「人権社会確立」とは?

関連ニュース

【大分】差別撲滅へ「まず人権教育を」 人権社会研究集会 「知識がないとネット上のフェイクニュースや偏見をうのみにする」 - 05月17日(金)03:18  newsplus

討議で、人権教育などの在り方を報告する佐賀大学の松下一世教授(右端)ら=大分県別府市のビーコンプラザ  「人権社会確立第39回全九州研究集会」は最終日の15日、大分県別府市で分科会を開いた。「人権政策の確立の現状と課題」と題したパネルディスカッションでは、研究者らの討議を通じて部落差別などをなくすための行政の施策や教育の在り方を考えた。  人権教育を専門とする松下一世佐賀大学教育学部教授は、学校で同和教育をきちんと教えられていないと答える学生が増えている状況を示し、「知識がないとインターネ...
»続きを読む
カテゴリー:

反差別、人権尊重を確認  - 05月15日(水)09:15 

「人権社会確立第39回全九州研究集会」が14日、大分県別府市で始まった=写真。2016年12月施行の部落差別解消推進法に基づく施策の在り方や憲法の理念などに関する講演を通して、「九州はひとつ」をスローガーンにして反差別や人権尊重のまちづくりを推進することを確認した。 部落解放同盟中央本部執行委員長の組坂繁之氏は記念講演で、推進法を受けて福岡県や各市町村で条例制定の動きがあることを説明した。
カテゴリー:

差別撲滅へ「まず教育を」 - 05月16日(木)07:15 

「人権社会確立第39回全九州研究集会」は最終日の15日、大分県別府市で分科会を開いた。「人権政策の確立の現状と課題」と題したパネルディスカッションでは、研究者らの討議を通じて部落差別などをなくすための行政の施策や教育の在り方を考えた。 人権教育を専門とする松下一世佐賀大学教育学部教授は、学校で同和教育をきちんと教えられていないと答える学生が増えている状況を示し、「知識がないとインターネット上のフェイクニュースや偏見をうのみにする恐れがある。メディアリテラシーも含めた教育が重要」と強調した。
カテゴリー:

「人権社会確立」の画像

もっと見る

「人権社会確立」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる