみとなっています。 目次 bitFlyerの3つのポイント 1-1. ビットコイン取引量国内No.1の「bitFlyer Lightning」 1-2. 二種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約 1-3. ポイント交換でビットコインを獲得できる 口座開設プロセスと2つの本人確認方法 2-1. STEP 1:アカウント登録 2-2. STEP 2:本人確認 本人確認書類に関する注意事項 まとめ ①bitFlyerの3つのポイント bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタル(SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル等)から出資を受けています。bitFlyerは2014 年の創業以来一度もハッキング被害に遭っておらず、ビットコイン取引量では国内No.1を...more
カテゴリー:

仮想通貨投資初心者にも使いやすい高機能取引ツールを備える取引所、bitFlyerとbitbankを徹底分析 - 06月26日(金)13:02 

2017年のビットコインバブルの頃は、SNS上で「HODL(ガチホ:がっちり保有するの意)」というワードを目にすることが多くありました。実際のところ、2010年から2019年にかけてビットコインは90,000%高騰しており、1ドル(約100円)の投資は90,000ドル(約900万円)へと化けたわけです。今後もさらに価値を伸ばす可能性があるので、HODLは今も変わらず戦略の一つです。 しかし、暴落や長期的な下落トレンドもある中で、HODLし続けることは並大抵なことではありません。むしろ最近ではデリバティブ市場が発展しているため、トレーディングの人気が高まり、出来高が急増しています。ショート(空売り)ができる先物・FX市場であれば下落から利益を得ることもできるので、ビットコインのボラティリティ(価格変動率の大きさ)を活かすことができます。 現在、多くの仮想通貨取引所がこうしたトレーディングのニーズに対応するために独自の「高機能取引ツール」を提供しています。投資初心者にとってトレーディングは難しいイメージがあるかもしれませんが、高機能取引ツールは未経験者にも使いやすいよう設計されています。今回は共に2014年創業で多くのユーザーを集めている仮想通貨(暗号資産)取引所、bitFlyerとbitbankの高機能取引ツールについて、解説していきます。 目次 仮想通貨取引所の高機能取引ツールと...more
カテゴリー:

【仮想通貨初心者向け】GMOコインで仮想通貨投資を始める方法:口座開設編 - 07月06日(月)13:58 

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップは仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。 数ある仮想通貨取引サービスの中でも、FX取引高7年連続世界No.1を誇るGMOクリック証券を提供してきた実績のある企業グループが運営するのがGMOコインです。ここでは、GMOコインで口座開設する方法についてご説明します。なお、GMOコインを利用できるのは「日本国内に居住する20歳以上の方」のみとなっています。 目次 GMOコインの3つのポイント 1-1. 東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社 1-2. さまざまな銘柄でレバレッジ取引が可能 1-3. 複数の注文方法があるので安心してFX取引ができる 1-4. 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」でFX取引が可能 1-5. 資産の分別管理で安心のセキュリティ 口座開設プロセスと2つの本人確認方法 2-1. STEP 1:アカウント登録 2-2. STEP 2:本人確認 本人確認書類に関する注意事項 まとめ ①GMOコインの5つのポイント 1. 東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社 GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。GMOコインでは、同じくグループ会社であるGMOクリック証券で培われた金融サービス提供のノウハウや堅牢な...more
カテゴリー:

【トレーディングしたい方におすすめ】 bitFlyerと DMM Bitcoinの高機能取引ツールを比較!注文方法の種類から使いやすさなど徹底分析 - 06月29日(月)19:43 

仮想通貨(暗号資産)取引では、実際に仮想通貨を購入して売却してリターンを得る「現物取引」以外に、資金の数倍の取引が可能な証拠金取引(仮想通貨FX)があります。一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が公表している「暗号資産取引状況表(月次)」によると、20120年2月の(JVCEA加盟の国内取引所)現物取引量は6,450億円。一方の証拠金取引は11兆6,570億円であり、市場全体の9割強を占めています。 レバレッジ取引はショート(空売り)ができるため、資産価値の下落から利益を得ることも可能です。特に価格が乱高下する時期において、ビットコインのボラティリティ(価格変動率の大きさ)を活かすことができます。トレーディングで収益を出したいと考えている場合、取引ツールで利用サービスを選択することは重要となります。 今回は、仮想通貨の高機能取引ツールに関する基本情報と、老舗でありNo.1の出来高を誇る仮想通貨取引所bitFlyerと、新進気鋭のDMM Bitcoinの高機能取引ツールについて比較ご紹介します。初心者にも使いやすいように設計されているので、これから仮想通貨投資に取り組みたいという方も参考にしてください。 目次 仮想通貨FX(証拠金取引)とは? 仮想通貨取引所の高機能取引ツールとは? ビットコイン取引量No.1、bitFlyerの「bitFlyer Lightning」 ...more
カテゴリー:

オンライン決済大手PayPal(ペイパル)が仮想通貨売買サービスを計画か - 06月29日(月)10:47 

オンライン決済サービスを提供するアメリカの大手企業PayPal(ペイパル)が、仮想通貨(暗号資産)の売買サービスを3か月以内に開始すると報じられた。事情に詳しい3人の関係者が明らかにしたとして、ビットコイン・デジタル通貨ニュースメディアのCoinDeskが6月22日、伝えている。 情報提供者によると、3億2500万人の顧客ベースを抱えるPayPalと同社子会社で5,200万アカウントを有す若者向け送金アプリVenmo(ベンモ)から直接、仮想通貨の売買ができるようになるという。提供者の一人は、Paypalが暗号資産を保管するための内臓型ウォレットを備える仕組みを推測している。 取り扱う仮想通貨(暗号資産)の種類は不明だが、別の情報提供者はPaypalの新サービスは3か月以内のリリースが期待できるとしている。Paypalは仮想通貨の流動性を確保するために複数の取引所と協業すると見られ、アメリカのCoinbase(コインベース)やルクセンブルクのBitstamp(ビットスタンプ)が有力視されている。Coinbaseは2018年にアメリカのユーザー向けにPayPal口座への現金の即時出金サービスを開始するなどビジネス関係を築いているが、PayPalと仮想通貨取引所2社はCoinDeskに対してコメントを控えている。 2020年初めにPaypalはブロックチェーンリサーチ組織を設立するために...more
カテゴリー:

機関投資家の参入が加速!今知っておくべきおすすめのビットコイン投資方法とは? - 06月22日(月)19:49 

2020年3月以降、インターネット証券で新規口座を開設する個人が急増していると報じられ、ビットコイン市場では機関投資家が参入している事を示す複数の指標が確認されています。CMEビットコイン先物の出来高は5月11日に約3か月ぶりの高水準(約9億米ドル)に達し、同ビットコイン・オプションの取引高も同日に過去最高の1,500万米ドルを記録しました。規制されたデリバティブ市場の出来高は、ビットコインに対する機関の関心を示唆する指標の1つです。 機関投資家がビットコインに本格的に参入し始めると、市場はますます賑わいを見せると予想されます。仮想通貨に興味がありながらまだ踏み出せていない人は、今から少しずつ仮想通貨投資に慣れてみることをおすすめします。 ビットコインは現在100万円前後ですが、もしも過去最高値200万円に向けて上昇し始めれば各方面で話題となるでしょう。ビットコインはボラティリティ(価格変動)が大きい資産です。強気ムードに踊らされて不用意に資産を投入すれば、下落リスクが高い投資となるでしょう。 ビットコインは少額から投資できるので、まずは手慣らしという感覚で投資を始めてみましょう。そこで、ここでは、投資初心者におすすめの仮想通貨投資方法と仮想通貨取引所・販売所についてピックアップします。 目次 投資初心者におすすめのビットコイン投資方法 1-1. ドルコスト平均法で安定的な資産運...more
カテゴリー:

「仮想通貨取引サービス」の画像

もっと見る

「仮想通貨取引サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる