「京都地裁」とは?

関連ニュース

「茶のしずく」集団訴訟 大阪地裁で賠償命令、原告20人に4197万円の支払い命じる - 04月18日(木)13:30 

 旧「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギー発症問題をめぐる集団訴訟は3月29日、大阪地裁で悠香など3社に対し、原告20人に約4197万円の損害賠償の支払いを命じる判決を下した。製品の安全性を欠き、欠陥があったとして、製造物責任法(PL法)上の責任を認めた。原告は即日控訴。悠香は、「他の地裁同様、和解による解決を目指したい」としている。  大阪地裁は、原告119人が総額14憶6000万円(提訴時)の損害賠償を求め提訴していた。昨年2月、うち90人と、さらに同年9月に9人と和解が成立。残る20人が賠償を求め争っていた。悠香のほか、製造元のフェニックス、原料供給元の片山化学工業研究所に対してもPL法上の責任を認めた。  小麦アレルギー発症問題をめぐる集団訴訟は、これまで4地裁がPL法上の責任を認める判決を下している。  昨年2月、京都地裁がフェニックスの責任を認めたものが初めて(悠香は、原告全員と和解成立)。以降、同6月に東京地裁が悠香とフェニックスの責任を認め、和解を除く原告23人に約3445万円の支払いを命じた。同7月に福岡地裁は3社の責任を認め和解を除く20人に約5735万円の支払いを命じた。東京地裁、福岡地裁は原告が控訴している。  旧「茶のしずく石鹸」をめぐる集団訴訟は、全国28地裁で起こされた。いまだ判決が下されていないのは、名古屋地裁(原告77人のうち73人は和解)...more
カテゴリー:

しょうゆ差しに“体液”を…20年以上にわたり教鞭を執った、教職男の転落 - 04月08日(月)15:33 

 20年以上にわたり学校で教鞭(きょうべん)を執った男が法廷に立つことになったのは、女子高生に卑劣な行為をしたためだった。2回にわたり同じ女子高生に体液をかけたとして、器物損壊罪に問われた京都府教育委員会学校教育課の元指導主事の男(51)に対する裁判が京都地裁であった。公判では男の身勝手さが次々と明らかになった。
カテゴリー:

「京都地裁」の画像

もっと見る

「京都地裁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる