「代替品」とは?

関連ニュース

どうすればマイクロプラスチックを減らすことがで.. - 11月12日(火)22:45 

どうすればマイクロプラスチックを減らすことができる?サステナブルな代替品を選ぶための8つのTips。
カテゴリー:

桃色スティック男 ズボン下げて股間にあてがい「こんにちは」代替品か?東村山 - 11月09日(土)12:22 

 東京・東村山市で今月8日夕方、下校途中の女子生徒が、面識のないズボンを下げた中年男から呼び止められたとして警察に110番通報があった。男は股間にピンク色の棒状の物をあてがっていたという。    不審な男が目撃されたのは、8日午後5時半…
カテゴリー:

プラスチック製ストローの代替品、どれなら使う? - 11月04日(月)13:38 

外食・食品業界ではプラスチック製ストロー廃止の動きが進んでいるが、その代替品10種類についてFOODBEASTがランキング形式にまとめている(FOODBEASTの記事)。 順位は以下の通り。1位・2位・4位・8位は繰り返し使用型のストロー、6位・7位・9位・10位は使い捨て型のストローとなる。 ステンレス製ストロー 竹製ストロー 飲み口付き蓋 ガラス製ストロー ストローなしで直飲み 麦わら製ストロー 紙製ストロー シリコン製ストロー パスタ製ストロー 生分解プラスチック製ストロー 繰り返し使用型の中ではシリコン製ストローがゴムみたいな味(匂い)、ガラス製ストローが割れやすさにより低評価となっている。竹製ストローは長期間の使用で摩滅することで、ステンレス製ストローに1位の座を譲っている。ただし、シリコン製ストローを味の変化で低評価したにもかかわらず、ステンレス製ストローでは製品によってシリコン製のチップが付属して口当たりがよくなることも高評価ポイントにしている。なお、ViceのEve Peyser氏は昨年、代替ストロー比較記事でステンレス製ストローの金属的な味や冷たさが大嫌いだと述べていた。 最低評価の生分解プラスチック製ストローは、従来のプラスチック製ストローと変わりない使用感が得られるものの、実際に生分解するには専用の商用コンポスト施設が必要だという。そのため、普通に捨てて...more
カテゴリー:

エシカル志向の影響?米国のメイシーズが「毛皮製品」の販売終了を発表 - 11月04日(月)06:00 

アメリカの老舗デパート「Macy’s(メイシーズ)」とグループの百貨店チェーン「Bloomingdale’s(ブルーミングデールズ)が毛皮製品の販売を終了することを先月発表した。これは両社が展開するアウトレット店舗も例外ではなく、2020年度末までに販売を終える予定だ。今回の発表は、カリフォルニア州で制定された動物毛皮製品の製造販売や寄付を禁止する全米初の法律が制定されたのに伴うアクション。今後はブランド動向の調査と顧客の声に基づいて毛皮の代替品を研究し、高品質でファッショナブルなフェイクファーを用いたアイテムを提供していくという。世界的なハイブランドなども毛皮の使用禁止を発表したり、ユーザーもエシカルなアイテムやブランドを選ぶ傾向が強まる時代。もともと、米国内の毛皮製品市場に陰りがあるのも手伝い、ビジネス的な成功という面でもメイシーズにはプラスになる施策ではないだろうか。Top image: © shutterstock/Creative Lab
カテゴリー:

米デニーズがBeyond Meatと提携して植物性バーガーを展開へ - 10月29日(火)11:15 

米国のDenny’s(デニーズ)は植物由来食品メーカーのBeyond Meat(ビヨンド・ミート)と提携を結んだ。新メニュー「Denny’s Beyond Burger」(デニーズ・ビヨンド・バーガー)にBeyond Meatの肉代替品を使用する。 Beyond Meatと同社の最大のライバルImpossible Foodsは、米国の大手食品会社に肉代替品を提供するために熾烈な争いを展開しているが、Beyond Meatが次第にImpossible Foodsを引き離しつつある。ここ数カ月で、Beyond MeatはMcDonald’s(マクドナルド)、そしてデニーズと契約を結び、Dunkin’ Donuts(ダンキン・ドーナツ)にも供給することで合意した。 デニーズとの初期パイロット事業には、米国サウスカロライナ拠点のレストランチェーンであるロサンゼルスにあるデニーズ全店が含まれる。デニーズでは、Beyond Burgerがトマト、タマネギ、レタス、ピクルス、アメリカンチーズ、そしてスペシャルソースとともにマルチグレインのパンにサンドされて提供される。 このサンドの販促の一環として、ロサンゼルスのデニーズではハロウィーンの夜にサンドを購入した客にバーガーを1つ無料で提供する。デニーズは(私の前の雇用主だ)2020年にBeyond B...more
カテゴリー:

生理用品、フェイスマスク、ティーバッグも! 脱プラスチックのためにできること。【サステナビリティ最前線】 - 11月12日(火)12:00 

マイクロプラスチックが環境や生態系に与える影響が明らかになり、懸念が広がっている。では、どうすればマイクロプラスチックを減らすことができるのだろう? 私たちの日常に潜む「不可視な」プラスチックを知り、よりサステナブルな代替品を選ぶためのTipsをまとめてみた。
カテゴリー:

【軍事】知っておくべき米軍が採用しなかった3挺の名銃 - 11月07日(木)02:16  newsplus

多くの優れた武器は、世界最高の戦闘力の手に渡っていません。 米軍の小火器採用プロセスの歴史は、「ミステリー」に満ちています。 FNFALからSavage Model 1907まで、多くの大火器が不採用となりました。 ここに、アメリカ軍によって試されたが採用されなかった最高のライフルのいくつかがあります。 1.ペダーセンライフル: 半自動歩兵ライフルは、戦間期に強い関心を集めた概念でした。 フランスのRSC 1917および1918、モーゼルセルブストラダー1916などの半自動式ライフルは戦争中に使用されましたが、彼らは発射され...
»続きを読む
カテゴリー:

非動物由来コラーゲン製造のGeltor、食品添加物の大型契約締結後に約54億円調達へ - 11月04日(月)08:30 

細胞培養コラーゲンメーカーであるGeltor(ジェルター)は、世界トップのコラーゲンサプライヤーであるGelita(ジェリタ)と9桁(日本円で数百億円)規模の取引契約にサインしたようだ。TechCrunchが得た情報によると、Geltorは現在少なくとも5000万ドル(約54億円)の新規資金調達を目指している。 同社の計画を知る筋によると、調達額は5000万ドル〜1億ドル(約54億円〜108億円)になる見込み。調達資金は、Gelitaとの長期契約遂行に必要なコラーゲン製造能力拡大に使われる。 Geltorはタンパク質の大量培養技術を開発中。動物由来のタンパク質を補完する位置づけだが、最終的には代替するのが狙いだ。他社は培養製品を肉の代替品として開発しているが、Geltorはサプライチェーンの別の側面、すなわちコラーゲンとゼラチン添加剤が一般に食肉産業からの廃棄物から作られる点に注目した。 古来、ゼラチンは動物の皮膚、軟骨、骨から煮出す。この物質は増粘剤として機能するため化粧品や食品に多く使われている。Geltorが挑むコラーゲンとゼラチンの市場は合わせて90億ドル(約1兆円)と、かなりの規模がある。 市場規模と同様に重要な点は、代替肉産業が確立された場合、従来の食肉加工からの廃棄物に代わる原材料を見つける必要があるということだ。Geltorは、非動物由来コラーゲンとして、海洋性コラ...more
カテゴリー:

上野動物園のモノレール、老朽化で本日をもって休止へ - 10月31日(木)07:32  poverty

上野公園のモノレール、老朽化で休止へ 再開の道も模索 上野動物園で60年以上親しまれてきたモノレールが、老朽化のため、31日を最後に休止する。 これまで存廃問題が持ち上がった際も、市民の強い要望を受けて走り続けてきた。乗客らは存続を望む。 上野動物園のモノレールは1957年、東京都交通局が総工費2億円(当時)をかけてつくった。日本で初めて実用化されたモノレールだ。  戦後の経済発展にともなう交通混雑を解消するため、将来、モノレール交通網を作ることを念頭にした「実験線」として位置付けられていた。 当時...
»続きを読む
カテゴリー:

【海洋汚染】プラスチックごみ問題「関心がある」9割近く 内閣府世論調査 - 10月25日(金)17:15  newsplus

内閣府の世論調査で、プラスチックごみの問題に「関心がある」と答えた人は9割近くに上った一方、環境に優しいプラスチックの代替品について「品質や価格にこだわらずに購入する」と答えた人は14%にとどまりました。 内閣府は、ことし8月から先月にかけて、全国の18歳以上の3000人を対象に、プラスチックごみによる海洋汚染などの問題をめぐって初めて世論調査を行い、56%にあたる1667人から回答を得ました。 それによりますと、プラスチックごみの問題に「非常に関心がある」、「ある程度関心がある」と答えた人は、合わせて8...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「代替品」の画像

もっと見る

「代替品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる