「今大会」とは?

関連ニュース

【ラグビー】日本中が「ラグビーにわかファン」で溢れる理由4つの観点からW杯の盛り上がりを読み解く - 10月20日(日)00:17  mnewsplus

9月20日のロシア戦18.3%ではじまり、28日のアイルランド戦は22.5%(後半)、10月5日のサモア戦は32.8%、13日のスコットランド戦は39.2%と、右肩上がりで超高視聴率を連発したラグビーワールドカップ日本戦(ビデオリサーチ、関東地区)。 しかもスコットランド戦の39.2%は、今年放送された全番組のトップであり、各地の視聴率も、札幌42.9%、仙台34.8%、名古屋39.1%、関西37.2%、岡山・香川32.6%、北部九州33.8%と、日本全国で見られていることがわかるのではないでしょうか。 テレビ中継だけでなく、パブリックビューイ...
»続きを読む
カテゴリー:

「小さな巨人」諦めぬ強い心 166センチの田中史朗 ラグビーW杯 - 10月19日(土)22:00 

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で20日、南アフリカとの準々決勝に臨む日本代表。3大会連続出場の田中史朗(34)は身長166センチと小柄ながら、体の大きな相手をあざ笑うかのようなボールさばきでグラウンドを支配する。今大会、途中出場で試合の流れを引き寄せる重要な役割を担うベテランの胸にあるのは、才能が開花した名門校での日々。誰よりも勝負にこだわる男は、日本ラグビーをさらなる高みへと押し上げる。
カテゴリー:

DJ KOO、日本の南ア撃破は「ズバリ70%」 - 10月19日(土)18:22 

TRFのDJ KOO(58)が、ラグビーW杯準々決勝の南アフリカ戦に臨むジョセフ日本にエールを送った。 先月行われた南アフリカとの壮行試合(熊谷)を現地で観戦している。決戦を前に、今大会の南アフリカの戦いも見直したといい「やはりディフェ…
カテゴリー:

ラグビーW杯 準々決勝に向けて最終調整 SH流「誇り高く戦う」 - 10月19日(土)12:06 

ラグビーワールドカップ日本大会で、日本代表は、20日、行われる強豪、南アフリカとの準々決勝に向けて都内で最終調整し、今大会すべての試合で先発している流大選手が意気込みを話しました。
カテゴリー:

19、20日に県民スポーツ大会 - 10月19日(土)09:45 

第72回県民スポーツ大会が19、20の両日、鳥栖市、神埼市、吉野ヶ里町など三神地区を中心に開かれる。公開競技の5競技を含む24競技に9580人が参加し、熱戦を繰り広げる。 2023年に佐賀県内で初めての「国民スポーツ大会」が開かれるのをはじめ、「体育」から「スポーツ」への流れが進むのに合わせ、今回から大会名を変更した。19、20日は陸上やサッカー、テニス、バレーボールなど19競技を37会場で実施。今大会から局長杯を廃止し、市の部、町の部のそれぞれの1位に新調した知事杯が贈られる。
カテゴリー:

【ラグビー/W杯】準々決勝 強すぎるニュージーランド!圧巻の7トライでアイルランドに46-14で大勝し3大会連続準決勝進出★3 - 10月19日(土)23:11  mnewsplus

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが 同4位アイルランドを46-14で撃破。3連覇へ4強入りを決めた。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。 試合前から会場は異様な雰囲気に包まれた。ニュージーランドが選んだ恒例のハカは、限られた試合でしか行わない 「カパ・オ・パンゴ」だ。今大会2度目となる特別仕様の戦いの舞いを超満員で埋まったスタジアムに披露したが、客席の 半分近くを埋めるアイルランドファンも大きな歌声で...
»続きを読む
カテゴリー:

【ラグビー/W杯】準々決勝 強すぎるニュージーランド!圧巻の7トライでアイルランドに46-14で大勝し3大会連続準決勝進出★2 - 10月19日(土)21:49  mnewsplus

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが 同4位アイルランドを46-14で撃破。3連覇へ4強入りを決めた。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。 試合前から会場は異様な雰囲気に包まれた。ニュージーランドが選んだ恒例のハカは、限られた試合でしか行わない 「カパ・オ・パンゴ」だ。今大会2度目となる特別仕様の戦いの舞いを超満員で埋まったスタジアムに披露したが、客席の 半分近くを埋めるアイルランドファンも大きな歌声で...
»続きを読む
カテゴリー:

「平尾も喜んでいる」準々決勝はミスターラグビーの命日 ラグビーW杯 - 10月19日(土)17:55 

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初の準々決勝に臨む日本代表。日本ラグビーにとって歴史的な日となる10月20日は、平成28年に53歳で逝った元日本代表の平尾誠二さんの命日でもある。選手、監督として4度のW杯を戦い、今大会誘致にも尽力した「ミスターラグビー」。ともに楕円球を追った仲間は、特別な思いを胸に、フィフティーンにエールを送る。
カテゴリー:

【サッカー】<フランス女子W杯>大会過去最多の視聴者数を記録!世界で11億人以上が観戦... - 10月19日(土)10:36  mnewsplus

2019 FIFA女子ワールドカップ フランスの視聴者が大会史上最多となる約11億2000万人を記録したことがわかった。FIFA(国際サッカー連盟)が18日に公式サイトで発表した。  この夏に行われた女子W杯フランス大会は、前回女王のアメリカが初の決勝進出を果たした欧州女王のオランダに2-0で勝利して、2大会連続4回目の優勝で幕を閉じた。なでしこジャパンも2大会ぶりの優勝を目指したが、決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れてベスト16敗退となった。  発表によると、今大会はテレビやインターネットなどでの視聴者が全世界で約...
»続きを読む
カテゴリー:

ラグビーW杯 データで見るジャパンの成長 攻守両面で大きく向上 - 10月19日(土)09:00 

 ラグビー日本代表の前回W杯からの成長は攻撃、防御両面のデータで裏付けられた。  今大会と前回の15年大会の1次リーグ4試合のデータを比較すると、攻撃では、ボールを持って進んだ距離を示す「ゲインメーター」が、前回の1試合平均359・3メートルから520・8メートルに大きく伸びた。選手の突破力や推進力
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「今大会」の画像

もっと見る

「今大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる