「人材育成事業」とは?

関連ニュース

佐賀アート情報サイト「potari」立ち上げ - 04月19日(金)11:00 

佐賀県内の芸術・文化を盛り上げる新たな動きが始まっている。「アートマネジメント」(芸術経営学)の観点から、アート情報を発信する人材を育成するプロジェクトで、佐賀と周辺地域の情報をまとめたポータルサイト「potari(ぽたり)」を立ち上げた。年度内に本格オープンさせる予定で、新たな人材を求めている。 アートマネジメント人材育成事業「佐賀モバイル・アカデミー・オブ・アート(SMAART)」は佐賀大学芸術地域デザイン学部が主催し、2017年度にスタートした。
カテゴリー:

元巨人の桑田さん/人材育成事業「下北プロジェクト」に協力/むつ市と東京大学の共同 - 04月11日(木)12:09 

青森県むつ市と東京大学は10日、本年度から共同で始める人材育成事業「下北プロジェクト」に関し、元プロ野球巨人の投手で、現在東大大学院の特任研究員を務める桑田真澄さんがプロジェクトに協力すると明らかにした。市と東大は11日の会見で詳細を説明する。桑田さんは、1986~2006年に巨人の投手として活躍。07~08年は米大リーグ・パイレーツでプレーした。東大によると、16年から東大大学院総合文化研究科の特任研究員として、投球のコントロールに関する研究に取り組んでいる。むつ市で18年9月に開かれた少年…
カテゴリー:

次代担う経営者育成へ青森県が開塾 - 04月18日(木)11:00 

県は本年度から、青森県の次代を担う経営者や経営幹部を育成する「あおもり立志経営塾」を開講する。参加者が戦略的な経営を学び、資質向上を図るとともに、全国の経営者との交流ネットワークを拡大させる。県の人材育成事業の一環。塾長には、日本総合研究所の寺島実郎会長、副塾長には香取薫青森公立大学長が就く。本年度の経営塾は年5回開催(修了書交付式を除く)。初回と5回目は寺島塾長が講師を務める。2、3回目の講師は日本航空特別理事・前会長の大西賢氏、理化学研究所医科学イノベーションハブ推進プログラム副プログラム…
カテゴリー:

むつ市と東大の共同事業に元巨人桑田さん協力 - 04月10日(水)19:52 

青森県むつ市と東京大学は10日、本年度から共同で始める人材育成事業「下北プロジェクト」に関し、元プロ野球巨人の投手で、現在東大大学院の特任研究員を務める桑田真澄さんがプロジェクトに協力すると明らかにした。市と東大は11日の会見で詳細を説明する。桑田さんは、1986~2006年に巨人の投手として活躍。07~08年は米大リーグ・パイレーツでプレーした。東大によると、16年から東大大学院総合文化研究科の特任研究員として、投球のコントロールに関する研究に取り組んでいる。むつ市で18年9月に開かれた少年…
カテゴリー:

「人材育成事業」の画像

もっと見る

「人材育成事業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる