「人口減対策」とは?

関連ニュース

<創成・再生2019>太良町長選、29日告示 人口減対策に腐心 - 01月22日(火)08:45 

藤津郡太良町長選が29日告示、2月3日投開票の日程で実施される。観光面で脚光を浴びているものの、人口減少が著しく、子育ての環境など暮らしの基盤づくりに悩む町の課題を報告する。 1月中旬、潮が引いた有明海に続々とバスツアー客が降り立った。栄町区の海岸に建つ大魚神社の海中鳥居。「インスタ映え」するとして近年、注目を集め、インターネットへの写真の投稿が相次いでいる。 地元でガイドを務める山口渡さん(74)の携帯電話には頻繁に連絡が入る。
カテゴリー:

西九州させぼ広域都市圏に伊万里市、有田町参加 人口減対策など県境越えて連携 - 01月13日(日)09:50 

伊万里市と西松浦郡有田町は12日、佐世保市など長崎県の9市町と県境をまたいで人口減少対策などに取り組むための連携協約を結んだ。佐世保市を中核とした「西九州させぼ広域都市圏」を形成し、住民サービスの質の維持や経済の活性化を図り、圏域外への人口流出を抑える狙いがある。4月から始動する。 今回の連携は、国が地方創生策として提唱する「連携中枢都市圏構想」に基づいて行う。2014年に制度化して全国に現在28地域ある。佐賀県の市町が参加するのは初めてで、県境をまたぐ連携は5例目。
カテゴリー:

静岡県小山町「ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券入れたら昨年末の時点で249億円寄付された」「想像を超えた」★2 - 01月11日(金)21:02  newsplus

静岡県小山町の2018年度の「ふるさと納税」の寄付金の受け入れ額が昨年末の時点で約249億円に達し、前年度の約9倍になったことが、同町への取材でわかった。昨秋から用意した、返礼割合4割のアマゾンギフト券が返礼品の大半を占めるという。17年度の寄付額1位は大阪府泉佐野市の約135億円だった。  小山町は人口減対策などを進めるため、寄付額アップを目指して返礼品の内容を検討してきた。その結果、アマゾンのギフト券を昨年9~10月の週末にふるさと納税サイトに出し、11月23日からは毎日出していた。これが...
»続きを読む
カテゴリー:

地域の若返り支えます 助成団体を募集 仙台市まちづくりプロジェクト 高齢化・人口減対策 - 01月11日(金)09:53 

仙台市は2019年度、郊外住宅地と西部地区の地域課題に向き合う住民グループなどを対象に「まちづくりプロジェクト」の事業を募集する。事業は3年目。1人暮らしの高齢者への支援や遊休農地の利活用など、高齢化
カテゴリー:

甲府市長選、現新2氏届け出 リニア新駅周辺など争点 - 01月20日(日)18:00 

 任期満了に伴う甲府市長選が20日、告示された。立候補したのは、共産公認の新人、野尻正樹氏(70)と、無所属の現職、樋口雄一氏(59)=自民、立民、国民、公明推薦、社民支持=の2人。4月の中核市移行を見据えた人口減対策や医療・福祉対策のほか、8年後に開業が予定されるリニア中央新幹線新駅の周辺整備の是非などが争点。知事選と同じ27日に投開票される。市選挙管理委員会によると、19日現在の有権者数は15万6655人。
カテゴリー:

北九州市長選が告示 現職と新人2人が立候補届け出 - 01月13日(日)09:21 

 任期満了に伴う北九州市長選は13日告示され、共産党福岡県委員会常任委員の新人、永田浩一(53)=共産推薦▽4選を目指す現職の北橋健治(65)▽水産加工会社社長の新人、秋武政道(58)――の3氏がいずれも無所属で立候補を届け出た。高齢化や人口減対策、地域経済の活性化策などが主な争点となりそうだ。投開
カテゴリー:

静岡県小山町「ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券入れたら昨年末の時点で249億円寄付された」「想像を超えた」 - 01月11日(金)10:40  newsplus

静岡県小山町の2018年度の「ふるさと納税」の寄付金の受け入れ額が昨年末の時点で約249億円に達し、前年度の約9倍になったことが、同町への取材でわかった。昨秋から用意した、返礼割合4割のアマゾンギフト券が返礼品の大半を占めるという。17年度の寄付額1位は大阪府泉佐野市の約135億円だった。  小山町は人口減対策などを進めるため、寄付額アップを目指して返礼品の内容を検討してきた。その結果、アマゾンのギフト券を昨年9~10月の週末にふるさと納税サイトに出し、11月23日からは毎日出していた。これが...
»続きを読む
カテゴリー:

「人口減対策」の画像

もっと見る

「人口減対策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる