「代替品」とは?

関連ニュース

OSSのクラウド基盤「OpenStack」の10年を振り返る--AWSの代替品を超えて大きく進化 - 07月16日(木)13:56 

2010年を思い出そう。オラクルのラリー・エリソン氏はクラウドを依然として「ただの戯言」とみなしていたかもしれない。「クラウドは他人のコンピューターにすぎない」と主張する一派もいた。しかし、先見の明ある人々もいた。NASA Ames Research CenterとRackspaceは、クラウドを構築する最善の方法はオープンソースソフトウェアを使うことだと結論を下し、「OpenStack」を生み出した。
カテゴリー:

【名機】PC-98いまだ現役 在庫1000台の修理販売ビジネスに迫る(朝日) ★2 - 07月15日(水)08:25  newsplus

7/14(火) 11:00配信  昭和から平成の始まりにかけて国内市場を席巻し、「キューハチ」と呼ばれ親しまれたNECの名パソコン「PC-98」シリーズ。リモートワーク隆盛のいまも、根強いニーズがあるという。トラブルに困ったユーザーが駆け込むという専門店を訪ね、いまだ現役の老ハードを取り巻く状況を探った。  PC-98は、NECが1980年代から販売していた16/32ビット機。当時としては高精細なグラフィックや優れた日本語処理を武器に、ピーク時の国内シェアは少なくともビジネス向けで8割、個人向けで5割以上あったとされる。  し...
»続きを読む
カテゴリー:

関節痛におさらばできる!? 膝軟骨を代用する「人工軟骨ゲル」が見つかる - 07月11日(土)17:00 

Credit:Benjamin J. Wiley point 天然膝軟骨と同じ特性を示す人工軟骨ゲルがつくられる 人工軟骨ゲルは複数のポリマーの複合体であり、柔軟性と剛性を示す 現段階で10万回の引張試験と100万回の摩耗試験をクリア 身体の一部である膝軟骨は、柔らかいクッションと頑丈なバリア特性を両立させており、忙しなく動く脚部の関節を保護してくれる稀有な生物学的物質です。 当然ながら膝軟骨の人工代替品を見つけることは難しく、科学者たちの課題となってきました。 ところが最近、米国デューク大学の化学者ベンジャミン・J・ワイリー氏ら研究チームは天然膝軟骨の特性と一致する「人工軟骨ゲル」を開発しました。 [ads01] これにより、関節の機能を完全に回復させられるかもしれません。 人工軟骨の必要性 長年膝を使い続けるなら軟骨は擦り減っていき、関節に痛みを与えます。放置するなら膝は変形(変形性膝関節症)し、歩行すら困難になるのです。 軟骨は一度失われると再生しないため、変形性膝関節症の人は人工膝と交換する「膝関節置換術」を行うこともあるでしょう。 (左)正常な関節、(右)変形性膝関節症。膝軟骨が擦り減っている/Credit:depositphotos 米国では毎年79万件を超える膝関節置換術が行われています。日本でも手術件数は年々増加しており、現在では年間9万件以上にも上るので...more
カテゴリー:

ジャックフルーツで人工肉を作るシンガポール拠点のKaranaが1.8億円調達 - 07月10日(金)14:45 

シンガポールでは植物ベースの代替肉への需要が増しているようだ。事実、Beyond Meat(ビヨンド・ミート)、Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)、Quorn(クォーン)といった企業の製品への関心度は、このパンデミックの間にも上昇している。その理由には「消費者が健康重視の選択をするようになったことがある」とシンガポールの大手新聞であるThe Straits Time(ザ・ストレーツ・タイムズ)は書いている。そしていま、この市場に新規参入者が登場した。シンガポールに本社を置くKarana(カラナ)は、米国時間7月9日、シード投資として170万ドル(約1億8000万円)を調達し、最初の製品の発売計画を発表した。ジャックフルーツを原料とする豚肉の代替品が今年中に発売される。 Karanaのシードラウンドには、Quorn Foods(クォーン・フーズ)を2015年に買収したMonde Nissin Group(モンド・ニッシン・グループ)のCEOであるHenry Soesanto(ヘンリー・ソエサント)氏、アグテックの投資企業Big Idea VenturesとGermi8、そして、食品と清涼飲料水の業界で豊かな経験を持つ香港の起業家でエンジェル投資家のKevin Poon(ケビン・プーン)氏とGerald Li(ジェラルド・リー)氏が参加している。Karanaによ...more
カテゴリー:

【コロナ対策強化!日用品販売サイトASKULにて松井 酒造が「アルコール製剤 MK-66」の販売開始!手指除 菌・安心安全・生活衛生の徹底に!】 - 07月03日(金)17:00 

酒造メーカー「松井酒造合名会社」が、7月1日生活・事務用品販売サイト【ASKUL】(https://www.askul.co.jp/)にて【アルコール製剤 MK-66】の販売を開始致します。「MK-66」は経産省の許認可を受けたアルコール製剤で、消毒用エタノールの代替品(※1)として手指消毒に使用することが可能です。アルコール製剤は食品や食器などに付着しても安全です。使用用途に関しましては手指消毒だけでなく飲食店やご家庭での包丁やまな板などの調理器具の消毒など、あらゆるシーンでお使い頂けます。また「MK-66」は飲用のお酒ではなくアルコール度数66%の食品添加物で、除菌効果の高い成分や、保湿に有効なグリセリン等の成分を加えておりますので、飲食店やホテル、ご家庭のドアノブやテーブルの消毒・除菌など、生活衛生に安心してご活用頂けます。※1 本製品は医療品や医療部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として  手指消毒に使用することが可能です。厚生労働省によるコロナウイルス対策記事   https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000624086.pdfお問い合わせ、ご購入については下記のASKULの販売ページをご覧いただき、お掛け間違いの無いようお願い致し ます。まだまだ油断ならない状況でございますので、しっかりと感染予防対策を行いコロナウ...more
カテゴリー:

英ファーウェイ排除 代替品確保で日米欧などと連携 米歓迎、中国は報復辞さず - 07月15日(水)19:00 

 英政府は14日、第5世代通信規格(5G)整備から中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品を排除する方針を決めたのに伴い、代替製品の確保で日米欧などと連携する方針を表明した。主要7カ国(G7)に韓国やインド、オーストラリアを加えた枠組み「D10」が念頭にありそうだ。これに対し中国は強く反発し、
カテゴリー:

【名機】PC-98いまだ現役 在庫1000台の修理販売ビジネスに迫る(朝日) - 07月14日(火)17:53  newsplus

7/14(火) 11:00配信  昭和から平成の始まりにかけて国内市場を席巻し、「キューハチ」と呼ばれ親しまれたNECの名パソコン「PC-98」シリーズ。リモートワーク隆盛のいまも、根強いニーズがあるという。トラブルに困ったユーザーが駆け込むという専門店を訪ね、いまだ現役の老ハードを取り巻く状況を探った。  PC-98は、NECが1980年代から販売していた16/32ビット機。当時としては高精細なグラフィックや優れた日本語処理を武器に、ピーク時の国内シェアは少なくともビジネス向けで8割、個人向けで5割以上あったとされる。  しか...
»続きを読む
カテゴリー:

人工肉のNuggsがSimulateにリブランド、資金とCTOを得てチキンナゲット代替品のみから製品ライン拡大へ - 07月10日(金)17:00 

シリアルアントレプレナーでソーシャルメディアアプリ「Monkey」の共同創業者(THE NEW YORKER記事)であるBen Pasternak(ベン・パステルナーク)氏が創業した人工肉企業のNuggsが、410万ドル(約4億4000万円)を調達した。また社名を変更し新たなCTOを迎えて、チキンナゲット以外の製品に手を広げようとしている。 Simulateという社名に変更したこの企業は、スパイシーナゲット、チキンバーガー製品、そしてゆくゆくはホットドッグを発売する予定だ。肉を食べたいという消費者の衝動を変えるために競争の激烈な業界で目標を広げ、それにふさわしいブランドに変更する必要があった。 1年ちょっと前にパステルナーク氏がチキンナゲットの代替品を消費者に届け始めて以来、約450トンのナゲットを販売した。7月13日の週に、Simulateの冷凍ナゲットはカリフォルニアの約30店舗のGelson’s Marketに登場する。同社は今後数カ月のうちにチキンパティを、第4四半期にはホットドッグ代替品のDOGGSを発売する計画だ。 同社は6月にナゲットを新しくし、それに合わせてパステルナーク氏はリブランドを開始した。 新しくなった同社に、Lerer Hippeau、AgFunder、Reddit共同創業者のAlexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)氏、ホールフー...more
カテゴリー:

生分解性食器市場ー材料別、製品別、アプリケーション別、エンドユーザー別(FMCG、業界、その他)、流通チャネル別(オンラインおよびオフライン)-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年 - 07月07日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「生分解性食器市場:世界的な需要の分析及び機会展望、2020~2028年」2020年7月 06日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、2020~2028年の予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。生分解性食器は、プラスチック製の食器製品の代替品です。製造業者は、生分解性廃棄物から生分解性食器の製造に熱心です。サトウキビ抽出、米ぬか、小麦、トウモロコシの残留副産物は、生分解性食器の製造に使用される複数の原材料です。そらに、メーカーは、自社の製品ラインの地平を広げるために、落ちたヤシの葉や紙くずなどのリサイクル可能な廃棄物を模索しています。生分解性食器には、廃棄されてから数か月以内に分解する可能性のあるボウル、プレート、カップ、ミールトレイなどの食品容器や食器が含まれます。包装廃棄物は地方自治体の固形廃棄物の重要な部分であることが観察されており、環境問題の増大を引き起こしています。https://ww...more
カテゴリー:

『プリンテッド・フレキシブルセンサー』の技術、企業情報、市場予測を網羅した、市場調査レポートを、IDTechExがリリース。この市場は2030年までに45億ドル規模に到達すると見込んでいます。 - 07月03日(金)10:00 

IDTechEx(英国の先進技術調査会社)は、『プリンテッドおよびフレキシブル センサー 2020-2030年:技術、有力企業、見通し』と題した調査レポートを発行し、2020年6月15日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社での販売を開始しました。https://www.idtechex.com/ja/research-report/printed-and-flexible-sensors-2020-2030-technologies-players-forecasts/755プリンテッドセンサーをイメージしてくださいと言われると、血糖値を測定するためのテストストリップを想像するかもしれません。やはり、血糖値試験紙はプリンテッドセンサー市場の大部分を占めており、世界中の糖尿病患者により毎年数十億枚が使用されています。しかし、こうしたおなじみの用途の陰には、画像検出からウェアラブル電極まで、非常に複雑かつ細分化された市場が存在し、中には急速な成長を遂げている市場もあります。IDTechExの新しい市場調査レポート、 『プリンテッドおよびフレキシブル センサー 2020-2030年: 技術、有力企業、見通し』は、プリンテッド&フレキシブルセンサーの全体をカバーしています。合計すると、プリンテッドセンサーはプリンテッド・エレクトロニクス市場において最大の規模を占めています。ID...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「代替品」の画像

もっと見る

「代替品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる